時短&新食感!テレビで話題「稲垣飛鳥さんのフレンチトースト」レシピ

時短&新食感!テレビで話題「稲垣飛鳥さんのフレンチトースト」レシピ
ふんわり食感とミルキーな甘さで、お好きな方も多い「フレンチトースト」。食パンを卵液に一晩じっくり漬け込むのが定番ですが、あるものを使えば卵液がすぐにしみ込んでくれます!食べたい時に、すぐに絶品フレンチトーストがいただけますよ♪さらに、新食感が楽しめる意外な食材もご紹介。テレビ番組「サタデープラス」で話題となった稲垣飛鳥さんのレシピを、ぜひチェックしてみてくださいね!
フーディストノート
フーディストノート
2021/10/07
2021/10/06
view

再現レシピやお店の商品を活用したレシピなど、数々の楽しいアイデアが人気のフーディスト、稲垣飛鳥さん。テレビ番組「サタデープラス」では、高級生食パン「乃が美」で作る絶品食パンレシピを紹介し、話題となっていました。今回はその中から、簡単に絶品フレンチトーストが作れるアイデアをピックアップしてご紹介します!時短&新食感の秘密は「電子レンジ」「ザラメ」。ちょっぴりリッチな食パンはもちろん、普段の食パンでももちろん作れますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

時短&新食感!フレンチトースト

材料

卵液
卵…1個
砂糖…大さじ1/2
牛乳…75ml

食パン…1cmの厚さ1枚(12枚切りの厚さが目安です)

バター…大さじ1/2

ザラメ…適量

作り方

1.  卵、砂糖、牛乳を耐熱容器に入れます。正方形のタッパーがおすすめです。
材料
2. 食パンを半分にカットして数回耐熱容器の中でひっくり返します。
食パンを半分にカットして数回タッパーの中でひっくり返します。3. 【時短ポイント!】500Wのレンジで30秒加熱し、ひっくり返します。これを4回繰り返します。
※少し余った卵液は、食パン半枚分に活用することができますよ♪
500Wのレンジで30秒チンしてひっくり返すを4回繰り返します。4. 【新食感ポイント!】卵液に浸けてレンジ加熱したパンの表面に、ザラメを振りかけます。
卵液に漬けてレンジ加熱したパンの表面に、ザラメを振りかけます。卵液に漬けてレンジ加熱したパンの表面に、ザラメを振りかけます。5. 温めたフライパンにバター大さじ1/2をしいて溶かし、ザラメを振った方を下にしてパンを入れます。
温めたフライパンに、大さじ2分の1のバターをしいて溶かしザラメを振った方を下にしてパンを入れます。6.ザラメをついた方を下にしてパンを入れて逆面にもザラメを振ります。
ザラメをついた方を下にしてパンを入れて逆面にもザラメを振ります。7. こんがり焼けたらひっくり返します。
こんがり焼けたらひっくり返します。ザラメは熱で少し溶けますが、しゃりしゃりとした食感がしっかり残っていますよ♪
ザラメは熱で少し溶けますが、しゃりしゃりとした食感がしっかり残っていますよ♪「中はやわらか・外側はしゃりしゃり」という新食感のフレンチトーストだそうですよ♪
「中はやわらか・外側はしゃりしゃり」という新食感のフレンチトーストだそうですよ♪じっくり漬け込んだようなフレンチトーストがすぐ作れるアイデアは、覚えておいて損はないですね!
ザラメの食感も楽しく、いつものフレンチトーストが新鮮な一品になりそうです♪

■レシピ・画像提供:「あすかふぇのおいしい毎日

まだまだある!高級生食パン活用レシピ

番組では、高級生食パンのアレンジレシピが他にも紹介されていましたよ♪食パン活用の幅が広がること、間違いなし!動画でのレシピがとても分かりやすいので、ぜひチェックしてみてくださいね。

食パンでキッシュ

食パンでマリトッツォ

稲垣飛鳥さん
稲垣飛鳥さん

料理家・再現レシピ研究家・シャトレーゼやドンキマニアなどとして、テレビや雑誌など多くのメディアで活躍中。、レシピ考案や写真撮影、企業の商品開発も手がける。著書に、『「まるでお店!」なほめられレシピ』(講談社)『稲垣飛鳥さんのおうちで外食気分のごはん』(ベネッセコーポレーション)

<ブログ>
あすかふぇのおいしい毎日

<Instagram>
稲垣飛鳥 再現レシピ研究家・シャトレーゼ•ドンキマニア (@asucafe)

<YouTube>
asucafe channel

この記事のキーワード
関連記事
新着記事