15分で完成!麻木久仁子のラクうま元気ごはん
麻木久仁子
15分で完成!麻木久仁子のラクうま元気ごはん

ごまだれが香る!「油揚げの豚チーズロール」

国際薬膳師の資格を持ち健康的な食生活を提案中のタレント・麻木久仁子さんのフーディストノート公式連載。今回はねりごまをたれに活用した「油揚げの豚チーズロール」をご紹介します。香ばしい風味が口いっぱいに広がってお酒のおつまみにもぴったりな一品ですよ。
2022/09/24
2022/09/20
view
火を使わずにパパッとできる!「...
記事一覧
意外と洋風も合う!「里芋アラビ...

お揚げロール01

こんにちは、国際薬膳師の麻木久仁子です。季節や体質、体調に合ったものを食べるという伝統的な東洋医学の考え方に基づいて、簡単で健康的なレシピをご紹介します。

秋は薬膳では「燥邪(そうじゃ)の季節」といいます。一気に乾いた空気が体に乾燥の邪を与えるのです。なのでこの時期は体に潤いを与える食材がよいと言われています。燥邪と戦う今回の食材は「白ごま」です。肌がカサカサしていたり、お通じの調子が悪い人にもおすすめです。

ですが、白ごまはなかなかたくさんは食べられませんよね。そんな時、便利なのが「ねり白ごま」です。「白ごまペースト」や「ごまクリーム」という名で売っていることもあります。ごまそのものの形で食べるより消化吸収も良く、たっぷり食べられます。さまざまなたれや汁物に入れて、白ごまをたくさん摂りましょう。

「油揚げの豚チーズロール」レシピ

調理時間

15分

分量

2人分

材料

豚肩ロース薄切り肉…80g

油揚げ…2枚

スライスチーズ…3枚

青じそ…6~8枚

A ねり白ごま…大さじ1

A しょうゆ…大さじ1

A みりん…大さじ1

A 砂糖…小さじ2

油…大さじ1

酒…大さじ2

水…大さじ2

小麦粉…少々

いり白ごま…少々

万能ねぎ…少々

材料

作り方

1. 油揚げの上で菜箸をころがす。包丁で縁を切って1枚に開く。

工程1

2. 油揚げに小麦粉を振り、豚肉・青じそ・スライスチーズの順に重ねて巻く。巻き終わりは楊枝で止める。

工程2a

工程2b

3. Aを混ぜておく。

工程3

4. フライパンに油を入れて熱し、巻いた油揚げをいれて、転がしながら焦げ目がつくまで焼く。焦げ目がついたら酒と水を入れて蓋をし、火が通るまで蒸し焼きにする。

工程4

5. 火が通ったらAを加えて、手早く煮からめる。

工程5

6. 食べやすい大きさに切り、いり白ごまと万能ねぎをあしらう。

お揚げロール02

調理のポイント

・ねり白ごまはメーカーによって濃度が違うので、調整してください。常備するなら砂糖が入っていないタイプのほうが、いろいろな料理に使い勝手が良いですよ。

ぜひご家庭で試してみてくださいね。それでは、次回もお楽しみに♪

 

火を使わずにパパッとできる!「...
記事一覧
意外と洋風も合う!「里芋アラビ...
関連記事
麻木久仁子さんのこれまでの記事
この記事のキーワード
この記事を書いた人
麻木久仁子
麻木久仁子

1962年東京都生まれ。タレントとしてテレビやラジオで司会・コメンテーターとして活躍。2010年に脳梗塞、2012年に乳がんに罹患したことから講演会などで検診や食生活の大切さを伝えている。2016年に国際薬膳師、2020年に温活指導士の資格を取得。著書に『生命力を足すレシピ(文響社)』『ゆらいだら、薬膳(光文社)』などがある。

 

<ブログ>
麻木的 温活薬膳の日々

<Instagram>
麻木久仁子(@kunikoasagi)

<Twitter>
麻木久仁子(@kunikoasagi)

<YouTube>
麻木のごきげん♡ひとりごはん