フライパンやホットプレートで作れちゃう!「おそとパン」が盛り上がること間違いなし♪

フライパンやホットプレートで作れちゃう!「おそとパン」が盛り上がること間違いなし♪
ブログ「おうちパンのある生活」が人気のフーディスト・吉永麻衣子さんが2021年9月に新刊『はじめてのおそとパン』を出版しました!オーブンは不要、ビニール袋やフライパンを使って簡単にパンが作れちゃう!?キャンプやベランダでパン作りを楽しむことはもちろん、初めておうちでパン作りをする方にもおすすめの一冊になっています♪楽しいアイデアをぜひチェックしてみてくださいね。
フーディストノート
フーディストノート
2021/10/27
2021/10/26
view

ブログ「おうちパンのある生活」が人気のフーディスト・吉永麻衣子さんが2021年9月にレシピ本を出版しました!

はじめてのおそとパン

おうちパン研究家の吉永麻衣子さんは、実はアウトドアが大好きで「おそとパン」も研究しているのだそう。そんな吉永さんのアイデアやノウハウが、ギュッと詰まった一冊になっています。生地作りは、シンプルな材料をビニール袋に入れてシャカシャカふるだけ!焼くのもフライパンやホットプレートなど、身近な道具でOK!キャンプやBBQ場などでのアウトドアシーンではもちろん、ベランダや、庭、公園などで、手軽にほかほかの焼きたてパンを楽しむことができますよ♪

 

本の中身を少しだけご紹介♪

フライパンやホットプレートで作れるお気軽パンから、アウトドアグッズを使った応用レシピまで♪

目次

 

道具やお手軽グッズも分かりやすく紹介されていて、初心者さんでもチャレンジしやすい内容です!

道具の説明

作り方の工程もとっても丁寧!生地作りから色々な道具での焼き方、具材の工夫まで、盛り上がるレシピが40点も紹介されています♪

ビニール袋で 作り方

ホットサンドメーカーの作り方

おそとパン

担当編集者さんに聞きました!

本書について、担当編集者である主婦の友社 近藤祥子さんにお話を伺いました。

——本書の出版に関するエピソードはありますか?

「主婦の友社ではベアーズ島田さん著書『ベアーズ島田キャンプのサボリ飯』やじゅんいちダビッドソンさん著書 『へたキャンごはん なんなら全品ベランダでも楽しめますね~!』など、コロナ状況下でキャンプ本に人気が集まっている状況でした。昨年、吉永麻衣子先生と書籍『スイッチ「ピ!」で焼きたて!炊飯器でパンとケーキができちゃった!』を準備しているころ、麻衣子先生がじゅんいちダビットソンさんの動画をご覧になっており、じゅんいちさんたちにキャンプで楽しく作れる『おそとパン』の作り方を教えてあげたーい!という話で盛り上がりました。

また、麻衣子先生におそとパン部の存在を教えてもらい、パン作りを外でも自由に楽しんでいる様子を知りました。そんな麻衣子先生と『おそとパンの本』を作り、キャンプ好きな方やアウトドアに初挑戦する方へ自分で手軽においしくパンが焼けることを広くお伝えしたいと思い、出版の実現に至りました」

——本書でこだわった部分はどこですか?

「準備や後片づけが大変でないことや、現地でみんなが無理なく楽しめることを目標にみんなが手軽にできてかんたんなこと、そして失敗しないでおいしく焼けることを徹底的に考えました。キャンプ場でみんなで楽しめるアクティビティとしてのパン作りを提案することにしました。

まずは、お庭やベランダでも焼けるように。そしてみんなが持っているふたつきフライパンとガスカセットコンロ、またはホットプレートをメインで紹介しています。生地作りはボウルなど使わず、厚手のビニール袋を使用。前日に冷蔵庫で発酵してから現地に持っていきます。現地で成形するときもビニール袋を切り開いてまな板代わりにするなど、道具も少なく後片付けもラクチンを目標にしました。材料もチューブバターやドライフルーツ、チョコ、ベーコーン、ソーセージ、缶詰など、キャンプにも持っていきやすいよう衛生的で身近なものを考えました」

——本書のおすすめポイントを、ズバリ教えてください!

「フライパンに慣れてきたら、人気のメスティンもおすすめです(100均でも買えるし、本当にふんわりおいしく焼けてびっくり!)。ホットサンドメーカーでも、生地から焼くと、外はカリカリ、中はふんわり、チーズがトロ~リなどの本当においしいパンが焼けますよ。そして、憧れの本格ダッチオーブンでのパンの焼き方も紹介するなど、幅広い方に楽しんでいただける内容になっています。

本書では夜のオトナ向きのパンも紹介しています。実はキャンプは夜が楽しいそう!オトナだけでパンをおつまみにする『パン飲み』や、夜に焚き火を囲んでみんなでしゃべりながらパンを作って食べたりコーヒーやお酒を飲んだりするのもキャンプの醍醐味ですよ♪

キャンプ上手は防災上手ということで、災害時などにも役立つように、はかりがなくてもできる「防災パン」も紹介しています。2018年に広島地域で発生した豪雨災害の際、避難所で避難生活をなさっていた方から、子どもがパンを食べたいと泣いているとSOSがきたという麻衣子先生の経験から生まれました。作り方をお教えしたことで避難所で焼きたてパンを焼くことができとても喜ばれたそうなんですよ。

防災パン

本書は『おそとパン』というタイトルですが、実は初めておうちでパン作りをする方にもおすすめなんです!ビニール袋を使ってフライパンなど身近な道具で作れるうえ、台所も手も汚れない方法なので、狭いキッチンでもOKですよ♪キャンプはまだ無理でも初めておうちでパン作りをする方にもぴったりの方法なので、ぜひ挑戦してみてくださいね」

***

作る工程はもちろん、準備から後片付けまで全てのシーンで「大変でないこと、楽しめること」を徹底して考えられた一冊なんですね。アウトドアやパン作りが初心者の方でも、気負いなくチャレンジできる内容になっていますよ。外で焼きたての熱々パンがいただけるなんて、盛り上がること間違いなし!ぜひ、本書をチェックしてみてくださいね。

プロフィール
吉永麻衣子さん
パン・料理家。おうちパンマスター代表講師。忙しいママにも毎日焼けるシンプルで簡単なスタイルのパン「おうちパン」レシピが大人気。雑誌やweb、講習会、企業へのレシピ提供など幅広く活躍。パン作りを手軽に身近なものにしてもらいたいと、吉永さんが立ち上げた「おうちパンマスター」認定制度が人気。通信講座、認定教室で受講でき、ネットワークは国内外に拡大中!著書は『グリラーでおいしい!おうちパン』(河出書房新社)、『はじめてでも失敗しない絶対おいしい!おうちパン教室』(主婦の友社)『冷蔵発酵で失敗なし! いつでも焼きたて! 冷凍作りおきパン』(扶桑社)など多数。

<ブログ>
<YouTube>

協力・画像提供:主婦の友社

この記事のキーワード
関連記事
新着記事