あいりおーの“毎日作りたくなる”おうちパン
あいりおー
あいりおーの“毎日作りたくなる”おうちパン

本物みたいなかわいい「かぼちゃパン」

あいりおーさんのフーディストノート公式連載です。主にホームベーカリーを使った、初心者でも簡単に作れるおうちパンをご紹介します。今回は、本物みたいなかわいい「かぼちゃパン」です。
2016/10/21
2021/11/01
view
簡単ハロウィンちぎりパン
記事一覧
チョコ&カスタードのWコロネ♪

かぼちゃ6.jpgみなさん こんにちはヽ(*’-^*)。

パン作り大好きあいりおーです。

すっかり朝晩が寒くなって秋本番ですね!

ハロウィンもあと10日あまりで本番。

そんな秋にぴったりのパンを今日はご紹介します。

最近秋のパンってのが続いてますが、季節ものなので^^

昨年もかぼちゃパンは紹介しているのですが、

今回はミルク仕込みで成型も全く違うものなので一応newレシピです。

では早速レシピと作り方をご紹介します。

本物みたいなかわいい「かぼちゃパン」レシピ

材料(6個分)

パン生地材料

強力粉…200g
・砂糖…25g
・塩…3.8g
・加熱したかぼちゃ…100g
・水…30g(かぼちゃの水分量によって加減してください)
・牛乳…80g
インスタントドライイースト…3g
バター…25g

トッピング

・かぼちゃの皮の芯…2~3㎜×長さ2cm程度6本
・パンプキンシード…6粒

必須アイテム

・タコ糸…90cm×6個分
・ショートニング…適宜

かぼちゃ1.jpg

下準備

・かぼちゃの皮と種を取って、正味140g程度をビニール袋に入れ
 レンジ600Wで4分加熱して、めん棒でつぶしておく。
 水分が飛んで100gは取れます。
 
・芯用のかぼちゃの皮は2~3mmの厚みで2cmの長さにカットしておく

・タコ糸を90cmにカットして、ショートニングをムラなくたっぷり
 塗っておく。80cmでもいけますが、余裕を持ってカットしています。

かぼちゃ2.jpg

作り方

1. バター以外の・印の材料をホームベーカリーや捏ね機にセット。

 

スイッチを入れて10分後にバターを投入。

捏ねあがったら生地を丸め直してボウルに入れ、シャワーキャップをかぶせて30℃くらいのところで生地が2倍~2.5倍になるまで1次発酵する。

かぼちゃ3.jpg

2. 1次発酵が終わった生地を6等分して、きれいに丸め直して10分ほどベンチタイムを取ります。再度きれいに丸め直し、軽く打ち粉を打って、画像のようにカードで8等分に線をつける。

※これはあとでタコ糸を均一に巻くガイドラインになります

かぼちゃ4.jpg3. ガイドラインをつけた通りに下準備でショートニングを塗ったタコ糸を多少ゆるみを持たせてパン生地に巻く。

※この時きっちり巻いてしまうと、発酵や焼成で膨らんだ際にタコ糸がめり込んで取れなくなるので、ゆるく巻くのがポイントです
※結んだ糸はパン生地の下で外側に出しておくとあとで外しやすいです

35℃で一回り生地が大きくなるまで発酵させる。

かぼちゃ5.jpg4. 分量外の強力粉を振って、できるだけ中心に近い場所にかぼちゃの皮とパンプキンシードを刺す。160℃で12分程度焼成する。

※ご家庭のオーブンに合わせて温度、時間は調整してくださいね

かぼちゃ9.jpg
焼きあがったらケーキクーラーの上で荒熱を取り、冷めたらタコ糸を丁寧に外していく。

種や皮が取れてしまったら、糸を外したあとに真ん中に刺し直します。



かぼちゃ8.jpg

秋のプレート
・カボチャパン
・サツマイモとディルのサラダ
・スモークチキンサラダ
・キャロットラペ
・かぼちゃのポタージュ

スモークチキンにはレシピブログさんでいただいたピンクペッパーを。
ピンクペッパーとってもお勧めです♪
辛味はブラックペッパーよりも穏やかで色がきれい♪
かぼちゃ7.jpg

かぼちゃパンを半分にスライスしてお好みの具材をサンド

ほんのり甘いパン生地とサンドの具材が合う合う!!

私はきんぴらごぼうとスモークチキンとレタス、紫キャベツをサンド。

そのまま食べてもおいしいのでぜひ作ってみてくださいね。


ポイントは
・かぼちゃの水分量に合わせて水30gは様子を見ながら加える
・タコ糸にはたっぷりのショートニングを塗っておく
・タコ糸はゆるめに巻く

最後まで読んでくださってありがとうございます。

簡単ハロウィンちぎりパン
記事一覧
チョコ&カスタードのWコロネ♪
関連記事
あいりおーさんのこれまでの記事
この記事のキーワード
この記事を書いた人
あいりおー
あいりおー

福岡県在住。子どもたちの為に始めたキャラ弁作りをきっかけに2006年からブログを開始。その後、パンやお菓子も作れるお母さんになりたいという思いから全く縁のなかったパンやお菓子作りを開始。写真の美しさや世界観にも定評があり、今では企業へのレシピ提供やCM撮影用のパン制作など、多方面で活躍の幅を広げている。著書『あいりおーのお店みたいなパンレシピ』(宝島社)も好評発売中。

 

<ブログ>
Happy Delicious Bakery
Happy Delicious Bakery Sweets

 

<Instagram>
あいりおー(@airio830)

 

※あいりおーさんへの取材・仕事依頼はこちら