少ないお肉で大満足!武田真由美さんの「じゃがいも×鶏肉」神ワザレシピ

少ないお肉で大満足!武田真由美さんの「じゃがいも×鶏肉」神ワザレシピ
リーズナブルでストックしておくと何かと便利なおかずをご紹介いただく武田真由美さんのフーディストノート公式連載「節約アドバイザー・真由美さんの神ワザストックおかず」。その中から、じゃがいもと鶏肉を使って作るボリューム満点の節約おかずをピックアップしました。食べざかりのお子さんや男性も、きっと満足すること間違いなしですよ。
フーディストノート
フーディストノート
2022/09/04
2022/09/06
view

鶏肉とじゃがいもの韓国風炒め

旨辛コチュジャンとごま油を使った、韓国風のピリ辛炒めです。はちみつやしょうゆが入るので辛くなりすぎず、ご飯にもピッタリ!

鶏肉とじゃがいものバタポン炒め

バターのコクとポン酢のほどよい酸味で、お箸が止まらなくなりますよ。しょうがをきかせてしっかり火を通すと、日持ち効果がアップします。

カレー鶏じゃが

じっくり煮込んだ風の鶏じゃがも、野菜をレンジで火を通しておけば時短で作れます♪残った玉ねぎはスライスして冷凍保存しておくと、次に使うときに便利です。

 

じゃがいもと鶏肉の照り煮

鶏肉から出る旨味を吸った甘辛いじゃがいもがあとを引くおいしさです。しょうがはみじん切りした状態で、小分け冷凍するのがおすすめ。

鶏じゃが

白だしだけで味が決まる、時短レシピです。シンプルな中に、鶏肉の旨味や野菜の甘みが凝縮。おだしまで飲み干したくなる味です。

半端な量の鶏肉しかないときにも、じゃがいもを加えればかさ増しして立派なメインになりそうですね。どれも日持ちするので、週末の作り置きにもどうぞ。
武田真由美
武田真由美さん
徳島県在住。夫と2人暮らし。数々の節約術が多くの主婦から絶大な支持を受け、節約アドバイザーとして、家計の見直し・節約料理などの講師、節約記事の執筆、節約料理のレシピ開発、テレビ出演等で活躍中。『節約女王の10分100円で作れるおかずとお弁当』、『節約女王のお金が貯まる冷蔵庫』(ともに「主婦と生活社」)など著書多数。

 

<ブログ>
真由美さんの1週間2500円節約レシピ

<Instagram>
武田真由美/節約料理(@mayumi.takeda_kitchen)

※武田真由美さんへの取材・仕事依頼はこちら

この記事のキーワード
関連記事
「武田真由美」の人気ランキング
新着記事