話題の「アボカドローズ」も意外と簡単♪火を使わない「アボカド」すぐでき夏レシピ

話題の「アボカドローズ」も意外と簡単♪火を使わない「アボカド」すぐでき夏レシピ
濃厚&クリーミーな味わいで、火をつかわなくてもおいしいアボカド。「森のバター」や「食べる美容液」ともいわれるほど栄養価が高く、食欲が落ちる夏にぴったりの食材なんですよ。今回は、そんなアボカドの夏の楽しみ方として、話題の飾り切り「アボカドローズ」と手軽な「アボカドトースト」をご提案します!
フーディストノート
フーディストノート
2018/07/06
2022/07/05
view

仕上げは手で!「アボカド」の基本のむき方

ゴツゴツとした皮に包まれたアボカド。一見扱いが難しそうに見えますが、「アボカド」の皮のむき方はいたって簡単。手順通りに進めていけば大丈夫です。基本のむき方を覚えておけば、アボカド料理の登場が増えるかも!

1.アボカドの回りを種に沿って一回転カットします。
2.両手でアボカドをもって左右の手で逆方向にまわして半分にします。
3.種に包丁の刃元をさして種を取ります。
4.手で皮をむきます。

アボカドは黒くてツヤがあり、ヘタがしっかりとついていて張りがあるものが食べごろ。ツヤがなくなっているものは変色している可能性があるので気をつけてくださいね!

華やかなビジュアル♪「アボカドローズ」の作り方とアレンジ!

「アボカドローズ」の作り方

お祝いのテーブルはもちろん、ふだんのサラダも華やかにしてくれる「アボカドローズ」。先ほどの「基本のむき方」で皮をむき、半分にカットしたアボカドを使います。

1.半分にカットしたアボカドに、1㎜くらいになるべく薄く包丁を入れていきます。
2.アボカドをすべらせるようにずらして並べます。
3.右端にバラの花芯の部分をしっかりと作ったら、右手で左方向に少しずつ巻いていきます。まな板の上をすべらせるようにすること、左手をアボカドの下側に添えるのがポイント。
4.軽く形を整えたらできあがり。

※熟しすぎてやわらかくなったアボカドでは巻きづらいのでご注意くださいね!

おもてなしにもぴったり♪「アボカドローズ」のブーケサラダアレンジ

キレイにできたアボカドローズを「食べられるブーケ」にしてみましょう♪グリーンリーフ、ラディッシュの薄切りと飾り切り、大根や紅大根をスライサーでカットしたもの、ヤングコーン水煮、ハムをくるくると巻いてやはりバラに見立てたハムローズを順番にワックスペーパーに詰めていきます。最後にアボカドローズをのせたらできあがり!野菜はお好みのもので大丈夫です。ドレッシングを器に入れて添えておけばおしゃれですね!

ワックスペーパーは、まるめて端の上の部分をホチキス等で留めておきます。ペーパーの上の部分をくるりと外側に折るとホチキスが隠れます。
下の留めの部分はくるくるとねじっておくと野菜が詰めやすいです。ねじったところにリボンを結んでも可愛いですね!

アボカドをまるごと楽しむ簡単チーズトースト

「アボカドチーズトースト」のレシピ(1枚分)

【材料】

食パン5枚切り…1枚
アボカド…1個
(半分はスライス・半分はつぶしておく)
(A)
紫玉ねぎみじん切り…15g(なければ普通の玉ねぎでもOK)
白ワインビネガーか酢…小さじ1
粒マスタード…小さじ2
塩…ひとつまみ
レモン…小さじ1/2

お好みのトッピング(かぼちゃの種、アーモンド、クコの実等)
ピザ用チーズ…お好み
ブラックペッパー…お好み
マーガリン…適量

マーガリンを薄くぬり、その上に(A)とつぶしたアボカドを混ぜたアボカドペーストを食パンにぬります。斜めにカットしたアボカドを並べます。

お好みのトッピングをちらしたら、ピザ用チーズをかけてブラックペッパーをふりかけます。

トースターで4分程度トーストしたらできあがり!レモンをふりかけながらいただいても爽やかでおいしいです。アボカドペーストに醤油を少し加えたり、ハムなどを加えるのもまた変わった味わいでおいしいですよ~♪

彩りもよく、和洋中いろいろな食材や調味料とも相性のいいアボカド。栄養価も高いので上手に摂り入れて、元気に暑~い夏を乗り切りましょう!

この記事のキーワード
関連記事
「アボカド」の人気ランキング
新着記事