アメリカ暮らし20年以上!ロッキンさんが作る日米の家庭料理レシピ【おいしい暮らし】

アメリカ暮らし20年以上!ロッキンさんが作る日米の家庭料理レシピ【おいしい暮らし】
暮らし上手なフーディストさんにフォーカスし、毎日の料理がよりおいしくなる気づきや、心地よく暮らすヒントをお届けする不定期連載「おいしい暮らし」。今回は、アメリカで暮らして20年以上というフーディスト・ロッキンさんに、レシピに込めた思いや毎日のごはん作りのアドバイス、暮らしを楽しむコツを教えていただきました。
フーディストノート
フーディストノート
2022/07/26
2022/07/08
view

アメリカでの子育てをブログに

ロッキンさんのブロッコリーのマカロニグラタン

https://www.instagram.com/p/Cc1PdHiPWE3/

——ロッキンさんが、フーディストとしてレシピを発表するようになったきっかけを教えてください

「上の娘が幼稚園に上がる頃、日本に住む両親に孫たちの成長を見せようと始めた子育てブログが、私のブログデビューでした。もう15年以上前のことです。そこに載せた子どもたちのおやつやごはんに読者の方からたくさんの反響をいただき、レシピもアップするようになりました。
その後、パティシエとして忙しくしていたこともあり、しばらくブログはお休みに。このコロナ禍で時間ができたこともあり、いろいろなレシピやアメリカでの暮らしをあらためて世界のみなさんに発信したいと思ってブログを再開しました」

 

——レシピを発表してから、何か変化はありましたか?

「レシピ本に掲載していただいたり、いろいろなレシピコンテストで賞をいただいたりする中で、たくさんの方から『今まで失敗ばかりでしたが、ロッキンさんのレシピで作ったら大成功しました!』『家族がみんな喜んで食べてくれました!』などうれしい声をたくさんいただくようになり、元気とモチベーションをもらっています!
また、私のレシピを作ってくださった方がSNSに投稿なさって、そこから私のことを知って…と、世界中に友達の輪がどんどん広がっているのもうれしいですね」

 

——レシピを考えたり、料理をしたりする上で大切にしていることはありますか?

ロッキンさんの甘辛コチュジャンチキン

https://www.instagram.com/p/CcOmiHxv5B-/

「料理って毎日のことですので、疲れちゃう日もありますが、そんなときは自分にプレッシャーをかけず、簡単なものを作るようにしてます。子どもが小さい頃や、仕事をしていた頃は1日24時間あっても足りないくらいだったので、いかに簡単に、おいしく、そしてお片付けがラクな料理&調理法で作るかばかり考えていました。その経験が今、かなり役に立っているように思います。
ただ、レシピによっては手間をかけるからこそおいしく仕上がるものもあるので、そういうときには理由もきちんと添えて書くようにしています」

 

——アメリカにお住まいになってから、よく作るようになったレシピはありますか?

「やはり、オーブン料理です!調理時間は長めかもしれませんが、食材を調味料と一緒にオーブン皿に入れて、あとはオーブンにお任せ。調理中は他の家事ができるのもいいですね。ポークとズッキーニの味噌キャセロール、イギリス料理なんですがアメリカでも人気のあるコテージパイはおすすめです」

「こちらも熱々がおいしいオーブン料理です。蒸し焼きにしたなすとみそ、そして、チーズの相性が抜群!アメリカ人の主人がとくお気に入りだったようです」

——ブログやInstagramでは、日本の家庭料理もよく登場していますね!

「はい!でも、日本の食材がそれほど簡単に手に入る環境ではないので、アメリカで手に入るもので日本の味を再現できるように日々、工夫しています」

「たとえば、ラーメンが食べたいときに使うのが、お湯にベーキングソーダを加えて中華麺風にゆでるパスタのカッペリーニ。中華麺はなかなか手に入りませんが、カッペリーニならローカルなスーパーでも売っているので、おうちでとんこつラーメンやしょうゆラーメンを楽しんでいます」

「家族の『おいしい!』という笑顔が見られると、また明日もがんばろう!という活力につながっていくんですよね」というロッキンさん。アメリカ伝統のホームメイドスイーツから、紅しょうががのったとんこつラーメンまで登場するブログやInstagramは、ご家族思いのロッキンさんのアイデアであふれています。

 

ロッキンさんへのQ&A

——ニックネームの由来は?

「愛用していたロッキングチェアーをお譲りする縁で仲良くなった方から、ロッキングチェアーにちなんで『ロッキンさん』と呼ばれるようになったのがきっかけです」

——大好物といえば?苦手な食べ物は?

「大好きな食べ物はチーズとチョコレート。高校時代、文集の将来やってみたいことに『チーズのお風呂に入ってみたい!』なんて書いたほどです 笑。チョコレートは私の活力源のようなもので、毎日食べています。苦手な食べ物は、あえて言えば、お肉の脂身や皮ですね」

——お料理以外で、リラックスタイムの過ごし方といえば?

「愛犬のゆずとみかんと遊ぶこと。あと、夕食後のTVタイム!昔からTVっ子なんです」

——これからチャレンジしたいことは?

「いいご縁がありましたら、出版社さんや企業さんと一緒にレシピ開発や商品企画などをやってみたいですね」

ロッキンさん
ロッキンさん

アメリカ在住20年以上。パティシエとしてカフェやレストランでスイーツやパンを作った経験をもとにしたアイデア料理・お菓子レシピ、アメリカでの生活や子育て情報をブログで紹介中。

<ブログ>
「ロッキンハウスへようこそ!」

<Instagram>
ロッキン(@rokkinhouse)

<Twitter>
ロッキン(@rokkinusa)

※ロッキンさんへの取材・仕事依頼はこちら
この記事のキーワード
関連記事
「インタビュー」の人気ランキング
新着記事