衣がザックザク!小春さんの「モスチキン風唐揚げ」を作ってみよう♪

衣がザックザク!小春さんの「モスチキン風唐揚げ」を作ってみよう♪
ジューシーな鶏肉はもちろん、衣の「ザックザク」という食感がたまらない「モスチキン」。お店に行ったら必ず注文するという方も多いのではないでしょうか♪お店の味わいを、おうちでも再現できたら嬉しいですよね!そこで今回は、ブログやInstagramでの丁寧なレシピが人気のフーディスト・小春さんに「モスチキン風唐揚げ」のレシピを教えてもらいました。モスチキンの特徴的な食感に近づけるため、公式サイトを調べて研究したという小春さん。衣に使われている材料を、ぜひチェックしてみてくださいね♪
フーディストノート
フーディストノート
2021/08/05
2021/08/06
10,705 view

ザックザク食感がたまらない!モスチキン風の衣に必要な材料とは?

娘さんの「衣が、ガリッガリでザックザクな唐揚げがいいな〜」という一言で、モスチキンのようなレシピを作ろうと思い立った小春さん。

モスバーガーの公式サイトを調べてみると、衣には「米粉」や「パン粉」が使われていることを発見!「材料の1つに、まさかパン粉が使われていたなんて!」と驚くとともに、食感のカギになっていると推理したそう。

米粉の代わりにより身近な「片栗粉」や、「パン粉」、「フライドオニオン」を使って唐揚げを作ったところ、ザックザク!クリスピーな食感に仕上がって、衣も楽しめる絶品唐揚げになったそうですよ。

小春さん流!「モスチキン風唐揚げ」のレシピ

材料 

鶏もも肉 2枚

【A】
醤油 大さじ2
塩 小さじ1/2
酒 大さじ1
レモン汁 大さじ1

【B】
ナツメグ 3ふり
乾燥パセリ 小さじ1
ブラックペパー 小さじ1
ガーリックパウダー 小さじ1/2

【C】
パン粉(粗め) 50g
フライドオニオン 大さじ2
卵 1個

片栗粉 大さじ5
揚げ油 適量

作り方 

※調理時間:約15分(漬ける時間含まず)

1. 下味をつける

鶏もも肉は黄色っぽい脂を取り除き、1枚を8等分にする。
【A】と【B】を揉みこみ30分ほど置き、下味をつける。
※工程写真の分量は、倍量になっています。

下味をつける

2. 衣をつける

【C】を加えて混ぜ、しっかり馴染ませる。

衣をつける

片栗粉を薄くつける。

衣をつける

3. 揚げる

中温に熱した揚げ油で、順番に揚げる。
最後に高温に上げて、カリッと仕上げる。

中温で揚げる

最後に高温に上げて、カリッと仕上げる。

おいしく作るポイント

材料について

【A】はいつもの下味の調味料でOK。レモン汁はクエン酸効果で味染みが良くなるので必須です!
【B】はお好みで加えてください。
【C】は衣をクリスピーに仕上げるための材料です。

パン粉について

パン粉は自分で粗めに挽いたものを使用。8枚切り食パン1枚分を目安にしてください。
ボウルで衣をつけるときに、パン粉がボウルのフチや底に残ってしまいます。しっかり鶏肉に絡めてから片栗粉をつけてください。

お弁当用にアレンジもきく!

揚げたてはそのままでもおいしですが、たれをプラスすることで、冷めてもおいしいのでお弁当にも便利!
「濃口醤油:スイートチリソース」を1:1で混ぜた甘辛だれに、ネギ・ごまをかけるのがおすすめ」だそうですよ。

お弁当用調味料

モスチキン風唐揚げ

■レシピ・画像の出典元:ぽかぽかびより

「モスチキン風唐揚げ」を入れたお弁当アイデア

唐揚げ弁当|久しぶりの弁当4つ
唐揚げ弁当|久しぶりの弁当4つ
小春さん

「モスチキン風唐揚げ」を使ったお弁当のアイデアも、ぜひ参考にしてみてくださいね。「お弁当の色合いは 『白・黄・緑・赤・茶(黒)』 の5色を意識すると、彩り良く仕上がりますよ」と小春さん。

衣にひと工夫することで、唐揚げがグレードアップ!ぜひ試してみたいアイデアですね。「月曜のお弁当は、日曜の晩ごはんの取り置きを活用することで楽になりますよ」と小春さん。小春さんのブログでは、毎日のお弁当生活を楽しく続けるための簡単レシピや、ポイントが数多く紹介されています。工程写真付きの丁寧なレシピはとっても分かりやすいので、ぜひチェックしてみてくださいね♪

小春さん
小春さん

4人家族の毎日のご飯作りをつづったブログ「ぽかぽかびより」は、工程写真付きの丁寧なレシピで大人気。「明日の弁当にも使える簡単作り置きレシピ」をコンセプトに、「ラクしておいしいものを食べたい人向きのレシピ」や「料理上手になるコツ多めレシピ」を発信している。著書に『小春ちゃん@ぽかぽかびよりの作り置きで一汁多菜献立』(KADOKAWA)がある。

<ブログ>
「ぽかぽかびより」

<Instagram>
小春▶︎明日の弁当にも使える簡単作り置きレシピ(@pokapokakoharu)

この記事のキーワード
関連記事
新着記事