15分で完成!麻木久仁子のラクうま元気ごはん
麻木久仁子
15分で完成!麻木久仁子のラクうま元気ごはん

包丁もまな板も使わない!「ちぎりチンジャオロースー」

国際薬膳師の資格を持ち健康的な食生活を提案中のタレント・麻木久仁子さんのフーディストノート公式連載。今回は暑い夏にぴったり、スタミナ満点の「チンジャオロースー」をご紹介します。食材はすべてちぎって炒めるだけなので、あっという間に作れちゃいますよ♪
2022/07/28
2022/07/29
view
切り方を変えるだけ!ワンランク...
記事一覧
火を使わずにパパッとできる!「...

完成写真01

こんにちは、国際薬膳師の麻木久仁子です。季節や体質、体調に合ったものを食べるという伝統的な東洋医学の考え方に基づいて、簡単で健康的なレシピをご紹介します。

チンジャオロースー(青椒肉絲)といえば、細切りにした肉と野菜を炒め合わせたものですね。今回は細切りにせず、すべて手でちぎってしまいます。包丁もまな板も使いません。手間がかからないだけでなく、あえてちぎることで、食材の大きさや断面が不揃いになり、味がよくからむので、食感にも変化が出てひと味違う仕上がりになります。夏休みに入っておうちにいるお子さんに、下ごしらえを手伝ってもらってもいいですね。楽しくちぎってもらいましょう!

牛肉は薬膳では「養血強壮」といい、夏バテで心身ともに疲れている時におすすめです。「青椒」はピーマンのこと。食欲不振や消化不良を癒します。暑い日が続きますが、夏バテ防止のレシピで乗り切りましょう!

「ちぎりチンジャオロースー」レシピ

材料(2~3人分)

牛薄切り肉…200g

ピーマン…4個

しょうゆ…小さじ1

酒…小さじ1

片栗粉…大さじ1

塩…少々

サラダ油…大さじ1

ごま油…大さじ1

Aオイスターソース…大さじ1

A 酒…大さじ1

A みりん…大さじ1

A しょうゆ…小さじ1/2

A 砂糖…小さじ1と1/2

こしょう…少々

材料

作り方

1. ピーマンは手で食べやすい大きさにちぎり、ワタを取り除く。

01

2. 牛肉は手で適当な大きさにちぎる。ちぎったらしょうゆと酒をもみ込み、片栗粉をまんべんなくまぶしておく。

02

3. 沸騰した湯に塩とサラダ油を入れ、ピーマンを30秒ゆでる。ザルにあげて水気を切る。長くゆですぎないように気をつける。

03

4. ピーマンの下ゆでに使ったフライパンをそのまま熱し、ごま油を入れ、まず牛肉を炒める。肉の色が半分くらい変わったらピーマンを入れて炒める。

04

5. 肉にほぼ火が通ったら混ぜ合わせたAを回し入れ、ざっと炒め合わせる。仕上げにこしょうをふる。

完成写真

調理のポイント

・ピーマンを下ゆですると炒め時間の短縮になり、また時間が経っても水っぽくならないのでお弁当のおかず作りや作り置きの時に、ぜひやってほしいひと手間です

・牛肉は火が入りすぎないように早めに調味料を入れていきましょう。豚肉を使う時には逆によく火が通ってから調味料を入れます

ぜひご家庭で試してみてくださいね。それでは、次回もお楽しみに♪

切り方を変えるだけ!ワンランク...
記事一覧
火を使わずにパパッとできる!「...
関連記事
麻木久仁子さんのこれまでの記事
この記事のキーワード
この記事を書いた人
麻木久仁子
麻木久仁子

1962年東京都生まれ。タレントとしてテレビやラジオで司会・コメンテーターとして活躍。2010年に脳梗塞、2012年に乳がんに罹患したことから講演会などで検診や食生活の大切さを伝えている。2016年に国際薬膳師、2020年に温活指導士の資格を取得。著書に『生命力を足すレシピ(文響社)』『ゆらいだら、薬膳(光文社)』などがある。

 

<ブログ>
麻木的 温活薬膳の日々

<Instagram>
麻木久仁子(@kunikoasagi)

<Twitter>
麻木久仁子(@kunikoasagi)

<YouTube>
麻木のごきげん♡ひとりごはん