SNSフォロワー100万人超!Mizukiさん流「食べるより作ることが好きな私のレシピの考え方」

SNSフォロワー100万人超!Mizukiさん流「食べるより作ることが好きな私のレシピの考え方」
日々の料理や食を楽しみながらブログ、Instagram、Twitterで活躍するフーディストのみなさんの活動を称える「フーディストアワード」。今年の総合グランプリはSNSフォロワー100万人超のMizukiさんが受賞されました。それを記念してフーディストサービス統括リーダーの久永がMizukiさんにスペシャルインタビュー。初めて掲載された思い出のレシピ、フォロワーさんから教えてもらった大切なことなど、お話しいただきました。
フーディストノート
フーディストノート
2022/12/05
2022/12/01
view
Mizuki
Mizukiさん

和歌山県生まれ、在住。調理師免許のほか、スイーツコンシェルジュの資格をもつ。身近な食材で作れる、簡単でおいしく、華やかなレシピに定評がある。企業のレシピ開発、雑誌、テレビ、WEBメディアで活動中。フーディストアワードの前身となるレシピブログアワードでは、2016年から3年連続で総合グランプリを受賞。マイケル・ジャクソンの大ファンで、好きな曲は「Human Nature」。
<ブログ>
Mizukiオフィシャルブログ ~奇跡のキッチン~

<Instagram>
Mizuki(@mizuki_31cafe)

<Twitter>
Mizuki(@mizuki_31cafe)

<YouTube>
Mizuki・料理研究家

※Mizukiさんへの取材・仕事依頼はこちら

ついに実現した全500品掲載の料理本企画

SNSフォロワー100万超え!Mizukiさん流「食べるより作るのが好きな私のレシピの考え方」

久永 まずは、「フーディストアワード2022」総合グランプリの受賞、おめでとうございます!我々のフーディストサービスに参加するフーディストの方々は3万人超。その中から、見事グランプリに輝き、今年も大活躍の1年でしたね。

Mizuki ありがとうございます。毎月真っ赤に埋まったカレンダーを眺めながらなんとか月末まで乗り切ろう、ずっとそんな感じでやってきたので、受賞のご連絡をいただき、おかげさまで今年を振り返ることができました。読者やフォロワーのみなさんにもよいご報告ができました!

久永 2022年は、『Mizukiのレシピノート決定版! 500品』での「料理レシピ本大賞」の準大賞受賞、テレビドラマ『オールドルーキー』のお弁当レシピの監修、新刊も2冊出版など、Mizukiさんのお名前をいろいろな場面で目にしました。

Mizuki 「料理レシピ本大賞」は、じつは何年も前から自分の中で目標にしていたので、授賞式ではこれまでにないくらいに緊張しました。ブログやInstagramで紹介してきた6,000以上あるレシピを、このコロナ禍でみなさんのお役に立つように厳選してまとめたいという思いがずっとあって。なんとか形になり、やり切った感というか、抜け殻になった感じでした(笑)。

80万人の救世主!毎日をラクにのりきるMizuki式ごはんのコツとは?

ドラマの料理監修は、お弁当のレシピ作成から、お弁当箱やクロスのスタイリングまですべて担当させていただき、新しいチャレンジになりました。リアルなお弁当がお見せできるように、ドラマに登場したクロスは私が実際に家で使っているものをお送りしていたんですよ。

リアルではなくネットだから続けられたレシピの発信

SNSフォロワー100万超え!Mizukiさん流「食べるより作るのが好きな私のレシピの考え方」

久永 新しいお仕事にもどんどん挑戦されていますよね。そもそも、Mizukiさんが料理を始められたきっかけは何ですか?

Mizuki 私は以前、拒食障害を患っていて、食べられない、人と会えない、座ったら立ち上がれないという時期がありました。そんな私でも家で1人で何かできることはないか。家族を喜ばせて、何とか社会とつながれることはないか…。いろいろ考えるうちに、病気のこともあって、料理書を読み込み栄養やカロリーの知識はあったので、料理なら自分でもできると思うようになりました。

久永 レシピを発信するのに、最初は何から始めたんですか?

Mizuki まずは料理アプリ「ペコリ」にレシピを公開して、ランキングで1位になることを目標にしました。それを達成したら、次はブログを立ち上げてレシピブログさんに登録して、自分の本を出すことを目標にしました。そうして今に至ります。

体調面の心配はありましたが、リアルではなくネットだから続けられた、元気で明るい自分でいられたというのはあったと思います。

久永 レシピブログには2013年に登録いただきましたが、ブログを始めた頃の思い出はありますか?

Mizuki 『レシピブログmagazine』に初めてレシピを載せてもらったときは、すごくうれしかったですね!豆花のレシピで、見本誌を母と2人で「すごいね~」なんて話しながら見たのを今でも覚えています。

久永 それはうれしいお話です!レシピを考え料理をするうえで、Mizukiさんが大切にしていることは何ですか?

Mizuki 最初にアプリでレシピを発信していたころから、簡単・時短・節約が求められていることは感じていました。そもそも、私は簡単なものしか作れませんし、病気もあって時短調理は必須でした。そういう意味では、自分の短所がメリットや特徴になった部分はあると思います。節約に関しては、行きつけのスーパーで旬の食材や手に入りやすい食材をみながら、ふだん通りに買い物をして作っていたので、それで自然と節約になりました。

久永 簡単・時短・節約は不動の人気キーワードです。

Mizuki でも、私はじつは簡単・時短・節約ってそこまで意識はしていないんです。この10年ほどSNSでフォロワーのみなさんとやりとりをしていても、節約や時短のお話よりも、「好き嫌いの多い子どもが食べてくれました」とか「思春期であまりしゃべらなかった子どもから、おかわりの催促やお弁当のリクエストをもらえました」というコメントの方が多いんですよね。

久永 節約や時短の先にじつは見えなかった別の悩みがあったということですね。

Mizuki 時間はないけれど、おいしいものを作って家族を喜ばせたい。家族を待たせたくないから、失敗せずに早く作りたい。そして、家計のために節約したい。簡単・時短・節約は、自分がラクをしたいからではなくて、誰かのことを思って行き着いた答えなんだ、とみなさんに教えていただいたんです。

これは自分1人で料理を作っているだけでは絶対にわからなかったことで、レシピを考えるときも、料理をするときも、常に忘れないようにしています。

毎日2時間かけてすべてのコメントに返事を

久永 フォロワーさんから教えられることって本当に多いですよね。Instagramには、1日で300件のコメントが寄せられたこともあったと聞きました。

Mizuki 話しかけられたら無視できないタイプなので(笑)、最初のアプリのころから今でも毎日2時間くらいかけてすべてお返事しています。フォロワーさんとは友だちみたいに仲よくさせてもらっています。
じつは、ブログを大切にしていきたいという思いが強かったので、Instagramはなかなか始められなかったんです。それが、久永さんからInstagramのおもしろさを教えていただき、Instagramにも3年くらい前からレシピを載せ始めました。コロナ禍もあって多くの方に見ていただき、おかげさまで今ではフォロワー数は105万人を越えました。

久永 Instagramのライブ配信も盛り上がっていますね!

SNSフォロワー100万超え!Mizukiさん流「食べるより作るのが好きな私のレシピの考え方」

Mizuki ライブ配信を始めたのは、やっぱりコロナの影響が大きかったです。私自身はそれまでと変わらずに家で料理を作る毎日でしたが、フォロワーさんからはコロナ禍で日々悶々としている、しんどく感じるという声がたくさん聞こえてきて…。だから、レシピを教えるというより、みんなと一緒に楽しいことをしたい!と思って始めたんです。

久永 フォロワーさんとのやりとりがとっても自然で、見ていてとても楽しいですよ。

Mizuki 最初の頃はガチガチに緊張していて、料理も何度も練習したりして。でも、続けていくうちに、自分が適度にくだけているほうが見ている方もどんどん本音を教えてくれるのがわかってきて、力が抜けてやりやすくなりました。文字だけだとちょっと堅い人だと思われていたかもしれないので、ライブでみなさんとさらに親しくなれてうれしかったですね。

仕事中にぽっかり1時間空いたからライブをしようかなというゆるい感じなので、なかなか告知ができないのは申し訳なく思っています。月に2、3回はやっているので、時間が合えばぜひ遊びにきていただきたいです。

レシピを考えるときに頼りにしているものは…

SNSフォロワー100万超え!Mizukiさん流「食べるより作るのが好きな私のレシピの考え方」

久永 ところで、レシピを考える際のアイデアやヒントはどこから見つけていますか?

Mizuki じつは、私は料理を作ることは好きですが今でも食べることに興味がなくて、外食も全然しないんです…。なので、もっぱら頼りにしているのはユーザーさんの反応と、経験から得た自分の感覚になります。ブログやInstagramでレシピの保存数を何年も見続けていると、季節やシチュエーションに応じてどんなレシピが、どんな味が求められるのかがわかってくるんです。

それをくまなく覚えているので、たとえば、これから寒くなるとか、台風が来て雨が降るとかいうときに、それならこんなものを出そうと頭の中で組み立てて、レシピを提案しています。

言葉では説明するのはなかなか難しいのですが、以前からブレずにこのやり方を続けています。

久永 ユーザーさんの反応といえば、Instagramではよくアンケートもやられていますよね。

Mizuki 前にInstagramで「困っているのでみなさんの意見を教えてもらえたらうれしい」という話を書いたら、何千件という反応をいただいて。それ以来、行き詰まったときはアンケートに助けられています。フォロワーのみなさんの悩みごとや困りごとを聞けば、何をやったらいいのかが自ずと見えてくるんです。本当にありがたいです!

久永 最後に、ブログやSNSで今後どんなことにチャレンジしてみたいですか?

Mizuki ライブ配信のおかげで、失敗したり焦ったりするのを見てもらうのも恥ずかしくなくなってきたので、もっと素の自分を見せる機会を増やしていきたいですね。今まで以上にフォロワーのみなさんと近くなれるんじゃないかなと思っています。

それと最近ユーザーさんに若い方も増えてきたので、そうした方に提案できるレシピにも挑戦していきたいです。動画でレシピを紹介する機会もますます増やしたいと思っているので、もっとおいしそう、私にも作れそうと思ってもらえる動画を撮るのも今後の目標です。

久永 ますます自然体で素敵なMizukiさんにお会いできるのを、これからも楽しみにしています。今日はありがとうございました!

2022年ベストレシピを発表!みんなが選んだいち押しレシピとは?

この記事のキーワード
関連記事
「Mizuki」の人気ランキング
新着記事