グリラーでお手軽に作る、秋の旨味を味わうフォカッチャ2種

グリラーでお手軽に作る、秋の旨味を味わうフォカッチャ2種
秋になると、かぼちゃやおいもなどを使ったホカホカ料理が恋しくなりますよね。今回は、時短調理の名人「グリラー」をお供に、旬の食材を使ったフォカッチャの作り方をご紹介します。パン作りなんて時間がかかりそう…と敬遠していた方もチャレンジしやすいレシピです。おうち時間の楽しみの一つとしてぜひお試しください。
アンジェ web shop
アンジェ web shop
2020/10/19
2021/10/07
view

秋が深まってきた今日この頃。スーパーや八百屋さんに並ぶ食材の顔ぶれの変化からも、季節を感じることができますよね。

今回は、秋のおいしい食材をふんだんに使った、簡単フォカッチャの作り方をご紹介します。

フォカッチャとは、ピザの原型とも言われるイタリアの平たいパンのこと。今回のレシピは、こねる時間も発酵時間も短く、焼き時間も20分ほどで仕上がるので、
パン作りに苦手意識のある人や、お子さまと一緒に作る週末ランチにもオススメです。

秋野菜のフォカッチャ&きのこのフォカッチャの作り方

【材料】

<フォカッチャ生地(グリラー2個分)の材料>
強力粉…250g
ドライイースト…4g
ぬるま湯…180cc
砂糖…大さじ1/2
オリーブオイル…大さじ1と1/2
塩…小さじ1

<秋野菜のフォカッチャの材料>
レンコン…30g
かぼちゃ…30g
紫玉ねぎ…20g
ベーコン…1枚
塩コショウ…適量
オリーブオイル…適量
酢…適量

<きのこのフォカッチャの材料>
きのこ類…合わせて50〜60g
※今回は、マッシュルーム、エリンギ、舞茸を使用。
ローズマリー…適量
粉チーズ…適量
塩コショウ…適量
オリーブオイル…適量

【作り方】

【1】ボウルに強力粉、砂糖、塩、ドライイーストを入れ混ぜ合わせます。

【2】ぬるま湯とオリーブオイルを入れ、生地がひとまとまりになるまで5分ほどこねます。

【3】ボウルにラップをかけ、生地が2倍ほどの大きさになるまで、約1時間室温に置いて発酵させます。

【4】<生地を発酵させている間に、上に乗せる具材の準備をします。>
レンコンは薄切りにし酢水につけておきます。紫玉ねぎはスライスし、かぼちゃは5mmほどの厚さにカットします。ベーコンは1cm幅にカットしておきます。マッシュルームとエリンギは薄切りに、舞茸は一口大にほぐしておきます。

【5】<オーブンを220度に予熱します。>
グリラーにクッキングシートを敷きます。その上に、二等分した生地を乗せ、手のひらを使って厚さが均一になるように伸ばします。

【6】生地の上に、具材をのせていきます。

【7】仕上げに、塩コショウをしオリーブオイルをまわしかけたら(きのこのフォカッチャには、粉チーズとローズマリーも乗せます。)、オーブンで15分から20分焼きます。

【8】おいしそうな焼き色がついたら、完成です!

焼き上がりが近づくと、キッチンに食欲をそそるきのこのいい香りが!
旬のレンコンやかぼちゃなどの野菜も、グリラーで火を通すことで旨味や甘味がグッと増しておいしく仕上がります。

上に乗せる具材は、お好きなものや冷蔵庫の残り物でもOK。シンプルにオリーブや玉ねぎだけでも、ワインに合うテーブルブレッドにぴったりです。

グリラーに乗せたまま運んでサーブすれば、ベランダやお庭でのランチにも最適。
おうち時間に、ぜひ作ってみてくださいね。

時短調理の名人「グリラー」とは?

今回ご紹介したレシピで使用した「グリラー」。
実は、あらゆるお料理に使える万能調理アイテムなんです。

オーブンで使えるのはもちろん、薄型だからガスコンロの魚焼きグリルにも入りやすく、直火も可能!
蓋をすれば、全体から食材にじっくりと熱が伝わる蒸し焼き料理、レンジを使った簡単時短料理など、「あともう1品!」というときに活躍してくれます。

そのまま食卓にサーブしてもしっくりと馴染むデザインも魅力の1つ。
お料理から後片付けまでが1つで済むから、洗い物も減って一石二鳥!

「ライトグレー」はインテリア雑貨ショップ「アンジェ web shop」のオリジナルカラー。
あたたかみを感じるこっくりカラーはこれからの季節にぴったりです。

▶ご紹介したアイテム
グリラー GRILLER

グリラー GRILLE×ウッドボードセット【送料無料】

■アンジェ web shop
北欧雑貨、うつわ、テーブルウェアから旬のギフトアイテムまで。
日々の暮らしを彩るお手伝い。

↓キッチンツール&レシピ「アンジェbyエブリデイキッチン」はこちら
https://www.angers-web.com/ekitchen

この記事のキーワード
関連記事
新着記事