筋肉料理人の絶品「鶏肉レシピ」
筋肉料理人
筋肉料理人の絶品「鶏肉レシピ」

お肉のダブル使いでコクうま!「鶏むね肉のベーコン巻き焼き鳥」

「鶏肉」の絶品レシピをご紹介いただく筋肉料理人さんのフーディストノート公式連載。今回は、「鶏むね肉のベーコン巻き焼き鳥」の作り方を教えていただきます。野菜を巻くことが多いベーコン巻きですが、鶏むね肉と組み合わせるのもおすすめなんだそうですよ。オーブントースターやフライパンで作れるので、ぜひ試してみてくださいね。
2021/09/06
2021/09/02
2,706 view

鶏むね肉のベーコン巻き焼鳥

∩・∀・)こんにちは~筋肉料理人です!

今日、ご紹介する料理は「鶏むね肉のベーコン巻き焼き鳥」です。鶏むね肉を加熱しても固くならないように下処理し、ベーコンで巻いて焼き鳥にします。

ベーコン巻きの焼き鳥では野菜を巻くことが多いですが、あっさりした鶏むね肉とベーコンも意外と相性が良く、あっさり肉+コクうま肉のコラボを楽しめます。

オーブントースターで焼きますので、自宅でも手軽に焼き鳥を楽しめますよ。

「鶏むね肉のベーコン巻き焼き鳥」レシピ

材料(2人分)

鶏むね肉…1枚(300g)
ベーコン…2枚
付け合わせのキャベツ…葉を2~3枚
一味唐辛子…お好みで

A(キャベツのたれ用)
ポン酢しょうゆ…大さじ1
2倍濃縮麺つゆ、黒酢(もしくは酢)…各大さじ1/2

B
片栗粉、日本酒…各大さじ1
しょう油、鶏がらスープの素…各小さじ1/2
おろしにんにく…小さじ1/4
黒こしょう…適宜

 

作り方

1. キャベツはザクザクと大き目の角切りにし、水にさらしてシャキッとさせたら水気を切っておきます。Aを混ぜ合わせて、キャベツのたれを作ります。

2. 鶏むね肉は皮を取り、2㎝ちょっとの角切りにし、ポリ袋に入れてBを加え、口をとじて調味料を揉みこみます。

※取り外した鶏皮は冷凍しておき、ある程度たまったら鶏皮ポン酢や鶏皮せんべいを作りましょう

鶏むね肉のベーコン巻き焼鳥

3. ベーコンは半分の長さ、幅に切って、1枚を4等分にします。

4. 下処理した鶏むね肉を24等分し、12個をベーコンで巻きます。鶏むね肉、ベーコンで巻いた鶏むね肉を交互に2個ずつ焼き鳥串で刺します。

※ベーコン巻きを刺すとき、巻き終わりが内側を向くようにしましょう。こうするとベーコンがはがれません

鶏むね肉のベーコン巻き焼鳥

鶏むね肉のベーコン巻き焼鳥

鶏むね肉のベーコン巻き焼鳥

5. オーブントースターのトレイにアルミホイルを大きめに切って敷き、周囲を立てて壁にします。4をのせ、持ち手が焦げないよう、アルミホイルをかぶせます。オーブントースターを250℃にセットして2~3分予熱し(もしくは1000w)、熱くなったら15分焼きます。

※途中、焦げすぎる時は上にアルミホイルをかぶせます

鶏むね肉のベーコン巻き焼鳥

加熱が終わったらすぐに取り出さず、5分程置いて余熱で熱をしっかり通します。皿に盛り付け、お好みで一味唐辛子をつけて頂きます。キャベツも皿に盛り、キャベツのたれをかけます。

鶏むね肉のベーコン巻き焼鳥

鶏むね肉のベーコン巻き焼鳥

「鶏むね肉のベーコン巻き焼き鳥」の完成です!

鶏むね肉は固くならないように下処理してるので、焼いてもやわらかジューシーです。

ベーコン巻きにはベーコンの旨味、塩気が入り、コクのある旨味が強くなっています。ベーコン巻きと巻いてないのを交互に刺すことで味に変化が出ますので、飽きずにおいしく食べられます。

時々、キャベツをかじって口直ししながら食べると、九州の焼き鳥屋さん気分を味わえます。キャベツのたれで食べるキャベツが実は結構いけます。キャベツは早生かグリーンボールにしてもおいしいです。多めに用意して食べると、とてもヘルシーな酒の魚になります。

オーブントースターがない時は、フライパンを弱火にして、フタをして時間をかけて蒸し焼きにするといいです。

ご自宅で「鶏むね肉のベーコン巻き焼き鳥」をお試しください。

鶏の出汁とラー油が合う!「鶏む...
市販の半分以下のコストで完成!...
この記事を書いた人
筋肉料理人
筋肉料理人

佐賀県在住の料理研究家。「どこでも手に入る材料で作れるおいしい料理」をモットーに、ブログ・YouTube等で写真や動画を使ったわかりやすいレシピを公開中。著書に『筋肉料理人の男子ゴハンレシピ』『最高の晩酌つまみ』(ともに宝島社)などがある。趣味はニックネームの由来でもある筋トレの他、バイクや熱帯魚など多岐に渡る。

<ブログ>
魚料理と簡単レシピ

<Twitter>
筋肉料理人 藤吉和男(@kinniku)

<YouTube>
筋肉料理人の簡単レシピ、魚料理

 

※筋肉料理人さんへの取材・仕事依頼はこちら

この記事のキーワード
筋肉料理人さんのこれまでの記事
関連記事