節約アドバイザー・武田真由美の神ワザストックおかず
武田真由美
節約アドバイザー・武田真由美の神ワザストックおかず

定番食材大集合!「豚こま肉とじゃがいものカレー炒め」

あると便利なストックおかずを節約アドバイザー・武田真由美さんにご紹介いただくフーディストノート公式連載。今回のレシピは、ご家庭に常備してあることが多い定番食材を使った「豚こま肉とじゃがいものカレー炒め」です。豚肉は下味を付けて冷蔵・冷凍保存しておくこともできますよ。
2022/12/09
2022/11/07
view
鍋以外にも使える♪炒めておいし...
記事一覧
レンジですぐできる!「さつまい...

豚こまとじゃがいものカレー炒め

こんにちは!「神ワザストックおかず」の連載をしている節約アドバイザーの武田真由美です。いつも読んでいただき、ありがとうございます。

食材の値上がりが続いている日々。食費を抑えるためにできることは、「食材を使い切り、ムダにしないこと」です。

そのためには、確実に使える食材を選んでおかずを作るのがおすすめです。

「これを使って何を作れるかな?」と考えて、作れるおかずが1つしか浮かんでこない…なんてときは、たくさん買っても食材を使い切れないかもしれません。

「この食材だとあれも、これも作れる」と浮かんでくる食材を中心に買うようにしましょう。

今回ご紹介するストックおかずは、家の在庫にもよくある定番食材を使って作る「豚こま肉とじゃがいものカレー炒め」です。

「豚こま肉とじゃがいものカレー炒め」レシピ

豚こまとじゃがいものカレー炒め

調理時間

10分(下味をなじませる時間含めると30分)

分量

2人分

材料

豚こま切れ肉…200g

Aめんつゆ(4倍濃縮)…大さじ2

Aみりん…大さじ1

Aカレー粉…小さじ1

玉ねぎ…1/2個

じゃがいも…1個

刻みねぎ(トッピング用)…適量

サラダ油…大さじ1

作り方

1. 玉ねぎは薄く切り、じゃがいもは細く切る。ポリ袋に豚肉・Aを入れて、袋の上からよくもみ込んで味をなじませる。

※時間があれば、20分ほど置いてください

豚こまとじゃがいものカレー炒め

2. フライパンにサラダ油を熱し、玉ねぎ・じゃがいもを中火で3分炒める。

豚こまとじゃがいものカレー炒め

3. 野菜がしんなりし始めたら1の豚肉を加え、中火で5分炒める。

豚こまとじゃがいものカレー炒め

4. お皿に盛り付け、お好みで刻みねぎをトッピングして、できあがりです。

豚こまとじゃがいものカレー炒め

「豚こま肉とじゃがいものカレー炒め」の保存ポイント

豚こまとじゃがいものカレー炒め

・粗熱を取り、冷蔵の場合は密閉容器に、冷凍の場合は小分けにラップで包んで保存しましょう

「豚こまとじゃがいものカレー炒め」の保存期間の目安

・冷蔵保存:3日程度

・冷凍保存:2週間程度

豚肉の下味保存ポイント

豚こまとじゃがいものカレー炒め

作り方1の状態で豚肉を下味保存することができます。ジッパー袋などに入れて、空気を抜いて冷蔵・冷凍保存しましょう。

豚肉の下味保存期間の目安

・冷蔵保存:3日程度

・冷凍保存:2週間程度

豚こまとじゃがいものカレー炒め

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

次回は来週の金曜日更新予定です。
楽しみにしていただけるとうれしいです♪

鍋以外にも使える♪炒めておいし...
記事一覧
レンジですぐできる!「さつまい...
関連記事
武田真由美さんのこれまでの記事
この記事のキーワード
この記事を書いた人
武田真由美
武田真由美

徳島県在住。夫と2人暮らし。数々の節約術が多くの主婦から絶大な支持を受け、節約アドバイザーとして、家計の見直し・節約料理などの講師、節約記事の執筆、節約料理のレシピ開発、テレビ出演等で活躍中。『節約女王の10分100円で作れるおかずとお弁当』、『節約女王のお金が貯まる冷蔵庫 』(ともに「主婦と生活社」)など著書多数。

 

<ブログ>
真由美さんの1週間2500円節約レシピ

<Instagram>
武田真由美/節約料理(@mayumi.takeda_kitchen)

 

※武田真由美さんへの取材・仕事依頼はこちら