筋肉料理人の家呑みレシピと時々、アウトドア
筋肉料理人
筋肉料理人の家呑みレシピと時々、アウトドア

水晶鶏の梅肉和え

筋肉料理人さんの公式連載です。おうち飲みにぴったりな、ビールや日本酒にあう簡単おつまみレシピをご紹介します。今回は「水晶鶏の梅肉和え」です。
2020/06/07
2020/06/07
view
麻婆豆腐焼きそば
記事一覧
白マーボーナス

鶏むね肉水晶鶏梅肉和え011.jpg

∩・∀・)こんにちは~筋肉料理人です!

きょうの料理は水晶鶏の梅肉和えです。鶏むね肉を一口大に切ってたたき、片栗粉と日本酒、下味を揉み込み、茹でて冷ましたものが水晶鶏。鶏むね肉に揉み込んだ片栗粉が透明の膜になり、キラキラ光るさまが水晶のようなので水晶鶏。私のレシピの水晶鶏はそのまま食べても美味しく、わさびしょう油で食べるとご飯がいけます。今回は梅肉と和えました。

水晶鶏の梅肉和え

材料2~3人分

鶏むね肉 1枚(300g)

削り節 小パック1

梅肉(チューブ) 大さじ1

刻みねぎ 適宜

A

片栗粉 大さじ2

日本酒 大さじ1と2/3

しょう油 小さじ1

鶏ガラスープの素 小さじ1/2

おろししょうが 小さじ1/4

作り方

1)鶏むね肉は皮を取り、1cm弱の厚みの一口大に切ります。切ったらまな板に並べ、麺棒などで肉の繊維が軽く潰れるくらいに叩きます。これをポリ袋に入れ、Aを加えて揉みます。

鶏むね肉水晶鶏梅肉和え033.jpg

鶏むね肉水晶鶏梅肉和え034.jpg

2)鍋に1リットル位の湯を沸かします。1)の鶏むね肉を1枚づつ広げていれ、10分ほど鍋底から細かい泡が出るくらいの火加減で煮ます。10分煮たら、鶏むね肉が漬かるくらいの湯を残して湯を捨てます。

鶏むね肉水晶鶏梅肉和え039.jpg

鶏むね肉水晶鶏梅肉和え040.jpg

大きなボウルに氷水を用意し、鍋を浮かべて冷まします。※鶏むね肉を湯に漬けて冷ますことで、流れ出た旨味が鶏むね肉に戻ります。流水にさらしてもいいのですが、こうしたほうが美味しくなります。

鶏むね肉水晶鶏梅肉和え042.jpg

鶏むね肉水晶鶏梅肉和え043.jpg

完全に冷めたらザルに上げて水気を切ります。

鶏むね肉水晶鶏梅肉和え044.jpg

3)削り節を耐熱ボウルに入れ、電子レンジ600wで10秒単位で3回加熱します。※こうすることで水分を抜き、削り節を粉にしやすくします。

鶏むね肉水晶鶏梅肉和え047.jpg

水気を切った水晶鶏をボウルに入れます。電子レンジ加熱した削り節をザルに入れ、手で揉むと粉状になります。これを水晶鶏に絡めます。梅肉を加えて和えたら皿に盛りましょう。

鶏むね肉水晶鶏梅肉和え051.jpg

鶏むね肉水晶鶏梅肉和え052.jpg

刻みねぎを天盛りして出来上がりです。

鶏むね肉水晶鶏梅肉和え018.jpg

鶏むね肉水晶鶏梅肉和え011.jpg

鶏むね肉水晶鶏梅肉和え020.jpg

水晶鶏の梅肉和えの完成です!つるりと滑らかな水晶鶏はしっとりしていてジューシー、そして柔らか。煮汁につけて冷ますので旨味もしっかりしています。これに梅肉と削り節をまぶすので、爽やかな酸味と旨みが入ってより美味しい。さっぱりしていて旨味があるので、これからの季節におすすめの料理です。

麻婆豆腐焼きそば
記事一覧
白マーボーナス
筋肉料理人さんのこれまでの記事
この記事のキーワード
この記事を書いた人
筋肉料理人
筋肉料理人

佐賀県在住の料理研究家。「どこでも手に入る材料で作れるおいしい料理」をモットーに、ブログ・YouTube等で写真や動画を使ったわかりやすいレシピを公開中。著書に『筋肉料理人の男子ゴハンレシピ』『最高の晩酌つまみ』(ともに宝島社)などがある。趣味はニックネームの由来でもある筋トレの他、バイクや熱帯魚など多岐に渡る。

 

<ブログ>
魚料理と簡単レシピ

<Twitter>
筋肉料理人 藤吉和男(@kinniku)

<YouTube>
筋肉料理人の簡単レシピ、魚料理

 

※筋肉料理人さんへの取材・仕事依頼はこちら