ほろ苦さがクセになる!「ゴーヤとツナ」のやみつき炒め

ほろ苦さがクセになる!「ゴーヤとツナ」のやみつき炒め
夏バテ対策に役立つゴーヤですが、苦いので敬遠している方も多いですよね。でも、ちょっとした工夫で苦味をやわらげることができます。旨味の強いツナと一緒に炒めることで、やみつきになるおいしさに!ゴーヤを食べたいけれど苦手な家族がいる、という方もぜひチェックしてみてください!
wasante
wasante
2022/08/25
2022/08/24
view

ゴーヤツナのシリシリ

ゴーヤとツナを炒めたら、砂糖としょうゆでシンプルに味付け。ゴーヤは超薄切りにして、ツナのオイルでしっかり炒めると苦味がやわらぎます。

ゴーヤとツナの卵炒め

ふんわり卵とほろ苦いゴーヤの相性も抜群です。塩ゆでしてから炒めると、苦味が抜けてお子さんも食べやすくなりますよ。

ゴーヤとツナのピリ辛みそ炒め

オイスターソースとすりごまを加え、しっかりとした味に仕上げます。ラー油と一味唐辛子のピリ辛で、ビールもグイグイすすみますよ♪

ゴーヤとツナのポン酢炒め

かつお節とツナのダブル使いで、旨味たっぷり!素材の味を生かす米油で炒めることで、ゴーヤそのものの味を楽しめます。

ゴーヤとツナの旨炒め

にんにくとごま油、鶏がらスープの風味と旨味をきかせた、無限に食べられる系の炒めものです。ゴーヤをしっかりと塩もみするのが、苦味を消すポイント。

ゴーヤはできるだけ薄く切ることや塩ゆですることで、苦味を抑えられますよ。また、塩や砂糖をもみこんで苦味成分を洗い流すことやじっくりと炒めることも有効です。ゴーヤの苦味が気になる方はぜひお試しを!
この記事のキーワード
関連記事
「ツナ缶」の人気ランキング
新着記事