【2023年「土用の丑の日」】おいしい「うなぎ」を食べるならお取り寄せがおすすめ♪名店の味をご家庭で

【2023年「土用の丑の日」】おいしい「うなぎ」を食べるならお取り寄せがおすすめ♪名店の味をご家庭で
2023年の土用の丑の日。「今年はいつ?」と気になっている方も多いのではないでしょうか。今回は、今年の土用の丑の日の日程はもちろん、この日に食べるのにふさわしい、こだわりが詰まった「お取り寄せうなぎ」をご紹介します。
おとりよせネット
おとりよせネット
2023/07/21
2023/07/12
view

2023年の「土用の丑の日」はいつ?

2023年の「土用の丑の日」は、7月30日(日)です。 土用の丑の日は、各季節にありますが、一般的に、夏の土用を「土用の丑の日」と言われています。夏の土用は、年に1~2回あり、2回ある場合は「一の丑」「二の丑」と呼ばれます。2023年は1回のみとなっています。

「土用の丑の日」に食べたい!「お取り寄せうなぎ」おすすめ3選

「土用の丑の日」には、「う」のつく食べ物を食べると縁起が良く、暑さに負けないカラダ作りにも良いといわれています。そんな「土用の丑の日」に食べておきたいのが「うなぎ」です。 近年では、産地や製法、味や食感にこだわった「お取り寄せうなぎ」に注目が集まっているんですよ。「せっかく食べるなら、おいしいものを食べたい!」という方のためにおすすめです!

 

脂のり抜群!ふっくらやわらか、贅沢な味わいのうなぎの蒲焼き

静岡県産!うなぎ長蒲焼き -SeishoRoman- 2尾セット/通販専門店ふるさと産直村

うなぎの名産地として有名な静岡県で育てられたうなぎを使用。こだわりの製法で作ったうなぎの蒲焼きです。うなぎの生産に適した温暖な気候に恵まれて育ったうなぎは、ふっくらやわらかな食感と脂ののった贅沢な味わいが楽しめます。

また、味の決め手となる「たれ」は、添加物を使用せずに、再仕込み醤油と本みりんをベースに作られているので、おいしいうなぎをより一層ひきたててくれます。しっかりとしたギフトボックスに入っているので、贈答用にもおすすめですよ。

 

他では味わえない!一串一串備長炭でじっくり手焼きした「うなぎの塩麹焼き」

手焼きうなぎ 塩麹焼/アオラキショップ(うなぎ割烹 一愼、)

愛知県豊橋市にある「うなぎ割烹 一愼、」の熟練料理長が焼き上げる「うなぎの蒲焼き」。特に注目したいのが、味付け!うなぎの蒲焼きといえば「タレ」で味付けされているものが多いですが、こちらは「塩麹」に漬けたうなぎを焼いています。

ひとつひとつ備長炭でじっくり焼き上げたうなぎは、パリッと香ばしく、ふっくら。塩麹の旨味、塩味、甘味がうなぎのおいしさを引き立てます。付属の自家製ゆず胡椒につければ、2度うなぎのおいしさを楽しめますよ。

 

皮はパリッと香ばしく、身はふっくら!特大サイズのうなぎの蒲焼き

特大うなぎ蒲焼(185g~215g)×2本/ざこばの朝市

うなぎの漁獲高や養殖生産量共に日本一の鹿児島県や宮崎県の養鰻場で育った国産「うなぎの蒲焼」2本とたれ、山椒、お吸い物が入ったセット。ギフトボックスに入って届くので、お中元やプレゼントにもおすすめです。

1尾185g~215gの特大サイズのうなぎは、一般的なうな重(約100g)のなんと2倍!備長炭で焼くのと限りなく近い、業界初の電気ヒーターでしっかりと焼き上げているので、皮はパリパリ、身はふっくら。脂のりも良く、至福のおいしさを楽しめますよ。

いかがでしたか?今まで「土用の丑の日」当日にスーパーやお惣菜屋さんで購入していた人も、今年はちょっぴり贅沢をして「お取り寄せうなぎ」で至福の時間を過ごしてみてはいかがでしょうか?本物のうなぎの虜になってしまうかも…♪

おとりよせネットでは、他にも人気のうなぎをランキング形式でご紹介しています。ぜひチェックしてみてくださいね!

おとりよせネット
おとりよせネット
日本最大級のお取り寄せ情報サイト。日本全国のお取り寄せ品を検索できるほか、料理研究家やフードライターなど「お取り寄せの達人」による推薦コーナー、季節イベントに連動した特集コーナーなどを展開。

<公式サイト>
おとりよせネット

<記事メディア>
おいしいマルシェ

<Instagram>
おとりよせネット(@otoriyose_net)

<YouTube>
至福のお取り寄せチャンネル

お知らせ
アンケート回答でプレゼントがもらえる♪アプリダウンロードキャンペーン実施中!
この記事のキーワード
関連記事
「おとりよせネット」の人気ランキング
新着記事