冬に食べたい濃厚チョコスイーツ♪ショコラコーディネーター・市川歩美さんのおすすめ5選

冬に食べたい濃厚チョコスイーツ♪ショコラコーディネーター・市川歩美さんのおすすめ5選
ショコラコーディネーターやチョコレートジャーナリストとして活躍する市川歩美さん。ショコラ愛好家歴は25年以上という、チョコレートの専門家です。そんな市川さんがおすすめするスイーツの中から、冬に食べたい濃厚チョコスイーツを厳選して5品ご紹介します。

おとりよせネット
おとりよせネット
2022/11/23
2022/11/14
view

3層のマリアージュが秀逸!プリンのような濃厚生チョコスイーツ

カカオクリュ 定番4種詰め合わせ/CACAOLOGY(カカオロジー) プリンのようにスチームで焼き上げた、なめらかな食感が特徴の生チョコスイーツです。1層目にはクリュと呼ばれるとろける食感と濃厚さをあわせ持つベース生地を。2層目には甘さを抑えたチョコレートソースを重ね、3層目の一番上にはチョコプレートとカカオニブをトッピング。3層が一体となって、チョコレートのおいしさを最大限に引き出している、リッチなスイーツです。

味は、「バニラ」「コーヒー」「トンカ」「スモーク」の4種類。それぞれ産地の違うカカオ豆を使用しており、お気に入りが見つかるようになっています。また「冷凍」「半解凍」「常温」と食べる温度を変えて、異なる味わいを楽しむのもおすすめです。

スプーンですくって味わうごとに、それぞれ味が違うのが楽しいです。ガーナ産カカオにはローストしたコーヒー豆の風味を、南米のベリーズ産カカオにはトンカ豆のさわやかな香りを合わせて。マダガスカル産カカオには同じマダガスカル産のバニラをやさしくマリアージュさせ、トリニダード・トバゴ産のカカオには燻製チップを加え、個性的なスパイシーさを引き出しています。(市川歩美さん)

 

とろける口溶けがやみつきに!こだわりの濃厚ガトーショコラ

とろ生ガトーショコラ/toroa(トロア) 一口食べたら止まらなくなる、極上のガトーショコラ。“全細胞がとろけるような口溶け”を目指して作ったという、冬にぴったりな濃厚チョコスイーツです。材料には酸味、風味、コクのバランスが絶妙な4種のオーガニックチョコレートを使用。それに卵、たっぷりの発酵バター、砂糖が加わり、とってもリッチな味わいです。隠し味は、焦がしキャラメルソース。ショコラに深みとコクを与え、なめらかな口溶けを実現しています。

焼き時間や温度にも試行錯誤を重ね、300本を超える試作を繰り返した、こだわりのガトーショコラ。シックな紺と黄色のオリジナルボックスに入っているので、贈り物にもおすすめです。

このガトーショコラを開発したのは、五十嵐ゆかりさん。実は私は、随分前からゆかりさんの知り合いですが、とても頑張り屋さんで、心やさしい女性。今はYouTubeアカウントも著書も人気で、料理研究家として活躍しています。 社会人として慌ただしい日々を過ごした実体験をもとに、ゆかりさんは、「ほっと一息つけるくつろぎの時間をもってほしい」という思いをこめて「とろ生ガトーショコラ」を作りました。(市川歩美さん)

 

食べ比べが楽しい!フランス人ショコラティエが作るフォンダンショコラ

食べ比べセット フォンダンショコラ6個/ニコラ&ハーブ 葉山にお店を構えるモロー・ニコラ氏。TBS系列「マツコの知らない世界」にも登場したことがある人気フランス人ショコラティエ(兼シェフ・パティシエ)です。そのニコラ氏が作る「フォンダンショコラ」のセットは、カカオ65%と70%の2種類の味が入っており、食べ比べが楽しめます。カカオ65%は、ほんのり甘め。一方70%の方は、ビターで甘さをあまり感じないため、大人の味わいです。どちらも、チョコレートのおいしさを存分に味わえます。

おすすめの食べ方は「冷蔵庫から取り出してすぐに食べる」「常温に戻して食べる」「電子レンジで温めて食べる」の3通り。それぞれの口どけや食感を楽しんでみてくださいね。

ニコラさんはパティシエ・ショコラティエとして、スイーツやショコラ、お料理まで美味しいものを作る方ですが、今回ご紹介するのは「フォンダンショコラ」。リピーターが多くて、葉山で大人気だそうです。冷凍庫で保存、食べる分だけ出してレンジで少し温めていただくととろ~り。チョコレートがふわりと香りたち、まさにフォンダン(とろける)なチョコレートになります。アイスクリームやミントなどのハーブを添えても素敵です。(市川歩美さん)

 

小麦粉不使用!チョコが主役のリッチなロールケーキ

ルーローショコラ/ASSEMBLAGES KAKIMOTO(アッサンブラージュ・カキモト) 京都にある洋菓子店「アッサンブラージュ カキモト」。代表の垣本氏は、世界最高峰のショコラティエを決める「ワールドチョコレートマスターズ」に2018年、日本代表として参加したことでも知られています。そんな垣本氏が手掛けるロールケーキは、まさにチョコレートが主役。小麦粉不使用の生地の中には、口どけの違う2種類の濃厚なチョコレートガナッシュが使用されています。そのため、とってもリッチな味わい。チョコレートの香りや、カカオの風味も堪能できるスイーツです。

また、表面のアーモンドもチョコレートと相性抜群。濃厚なのに、甘さ控えめという点もうれしいですね。冷凍で届くので、冷蔵庫で解凍後、常温に戻してからいただきましょう。チョコレートのなめらかな口溶けをより一層楽しめます。

ふんわりとしたクリームを、ふわふわの生地で巻き込んだロールケーキ、というのは多いけれど、こういったすっきり感覚で、さらにはチョコレートの香りや風味をしっかり感じられるロールケーキは、なかなか見つからないと思います。このロールケーキには、食感にも、味にも、コントラストがあります。 アッサンフラージュ・カキモトのオーナーシェフ、垣本晃宏さんご自身に、実際にお話を伺ったところ、「こんなこと、誰もしないかも?」というようなプロセスで、ロールケーキを作っているそうです。(市川歩美さん)

 

サクサク生地と、とろりとした生チョコクリームが絶品のタルト

リッチ生チョコタルト6個セット/MAISON CACAO 鎌倉の人気チョコレート店「メゾンカカオ」が手掛ける「リッチ生チョコタルト」。サクサクのタルト生地の中に薄い層を塗り、水分量の高い生チョコレートのクリームをたっぷり流し込んであります。それをパリッとしたチョコレートでコーティング。カカオの風味をぎゅっと閉じ込めた、こだわりのチョコタルトです。

一口食べれば、良質なカカオの香りをしっかりと感じます。さすが、チョコレート専門店ならではのおいしさ。味は、カカオの分量によって「45%」「55%」「65%」の3種類があります。それぞれのフレーバーに合うチョコレートを厳選しているので、味の違いも楽しんでみてくださいね。

オンライン販売の「リッチ 生チョコタルト」は表面がチョココーティングされているため、パリンとした食感が加わっているのです。パリン+とろ~+サクサクサク、この3拍子が心地良いのです。 あとは届いたときに、ボックス、パッケージのカラー、テクスチャーがスタイリッシュで好きです。一つずつ小分けされているのもうれしい。(市川歩美さん)

 

おとりよせネットでは、他にもお取り寄せの達人・市川歩美さんのおすすめをご紹介中!ぜひチェックしてみてくださいね。

おとりよせネット
おとりよせネット
日本最大級のお取り寄せ情報サイト。日本全国のお取り寄せ品を検索できるほか、料理研究家やフードライターなど「お取り寄せの達人」による推薦コーナー、季節イベントに連動した特集コーナーなどを展開。

<公式サイト>
おとりよせネット

<記事メディア>
おいしいマルシェ

<Instagram>
おとりよせネット(@otoriyose_net)

<YouTube>
至福のお取り寄せチャンネル

この記事のキーワード
関連記事
「おとりよせネット」の人気ランキング
新着記事