節約アドバイザー・真由美さんの神ワザ★ストックおかず
武田真由美
節約アドバイザー・真由美さんの神ワザ★ストックおかず

ピリ辛味がやみつきになる!「鶏肉とじゃがいもの韓国風炒め」

ストックおかずの達人・武田真由美さんのフーディストノート公式連載。今回は、メイン食材2つで作れる「鶏肉とじゃがいもの韓国風炒め」のレシピを教えていただきました。鶏肉の旨味を吸ったじゃがいもと、コチュジャンベースの甘辛だれでやみつきのおいしさに仕上がりますよ♪
2021/10/08
2021/10/08
2,993 view

鶏肉とじゃがいもの韓国風炒め

こんにちは!「神ワザ★ストックおかず」の連載をしている節約アドバイザーの武田真由美です。いつも読んでいただき、ありがとうございます。

今回ご紹介するストックおかずは、ピリ辛味がやみつきになる「鶏肉とじゃがいもの韓国風炒め」です。仕上げに韓国海苔を細かくちぎってトッピングしました。

鶏肉とじゃがいも、どちらも買いやすい価格の節約食材。

鶏肉の旨味がじゃがいもにギュッとしみこんで、この2食材が組み合わされば最強の味ですね。

鶏肉とじゃがいもの韓国風炒め

「鶏肉とじゃがいもの韓国風炒め」レシピ

材料:2人分

鶏もも肉…1枚
じゃがいも…2個

A
コチュジャン…小さじ1
しょうゆ・はちみつ・ごま油…各大さじ1
しょうが(みじん切り)…1かけ分

ごま油…小さじ1

韓国海苔…お好みで適量

作り方

1. 鶏肉は食べやすい大きさに切る。ポリ袋(または保存袋)に鶏肉・Aを入れてもみこむ。20分以上(できれば一晩)おいて、味をなじませる。

2. じゃがいもは一口大に切り、耐熱皿に入れて、ラップをかけて電子レンジ(600W)で3分加熱する。

鶏肉とじゃがいもの韓国風炒め

3. フライパンにごま油を熱し、1の鶏肉を片面焼く。焼き色がついたらひっくり返す。

鶏肉とじゃがいもの韓国風炒め

4. 2のじゃがいも・漬け汁を加え、ふたをして弱火で10分ほど蒸し焼きにする(時々、ふたを外して混ぜながら火を通す)。

鶏肉とじゃがいもの韓国風炒め

5.中火で汁気を飛ばしながら、火を通す。
鶏肉とじゃがいもの韓国風炒め

お皿に盛り付け、韓国海苔を手でちぎりながら(もみほぐしてもOK)トッピングして、できあがりです。

早い段階で韓国海苔をトッピングすると、ベチャッとしてしまうかも知れないので、 食べる直前にトッピングするのがおすすめです。

「鶏肉とじゃがいもの韓国風炒め」の保存ポイント

鶏肉とじゃがいもの韓国風炒め

・しっかりと火を通しましょう

・殺菌効果が期待できる「しょうが」を加えて味付けしました

・粗熱を取り、密閉容器に入れて冷蔵保存しましょう。冷凍保存もできなくはないですが、じゃがいもの食感が少し変わることがあります

「鶏肉とじゃがいもの韓国風炒め」の保存期間の目安

・冷蔵保存:2~3日程度

鶏肉の保存ポイント(下味漬け込み保存)

鶏肉とじゃがいもの韓国風炒め

「鶏肉とじゃがいもの韓国風炒め」の保存期間の目安

・作り方1の状態で冷凍保存することができます

・保存している間に、鶏肉にしっかりと味がなじみます

鶏肉(下味漬け込み保存)の保存期間の目安

・冷凍保存:2週間程度

鶏肉とじゃがいもの韓国風炒め

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

次回は来週の金曜日更新予定です。
楽しみにしていただけると嬉しいです♪

なにこれ簡単すぎ!材料3つで火...
甘辛味が新米にぴったり!「鶏肉...
この記事を書いた人
武田真由美
武田真由美

徳島県在住。夫と2人暮らし。数々の節約術が多くの主婦から絶大な支持を受け、節約アドバイザーとして、家計の見直し・節約料理などの講師、節約記事の執筆、節約料理のレシピ開発、テレビ出演等で活躍中。『節約女王の10分100円で作れるおかずとお弁当』、『節約女王のお金が貯まる冷蔵庫 』(ともに「主婦と生活社」)など著書多数。

 

<ブログ>
真由美さんの1週間2500円節約レシピ

<Instagram>
武田真由美/節約料理(@mayumi.takeda_kitchen)

 

※武田真由美さんへの取材・仕事依頼はこちら

この記事のキーワード
武田真由美さんのこれまでの記事
関連記事