今すぐ作ってみたくなる!山本ゆりさんの「じゃがいも」おかず5選

今すぐ作ってみたくなる!山本ゆりさんの「じゃがいも」おかず5選
料理コラムニストとして大活躍のフーディスト山本ゆりさん。「どこにでもある材料で、できるだけ安く、誰にでもできる」がモットーのレシピが魅力です。今回は特にストックしてあることも多い、じゃがいもを使ったメニューをピックアップしてご紹介します。主菜や副菜に活躍間違いなしですので、ぜひ参考にしてくださいね。
フーディストノート
フーディストノート
2022/04/16
2022/05/13
view

新じゃがでガーリックバター醤油ポテト

新じゃがを素揚げにして、バター醤油を絡めます。にんにくの効いた甘辛味で、「みんなが好きな味です!」とゆりさん。

鮭とじゃがいものマヨソース

香ばしいじゃがいも入りでお子さんウケもバッチリ!なお魚おかずです。後がけのマヨソースが見た目にも食欲をそそります。

レンジで塩肉じゃが

レンジ加熱1回で肉じゃがのできあがり!「飽きのこない塩味。仕上げにごま油を垂らすか、熱々の段階でバターを混ぜるとよりおいしいです」。

鶏とじゃがいものスープ煮

炊飯器にすべての材料を入れ、スイッチオン。1時間後にはほろほろのスープ煮ができあがります。香味野菜がいい仕事をして、塩だけでも絶品!

ポテトのベーコンチーズ焼き

じゃがいもをレンチンし、チーズやベーコンをのせてトースターで仕上げます。ガラスやグラタン皿などの耐熱容器ひとつで作れるのが嬉しい♪

ゆりさんの簡単・時短で作れるアイデアは、きっと参考になるはず♪どのレシピもシンプルな材料と工程で作れますので、さっそく今日のおかずに作ってみてはいかがでしょうか?

山本ゆり
山本ゆりさん

料理コラムニストとして活躍する3児の母。『syunkonカフェごはん』(宝島社)シリーズなどに代表される著書は、累計で700万部を超えるベストセラーに。身近な材料で簡単にできる料理と、ユーモアあふれる日常を綴ったブログから人気に火が付き、Twitter・Instagramではそれぞれ100万人を超えるフォロワーから支持を集めている。

<ブログ>
「含み笑いのカフェごはん『syunkon』」

<Instagram>
山本ゆり(@yamamoto0507)

<Twitter>
山本ゆり(@syunkon0507)

この記事のキーワード
関連記事
「山本ゆり」の人気ランキング
新着記事