漬けている間も楽しめる「#フルーツシロップ」を作ってみよう♪

漬けている間も楽しめる「#フルーツシロップ」を作ってみよう♪
さっぱりとしたドリンクが飲みたくなる夏には「#フルーツシロップ」を作っておくのがおすすめです!水や炭酸で割って飲むほか、かき氷のシロップにもできますし、漬けたフルーツをそのまま食べたりお菓子作りに使ったりできるので便利♪ガラス瓶の中にフルーツが入っている様子は涼しげでかわいらしく、漬けている間にも目を楽しませてくれます。今回はInstagramで見つけた、夏にぴったりのフルーツを使ったご投稿を紹介します!
フーディストノート
フーディストノート
2021/08/16
2021/08/12
view

まずは夏の定番「#梅シロップ」と「杏シロップ」♪

 

ズラッと並んだたくさんの瓶の中には、梅シロップと杏シロップも♪氷砂糖が溶けて、きれいに透き通っています。どちらも爽やかな酸味とあっさりとした味わいなので、夏にぴったりですね。梅の処理は、お嬢さんがお手伝いしてくれたそうですよ♪とても上手になったとのことなので、来年も期待!ですね♪

皮をカットしてあるのでそのまま食べられる「#オレンジシロップ」

オレンジの爽やかなビジュアルが夏らしくて素敵です。皮をカットしてから漬けることでワックス等も気にせず済みますし、完成後には瓶から取り出してそのまま食べられるのもとってもいいですね♪大きな瓶と小さな瓶が並んでいる様子もなんだかほっこりします。

幅広い楽しみ方が魅力の「#ライムシロップ」

ライムシロップを炭酸で割って、淵にライムを添えれば夏らしさ満点のドリンクですね!シロップから取り出したライムはオーブンで乾燥させてドライライムに仕上げたそうですよ♪余ったライムを冷凍保存するアイデアもとっても参考になりますよね。

甘酸っぱい「#キウイとすだちのシロップ」

キウイの甘みとすだちの爽快な香りが楽しめるシロップ♪ビネガーも入っているので、ほんのり酸味も加わって夏にぴったりですね。水や炭酸水で割って飲む時に、ミントを加えれば更に爽快感が増して、リフレッシュできる最高の1杯になります。

手作りだから楽しめる味♪「#ブルーベリーシロップ

こちらのシロップにもお酢が入っているので、後味さっぱり♪ドリンクにして何杯でも飲めそうです!ブルーベリージャムはスーパーなどで手にすることはできますが、シロップはあまり見かけませんよね。手作りする事で味わえる楽しみがあるのもシロップ作りのいいところ。「#ブルーベリーシロップ」をかき氷にかけてもおいしそうですね。

***

漬け込み始める瞬間からわくわくが止まらないフルーツシロップ作り♪
シロップにした果物のおいしさも、ぜひ堪能してみてくださいね。

この記事のキーワード
関連記事
新着記事