時間がないときはこれ!というお助けレシピ。YOMEさんの場合は?【おいしい暮らし】

時間がないときはこれ!というお助けレシピ。YOMEさんの場合は?【おいしい暮らし】
暮らし上手なフーディストさんにフォーカスし、毎日の料理がよりおいしくなる気づきや、心地よく暮らすヒントをお届けする不定期連載「おいしい暮らし」。今回は、アイデアあふれる献立やご家族との毎日を綴ったブログ「よめ膳@YOMEカフェ」でおなじみのフーディスト・YOMEさんに、レシピに込めた思いや暮らしを楽しむコツを教えていただきました。
フーディストノート
フーディストノート
2022/04/13
2022/04/12
view

レシピを発表してから、料理がますます好きになりました

YOMEさんの出し殻タンドリーチキン

http://yomecafe.blog.jp/archives/26501114.html

——YOMEさんが、フーディストとしてレシピを発表するようになったきっかけを教えてください!

「長く子どもを授かることができず、やっと出会えた娘との日々と、娘と食べたごはんの記録としてブログを始めました。家族のごはん、娘のとりわけごはん、イベントのごはんなど最初からレシピは載せていて、娘が大きくなったとき、こんなものを食べていたよ、と話せる日を楽しみに書いていました。それと、当時はInstagramなどSNSもなかったので、ブログを通じて遠くへ住む義両親と一緒に食卓を囲みたいという思いもありました」

 

——レシピを発表されてから、ご自身の生活にどんな変化がありましたか?

「料理がますます好きになりました。そして、ブログを通してたくさんのご縁をいただきました。ブログを見てくださるみなさんに、育児や家事に悩んだり、行き詰ったりしたときに何度も何度も助けてもらっています!」

 

——Instagramも始められたそうですね!

「Instagramは、ずっとやらないの?と誘ってもらっていたものの、ブログと同じになってしまうのもな、と申し訳なくて足踏みしていました。きっかけは、去年のお誕生日に新しいスマホを黒幕(夫のことです)にプレゼントしてもらい、動画が取れる楽しさを知ったこと。Instagramには動画もアップして、ブログと違う動くバージョンなら、ブログとも合わせて楽しんでもらえるかなと始めました。
Instagramでは、以前からYOMEカフェを知ってくださってる方と再会できたり、おしゃべりできたり、とても感動しました。初めて知り合えたとてもお若い方々ともつながって、YOMEおばちゃん若返ってます 笑。ブログを始めたときに赤ちゃんだった娘と、Instagramでフォローし合ってつながれていることも感慨深いです。そして、赤ちゃんだった頃から娘を知ってくださってる方からのフォローなども感謝でいっぱいです」

 

——YOMEさんのレシピに出会える場が増えてうれしいです!そんなレシピを考えたり、料理をする上で大切にしていることは?

YOMEさんの低糖質お豆腐スフレチーズケーキ

http://yomecafe.blog.jp/archives/37599647.html

「家族、自分自身、食べてくれる友人の体と心が味覚と調和できるような、五味調和のお料理を目指しています。
私は自分のためだけにお料理ができなくて…。食べてくれる家族や友人がいるからこそお料理が楽しい!それなので、誰かのために食材を選び、台所に立つことが、私の料理と体を健やかにしてくれていると感じます。その恩返しを、五味調和でしたいと思っています。なかなか壮大で、まだまだ修行は続きます!」

 

——お忙しい毎日かと思いますが、お時間のない中で「味も見た目もおいしくするコツ、準備」などアドバイスをお願いします

YOMEさんの蒸し鶏

http://yomecafe.blog.jp/archives/27931071.html

「時間がないときはこれ!というレシピをいくつか持っていると気持ちがラクだと思います。私の場合は、レンチンで仕上げる『蒸し鶏』がその1つ。わー、忙しい!というときは鶏肉を買って帰ってこれを作ります」

「組み合わせる食材、調味料を色々に変えてレンチンするだけ。手放しでメイン料理ができるので、電子レンジで加熱している間に、おみそ汁やサラダを作ってできあがりです!」

***

「イライラトゲトゲした自分でお料理しても、絶対おいしいものはできないと思います。それでは食材にも申し訳ないので…。食べてくれる人、使う食材に感謝をこめて、いつもありがとうの気持ちで、まずは自分が笑顔でお料理をするようにしています」というYOMEさん。YOMEさんのブログやInstagramを読んでいてこちらも笑顔になるのは、そんな気持ちが伝ってくるからかもしれませんね。

 

YOMEさんへのQ&A

——ニックネームの由来は?

「長年友人だった夫が、私のことを結婚しても名字で呼んでいて。下の名前で呼ぶのはどうしても恥ずかしかったらしく、そのうちに『ヨメ』と呼ぶようになって、それをそのままもらいました」

——インテリアやライフスタイルなど参考にしているショップ、カフェ、雑誌、サイトなどはありますか?

「Instagramで繋がってくださっている方や、レシピブログに登録されているみなさんのページを日々わくわくしながらチェックしています。あとは、海外旅行に行ったときには、必ず本屋さんでレシピ本と一緒にインテリア雑誌も購入してうっとり眺めています」

——お料理以外で、リラックスタイムの過ごし方といえば?

「日本地図や地球儀を眺めている時間が幸せです。ヨガも始めました!初心者過ぎてまだリラックスまでは到達できていないのですが、とっても気持ちいいですよ」

——思い出の料理本を教えてください

「『村上レシピ』。村上春樹さんの小説に出てくるお料理を再現したレシピ本で、小説同様、隅から隅まで何度も読んでいます」

YOMEさん
YOMEさん

富士山と江ノ島が見える海の近くの家に、ブログではおなじみの“黒幕”こと旦那さん、娘さんと3人暮らし。 メニュープランナーYOMEちゃんとして、雑誌や料理サイトへの連載ほか、食品メーカーへのレシピ提供、企業とコラボして商品開発なども手がける。『YOMEのほったらかしパン』(宝島社)ほか著書は20冊以上。

<ブログ>
「よめ膳@YOMEカフェ」

<Instagram>
yome(@yome_ouchi)

※YOMEさんへの取材・仕事依頼はこちら

この記事のキーワード
関連記事
「インタビュー」の人気ランキング
新着記事