油抜きは絶対必要?冷凍保存もできる?今さら聞けない「厚揚げ」基本のき

油抜きは絶対必要?冷凍保存もできる?今さら聞けない「厚揚げ」基本のき
リーズナブルで食べ応えのある厚揚げは、節約食材のひとつ。煮ても焼いてもおいしく食べられ、お店で見かけたらつい買ってしまう、という人も多いのではないでしょうか。今回は知ればもっとおいしくいただける「厚揚げ」のお話。下ごしらえや保存方法などについてご紹介します。
Kayoko*
Kayoko*
2021/03/25
2021/10/18
view

どこが違うの?厚揚げに絹揚げ、生揚げ

厚揚げはコクと旨みがあり、もっちり食感でお腹を満たしてくれますよね。作り方は木綿豆腐を水切りし、高温で揚げるのが一般的。薄切りにした豆腐を揚げた「油揚げ」の別名が「薄揚げ」であることから、厚揚げとも呼ばれます。一方で、木綿豆腐のかわりに絹豆腐を使ったものが「絹揚げ」です。

そして、「生揚げ」は厚揚げ、絹揚げの別名。どちらも中まで火を通さずに表面だけ揚げることから「生揚げ」といわれています。
サッと焼いたり煮たりするだけで食べられるので、あと一品ほしいときに便利ですよね。

厚揚げの油抜きは必要なの?

そもそも「油抜き」には、厚揚げの油が酸化して油くさくなるのを、油を落とすことで防ぐ目的もありました。その点、今は良質の油が使われていることもあり、油抜きは必須ではないといえるでしょう。

油の風味も旨みのひとつ。とはいえ、おでんや煮物などレシピによっては油っこさが気になったり、表面が油でコーティングされたままでは味が染みこみにくいとうデメリットも。

味しみをよくしたり、油っこさを抑えたりしたいときには油抜きをしましょう。厚揚げをザルにのせて熱湯をかけたり、鍋でゆでたりすれば、表面の余分な油を落とせます。料理や好みに合わせて、油抜きの有無を選んでくださいね。

冷凍保存もできる!冷凍厚揚げの活用法は?

厚揚げは冷蔵庫で保存するほか、冷凍保存も可能です。すぐに使えるよう油抜きをしたあと、キッチンペーパーでしっかり水気を拭き取り、密閉袋に入れて冷凍庫へ。食べやすい大きさにカットしてラップで小分けしておくのもおすすめです。1ヶ月を目安に早めに使い切りましょう。

使うときは冷蔵庫でゆっくり解凍します。凍ったまま加熱してもOK。冷凍した厚揚げは、水分が抜けてスポンジのような食感に変化しますが、弾力が増して味がしみ込みやすくなります。煮物や照り焼きなどにすると、おいしくいただけますよ。

【冷凍厚揚げでステーキ】

ほんのりした酸味と甘味を楽しめる厚揚げステーキ。一緒に焼いた野菜の旨みと調味料が、厚揚げによくしみこんでごはんがすすみます。

レシピをチェック!>>

【冷凍厚揚げの中華風炒り煮】

冷凍厚揚げを細かくカットして炒めるとそぼろのようになり、豚ミンチが少なくてもOK。粗挽きガーリックとブラックペパーがアクセントになった、中華味で食欲を刺激します。

レシピをチェック!>>

冷凍保存はすべてのメーカーが推奨しているわけではないので、厚揚げ本来の食感を楽しみたい方は冷蔵庫で保存してくださいね。

リッチな味わい♪「自家製厚揚げ」にトライ!

厚揚げは手軽に購入できますが、手作りもできるんです。揚げたてアツアツの厚揚げは、市販品とはまた違うリッチなおいしさを楽しめますよ。

深さ1cmほどの油で揚げるのでお手軽です。面倒な水切りは、キッチンペーパーとレンジにお任せ。かんたんに厚揚げを作りたい方におすすめのレシピです。

レシピをチェック!>>

絹豆腐で作るミニサイズの絹揚げ。表面にきな粉をまぶしてから揚げると、表面がサクサクで香ばしく仕上がりますよ。

レシピをチェック!>>

大豆イソフラボンやカルシウムをはじめ、栄養価の高い「厚揚げ」。冷凍保存してまた違う味わいを楽しんだり、手作りに挑戦してみたりと、厚揚げのレパートリーをさらに広げてみませんか?下ごしらえも上手に取り入れてみてくださいね。

※参考ホームページ
全国豆腐連合会「豆腐加工食品詳細」
相模屋「おとうふ豆知識」
ヤマサ醤油「通年の食材/油揚げ・厚揚げ」
ベターホーム「なるほど料理用語/油抜き」
キッコーマン「油揚げ、厚揚げ」
ニチレイフーズ「【厚揚げの冷凍】1ヵ月保存可能!厚揚げの冷凍と活用レシピ」

▼調味料や野菜、お肉にお魚…上手な選び方や保存方法、使い分けって?これまでの記事をチェック!
「今さら聞けない!調味料&食材の基本のき」

この記事のキーワード
関連記事
新着記事