筋肉料理人の絶品「鶏肉レシピ」
筋肉料理人
筋肉料理人の絶品「鶏肉レシピ」

ひんや~りなめらか!レンジで作れる「あんかけ冷やし茶碗蒸し」

「鶏肉」を使った料理が得意な筋肉料理人さんのフーディストノート公式連載。今回のレシピは、「あんかけ冷やし茶碗蒸し」です。茶碗蒸しもあんかけもどちらも冷やしているので、蒸し暑い時期のメニューにおすすめです。レンジ調理で完結できるのでぜひ作ってみてください。
2023/07/03
2023/07/06
view
汁なしでパンチのあるがっつり系...
記事一覧
切り方にコツあり!魚焼きグリル...

あんかけ冷やし茶碗蒸し

こんにちは、筋肉料理人です。

梅雨本番になり、蒸し暑い日が続いています。

今日はそんなときにおすすめの「あんかけ冷やし茶碗蒸し」をご紹介します。

冷たい茶碗蒸しを作り、それに麺つゆベースの冷たいあんをかけていただきます。茶碗蒸し、冷たいとろみあん、どちらも電子レンジで作るので、とてもお手軽!鶏肉とカニカマ、オクラを使って具だくさんに、彩りよく仕上げます。

「あんかけ冷やし茶碗蒸し」レシピ

調理時間

25分(冷ます時間を除く)

分量

4人分

材料

卵…3個

鶏もも肉…80g(皮なし)

カニカマ…4本

オクラ…4本(軽くゆでたもの)

日本酒…小さじ1

A 水…450ml

A かつお出汁の素(顆粒)…小さじ1/2

A 薄口しょうゆ…小さじ2(なければ濃口でもOK)

B 麺つゆ(2倍濃縮)…大さじ2

片栗粉…小さじ2

水…120ml

作り方

1. 鶏もも肉(皮なし)は1cm角に切り、ボウルに入れて日本酒を振ります。カニカマを1cmくらいの厚みに切ります。オクラは5mmくらいの厚みに切ります。鶏肉全量と、カニカマとオクラの半量を蒸し椀に均等に入れます。

※蒸し椀は300mlくらいの容量のものをご使用ください。なければ耐熱カップでもOKです

あんかけ冷やし茶碗蒸し

あんかけ冷やし茶碗蒸し

2 ボウルに卵を割り入れ、箸で切るようにして卵を溶きます。Aを加えて混ぜたら、1の蒸し椀に注ぎます。

※泡が浮いたら折りたたんだキッチンペーパーの端を使ってつぶしてください。料理用バーナーの炎を当てて消す方法もあります

あんかけ冷やし茶碗蒸し

3. 2の蒸し椀にラップをかぶせ、電子レンジ600Wで7分~固まるまで加熱します。

※加熱ムラを少なくするため、2分加熱したところでカップの位置を変え、さらに2分加熱してまた位置を変えます。その後、1分、1分、30秒、30秒という感じで位置を変えながら加熱し、固まったものから取り出します

※電子レンジ加熱なので、完全に固めるには軽く沸騰させることが必要です。全体が沸騰するのではなく、蒸し椀の中の一部が沸騰すれば大丈夫です。加熱しすぎると食感が落ちるので注意しましょう

あんかけ冷やし茶碗蒸し

あんかけ冷やし茶碗蒸し

あんかけ冷やし茶碗蒸し

4. 茶碗蒸しが固まったら粗熱を取り、冷蔵庫に入れて冷まします。

※急ぐときはバットに氷水を入れ、そこに蒸し椀を浮かべて冷ますといいです

5. とろみあんを作ります。耐熱ボウルにBを入れて混ぜ、電子レンジ600Wで30秒加熱して混ぜます。これを5回繰り返します。加熱が終わったら、大きなボウルに氷水を入れ、そこに耐熱ボウルを浮かべて冷まします。

※片栗粉は沈殿するので混ぜたらすぐに加熱し、30秒ごとに混ぜて再加熱することでなめらかなとろみを付けます

あんかけ冷やし茶碗蒸し

あんかけ冷やし茶碗蒸し

あんかけ冷やし茶碗蒸し

6. 仕上げです。残しておいたカニカマとオクラの半量を完成した茶碗蒸しにのせます。

※茶碗蒸しにカニカマとオクラをのせてから、冷たいあんをかけることで具だくさんにします

あんかけ冷やし茶碗蒸し

7. 冷たいとろみあんをかけてできあがりです。

あんかけ冷やし茶碗蒸し

あんかけ冷やし茶碗蒸し

あんかけ冷やし茶碗蒸し

「あんかけ冷やし茶碗蒸し」の完成です!

電子レンジで作った茶碗蒸しなので、完全に固めようとするとすが立ちます。そのまま食べると多少気になりますが、とろみあんをかけることで口当たりがなめかになり、気になりにくいです。

冷たいので、やわらかいカスタードプリンを思わせる食感で、蒸し暑い梅雨を忘れるおいしさになりました。卵+具だくさんで栄養たっぷり!食慾がなくてもおいしく食べられます。ぜひお試しください!

汁なしでパンチのあるがっつり系...
記事一覧
切り方にコツあり!魚焼きグリル...
お知らせ
アンケート回答でプレゼントがもらえる♪アプリダウンロードキャンペーン実施中!
関連記事
筋肉料理人さんのこれまでの記事
この記事のキーワード
筋肉料理人さんのプロフィール
筋肉料理人

佐賀県在住の料理研究家。「どこでも手に入る材料で作れるおいしい料理」をモットーに、ブログ・YouTube等で写真や動画を使ったわかりやすいレシピを公開中。著書に『筋肉料理人の男子ゴハンレシピ』『最高の晩酌つまみ』(ともに宝島社)などがある。趣味はニックネームの由来でもある筋トレの他、バイクや熱帯魚など多岐に渡る。

 

<ブログ>
魚料理と簡単レシピ

 

<YouTube>
筋肉料理人の簡単レシピ、魚料理

 

<Instagram>
Kazuo Fujiyoshi(@kinnikuryourinin)

 

<X(旧Twitter)>
筋肉料理人 藤吉和男(@kinniku)

 

※筋肉料理人さんへの取材・仕事依頼はこちら