手のかゆみを抑えるチョイ技は?ぬめりは取るべき?今さら聞けない旬の「里芋」基本のき

手のかゆみを抑えるチョイ技は?ぬめりは取るべき?今さら聞けない旬の「里芋」基本のき
秋が深まり、日ごとに寒くなってくると食べたくなる里芋。ねっとりした里芋を食べると、これぞ秋の滋味、という感じでなんだかホッとしますよね。ただし、里芋は下ごしらえが面倒でちょっと使いづらい…と思う人も多いはず。今回は、知ればもっとおいしくいただける里芋のお話。保存方法やアレンジレシピもご紹介します!
Kayoko*
Kayoko*
2019/10/25
2021/10/17
view

手のかゆみを抑えたい!里芋の皮むき方法

ねっとり&ホクホク食感がたまらない里芋。皮をむくときに手がかゆくなる・・・というお悩みはありませんか?これは、シュウ酸カルシウムという針状の結晶が刺さるためなんです。
里芋が濡れていると結晶が表に流れ出てくるため、乾かしてから皮をむいた方がかゆみを抑えられます。この結晶は酸に弱いので、あらかじめ里芋を酢水に浸しておく方法も。

もっとかんたんに皮をむくなら、洗った里芋をゆでるか、ラップに包んでレンチンする方法がおすすめ。手でつるんとむけるんです!

加熱した後、直接手で触ると熱い場合は、キッチンペーパーを使ってむくといいですよ。

いろいろ気を付けても、かゆくなったら、手を酢や塩につけると弱まることがあるので試してみて下さいね。

レシピをチェック!>>

里芋のぬめりは取る?取らない?

里芋の皮をむいたときのぬめりも、気になるところ。ぬめりのもととなる成分には水溶性食物繊維が含まれ、体にうれしい栄養素がたっぷり。一方で、ぬめりがあるとゆでるときに吹きこぼれやすく、煮汁がにごってしまうこともあります。

ぬめりを取ると味が染み込みやすく、色合いもよくなって仕上がりがきれいに。ぬめり取りは、さらっと、またはとろっとした食感がいいかなど、お好みに合わせるのが良さそう。ただし、取りすぎると栄養素が失われてしまうので気を付けてくださいね。

【ぬめりの取り方】

こちらのレシピでは、里芋のぬめり取りの方法を詳しく紹介しています。

塩をまぶした手のひらでこすり合わせること、水からゆでて沸騰させることがポイントです。

レシピをチェック!>>

泥付きが◎!おいしい里芋の選び方

里芋は泥付きのものが長持ちしやすいので、すぐ使わないのなら泥付きで売られているものがおすすめ。皮が乾燥しておらず、しっとりしているものが新鮮な証拠です。

また、形が左右そろっていて、表面にヒビやコブがないこと。そして、縞模様が等間隔で、はっきりしているもの。この辺りをポイントに目利きしてみてください。

冷凍もできる!里芋のおすすめ保存方法

里芋は乾燥と寒さに弱いため、冷蔵庫での保存はあまりおすすめできません。土がついたまま新聞紙に包むか紙袋に入れて、冷暗所にて常温で保存してください。表面が湿っていると、カビや腐る原因になるため、軽く天日干しにしてから保存しましょう。

里芋は冷凍保存もできます。皮をむいて生のままでも、ゆでてからでもOK。用途に応じて切っておくと便利です。料理に使うときは、凍ったままがベター。解凍すると、里芋の旨みが水分と一緒に流れ出てしまうそうです。

煮物だけじゃない!里芋のアレンジレシピ

里芋は煮るだけでなく、揚げても焼いてもおいしくいただけるんですよ。ここからは、里芋のレパートリーが広がる、選りすぐりのレシピをご紹介します!

【里芋フライの明太マヨソースがけ】

フライにした里芋に、明太子とマヨネーズを合わせたソースがよくからみます。里芋のホクホク食感も楽しんで♪

レシピをチェック!>>

【甘辛酢ゴマがらめ】

里芋を豚肉でクルリと巻いて、お酢入りの甘辛ダレでからめた食欲をそそる一品。仕上げに炒りゴマやネギをかけたらできあがり。しゃぶしゃぶ用など薄めのお肉で巻く方がはがれにくいですよ。

レシピをチェック!>>

【里芋の磯辺焼き】

すりおろした里芋と白玉粉を混ぜれば、まるでお餅のような食感に!軽く焦げ目がつくまで焼き、甘辛く味付けて海苔をのせたら完成です。

レシピをチェック!>>

下ごしらえのハードルが低くなれば、里芋が食卓にもっと登場しそうですね。今が旬の里芋をラクラク調理&上手に保存して、ねっとりホクホクの食感を心ゆくまで味わいましょう。

※参考ホームページ
JAグループ「秋・冬の旬野菜/サトイモ」
カゴメ「[里芋]皮むきや下ごしらえのコツ 」
キッコーマン「里芋」
JA宮崎経済連「さといも」
味の素Park「里いもの下ごしらえ・切り方」
冷食ONLINE「冷凍里芋はしっかり解凍してから煮る?それとも凍ったまま煮たほうがよい?」
旭化成ホームプロダクツ「野菜保存のポイント/里芋」

▼調味料や野菜、お肉にお魚…上手な選び方や保存方法、使い分けって?これまでの記事をチェック!
「今さら聞けない!調味料&食材の基本のき」

この記事のキーワード
関連記事
新着記事