筋肉料理人の家呑みレシピと時々、アウトドア
筋肉料理人
筋肉料理人の家呑みレシピと時々、アウトドア

山用グッズ、クッカー

筋肉料理人さんの公式連載です。おうち飲みにぴったりな、ビールや日本酒にあう簡単おつまみレシピをご紹介します。今回は「山用グッズ、クッカー」です。
2015/10/20
2015/10/20
564 view

ベーコンエッグツーリング31.jpg


∩・∀・)こんにちは~筋肉料理人です!

皆様、お元気ですか~

今日は前回の記事「山ベーコンエッグ&サントリーオールフリー」で使ったキャンプ用機材の紹介をさせてもらいます。

今回、ふとしたきっかけから山歩きやソロツーリングを楽しみたいと思ったので、少人数、ソロ用のキャンプ機材を少しずつ揃えていこうと思ってます。まずは山でコーヒーを飲める、簡単な料理を楽しめる機材を選んでみました。

最初に買ったのがイワタニのカセットガス、ジュニアバーナーです。

ジュニアバーナーオイルサーディ08.jpg


以前はコールマンのガソリンバーナーを使っていたので、カセットガスはどうかな~なんて思ったんですが、アマゾンのカスタマーレビューを参考に選びました。これと一緒に選んだのがsnow peak(スノーピーク) トレック900って言うソロ用のクッカーセットです。これもアマゾンのカスタマーレビューを参考に選びました。

スノーピーククッカー02.jpg


上の写真の左側がトレック900で、右側のケースがイワタニのカセットガスジュニアバーナーです。トレック900はアルミ製でフタがフライパン、本体がポット(深鍋)で、ポットの容量は900mlなので、インスタントラーメンが余裕で作れるし、カップラーメンのお湯なら一度で2個分沸かせます。そしてフタはミニフライパンとカップ兼用で使えるし、トレック900の中にカセットガスジュニアバーナーが収納できるので、ここが決め手になりました。

スノーピーククッカー03.jpg


こんな感じで収納できます。

これでいける!なんて思っていたんですが、ソロツーリングや山歩きでカップラーメンだけでなく炒め物、焼き物、例えばベーコンエッグ等も食べたいと思うと、アルマイト加工だけしかされてないので油を多めに使わないと焦げ付いちゃうし、油を多めに使っても焦げ付くだろうなあというのが予想できます。

アウトドアで料理をする場合、後片付けも大事で、汚れが簡単に落ちれば洗剤がいらないので、手軽に後片付けができます。そこでフライパンだけフッ素樹脂加工のを買っちゃおうとクッカーセットを物色して見つけたのがこれです。

Coleman(コールマン) パッカアウェイクッカーセット

コールマンクッカー02.jpg


上の写真はカセットガスジュニアバーナーと並べた所です。トレック900より直径がかなり大きいのがわかると思います。こちらもアルミ製ですが、内側がフッ素樹脂加工されてるので、丁寧に使えば炒め油なしの調理ができます。

フタがフライパンになっていて、フタを外すと口の広い深鍋+内蓋で、煮込みから焼き肉、炊飯まで色々使えます。

コールマンクッカー03.jpg


フライパンは直径16cmちょっとなので、ベーコンエッグを焼くのに十分なサイズがあります。

コールマンクッカー15.jpg


カセットガスジュニアバーナーに乗せるとこんな感じです。こうやって、どう使うか想像してるだけでテンション上がります!

取りあえず、ミニツーリングで山ベーコンエッグ+コーヒーならトレック900とコールマンのフライパンだけで十分なので、トレック900にカセットガスジュニアバーナーを収容し、それを付属のメッシュポーチに入れてコールマンフライパンに収納、それをコールマンクッカー付属のメッシュポーチに収めます。

スノーピーク、コールマン01.jpg

スノーピーク、コールマン02.jpg

スノーピーク、コールマン03.jpg

スノーピーク、コールマン04.jpg


まるで誂たようにコンパクト収納できました。

これと食材をバックパックに詰め込めば何時でも出発OK!

先週の山ベーコンエッグ・ミニツーリングは11時出発、15時過ぎに帰宅というお手軽ツーリングでしたが、十分に楽しめました。

ベーコンエッグツーリング23.jpgのサムネイル画像


コールマンのフライパンをカセットガスジュニアバーナーにのせて火にかけ、最初にベーコンを炒めて油を出し、ベーコンの油で卵を焼きました。その後、後片付けする訳ですが、フッ素樹脂加工されてるのでティッシュで拭くだけで綺麗になり、そのまま収納できます。これが超便利でした。こうすれば持ち帰ってから洗えます。

ベーコンエッグツーリング42.jpg

ベーコンエッグツーリング43.jpg


食後のコーヒーはトレック900のポットで湯を沸かし、トレック900のフタ(ミニフライパン)をシェラカップの代わりに使ってコーヒーを煎れました。

ベーコンエッグツーリング49.jpg

これで超満足、青空の下で飲む煎れたてコーヒーは美味しかったです。ただ、本来、ミニフライパンなので底が浅く、カップの代用にしかなりません。座って飲むのには十分だけど立って飲むとこぼれやすい。コーヒーにはシェラカップかキャンプ用の軽量マグカップがあったほうがいいかな?

こんな感じでしばらくはこのセットを持ってミニツーリング、ドライブ、山歩きを楽しめそうです。








danshigohan.jpg筋肉料理人の男子ゴハンレシピ

山ベーコンエッグ&サントリーオ...
綺麗な手巻き寿司の作り方、サン...
この記事を書いた人
筋肉料理人
筋肉料理人

佐賀県在住の料理研究家。「どこでも手に入る材料で作れるおいしい料理」をモットーに、ブログ・YouTube等で写真や動画を使ったわかりやすいレシピを公開中。著書に『筋肉料理人の男子ゴハンレシピ』『最高の晩酌つまみ』(ともに宝島社)などがある。趣味はニックネームの由来でもある筋トレの他、バイクや熱帯魚など多岐に渡る。

 

<ブログ>
魚料理と簡単レシピ

<Twitter>
筋肉料理人 藤吉和男(@kinniku)

<YouTube>
筋肉料理人の簡単レシピ、魚料理

 

※筋肉料理人さんへの取材・仕事依頼はこちら

この記事のキーワード
筋肉料理人さんのこれまでの記事