解説つき♪これからブームになりそうな、「#アボカドハート」にトライ

解説つき♪これからブームになりそうな、「#アボカドハート」にトライ
「#アボカドローズ」や「#トマトローズ」は既にインスタで人気ですが、今まさに火がつき始めているのが「#アボカドハート」。くるっと丸めるローズに比べ、崩れやすいアボカドをハート型にするのにちょっとコツがいるため、まだまだトライする人は少ないようですが、中にはすでに達人レベルの人も…まずはアボカド料理研究家の緑川鮎香先生による解説から見ていきましょう♪
フーディストノート
フーディストノート
2016/07/05
2023/01/16
view

必見!アボカド料理研究家・緑川鮎香先生によるプロセス説明

なるほど!ヘタの部分や先端側は切り落とし真ん中部分だけを使うと形が整うのですね。スライスして半分に分けたアボカドの、それぞれ内側を手前にずらしていくとキレイなハートにできることがよくわかります。アボカドは、固すぎず柔らかすぎない食べごろのものを選んでくださいね、とのことですよ♪ハートに使わなかった部分もディップなどにするのでもちろん無駄にはなりません。

やっぱりさすが!緑川鮎香先生の「アボカドのオープンサンド」

ひとつめは、アボカドハートの下にしそを敷き、真ん中にはハート型に抜いたはんぺんと梅オイルをONした和テイスト。アボカドを知り尽くした緑川先生ならではの組み合わせですね。もうひとつのオープンサンドには、スモークサーモン、クリームチーズ、バジルアボカドディップにレモンをあしらって。一皿で2種類のアボカドの食感を楽しむことができるので、アボカド好きにはたまりませんね♪

アボカドハート+アボカドローズの贅沢2種盛り

aya🌼さん(@_aya_k_)が投稿した写真

_aya_k_さんのオープンサンドは、贅沢にもアボカドハートとアボカドローズの両方。どちらも完璧な仕上がり!コメントのやりとりを拝見すると、よく切れる包丁でスライスすることが成功の秘訣のようです。ローズの花びらのフチにあしらったピンクペッパーの彩りもキレイですね。

もはや芸術!名画のようなアボカドハート

Ayuさん(@ayufavorite)が投稿した写真

みなさんから「芸術!」「アート!」「天才!」と大絶賛を受けているayufavoriteさんのサラダ。アボカドだけでなく、全体を見事なハートに仕上げています。内側から順に、グリンピース、トマト、アボカド、キャロットラペ、大根ラペ、上にオクラ、キュウリ、赤&黄パプリカ、レタス、ズッキーニ、ラディッシュだそうですよ♪崩してしまうのがもったいないような、早く食べてみたいような、素晴らしいひとさら。うーん、すごすぎて筆者も言葉が出ません。ayufavoriteさん、すごい!

* * *

みなさんのコメントを見てみると、「アボカドは固すぎず柔らかすぎないものを選ぶこと」、「よく切れる包丁を使うこと」、「3ミリ程度の厚みにスライスすること」が主な成功のポイントのようです。

ハートにすれば、ただ可愛いだけでなく、スプーンですくったり、さいの目に切ったり、つぶしたり…と、ついワンパターンになりがちなアボカドの調理法にも変化が生まれ、新しい食感を楽しむことができるのも魅力的。立体的なので、カップのように使えば、いろいろな食材との組み合わせも楽しめますよね。

ちょっと難易度が高いと思うかもしれませんが、皆さん果敢にトライしている真っ最中!うまくできたら「#アボカドローズ」でインスタに投稿してみてはいかが?

この記事のキーワード
関連記事
「アボカド」の人気ランキング
新着記事