筋肉料理人の家呑みレシピと時々、アウトドア
筋肉料理人
筋肉料理人の家呑みレシピと時々、アウトドア

鶏むね肉の柔らか照り焼き

筋肉料理人さんの公式連載です。おうち飲みにぴったりな、ビールや日本酒にあう簡単おつまみレシピをご紹介します。今回は「鶏むね肉の柔らか照り焼き」です。
2020/04/19
2020/04/19
view
チキンレッグの甘酢照り焼き
記事一覧
手羽元で簡単タンドリーチキン、...

鶏むね肉の柔らか照り焼き002.jpg

∩・∀・)こんにちは~筋肉料理人です!

きょうの料理は鶏むね肉の柔らか照り焼きです。鶏むね肉をブロックのまま、ぽん酢タレに漬け込み、それを電子レンジ加熱して熱を通し、フライパンで焼き目をつけた後に照り焼きのタレを絡めます。鶏むね肉をブロックのまま料理するので、鶏むね肉が柔らかジューシー、そして加熱不足の心配なく、誰にでも美味しく作れます。

肉は細かく切れば切るほど、焼いたときに固くなりやすいです。鶏むね肉は脂が少なく、ただでさえ固くなりやすいので、できれば切らずにブロックのまま焼くのがいいです。ですが、ブロックのまま焼いても加熱しすぎると、やはり固くなります。頃合いに焼こうとすると肉が分厚いので加熱不足が心配。今日のレシピはそんな心配がいらず、誰でも簡単に美味しい鶏の照り焼きが作れるレシピです。

鶏むね肉の柔らか照り焼き

材料2~3人分

鶏むね肉 1枚(300g)

トマト、玉ねぎ、パセリ 適宜

サラダ油 小さじ1

A

ぽん酢しょう油、日本酒 各大さじ1

鶏がらスープの素 小さじ1/2

おろしにんにく 小さじ1/4

黒こしょう 小さじ1/4

B

しょう油、みりん 各大さじ2

砂糖 大さじ1

鶏むね肉の肉汁※ 適宜

作り方

1)鶏むね肉はフォークで全体を刺して穴だらけにし、ポリ袋に入れたらAを加え、室温で15分漬け込みます。

鶏むね肉の柔らか照り焼き018.jpg

鶏むね肉の柔らか照り焼き023.jpg

2)漬け込んだ鶏むね肉を耐熱皿(電子レンジにかけられる皿)にのせてラップを掛けます。電子レンジ600wで5分加熱します。2分30秒加熱したところで肉を返し、加熱ムラを防ぎます。

鶏むね肉の柔らか照り焼き026.jpg

3)加熱が終わると耐熱皿に肉汁が出ています。この肉汁をBと混ぜておきましょう。※タレに肉汁の旨味を入れます。

鶏むね肉の柔らか照り焼き034.jpg

4)フライパンにサラダ油を入れ、強めの中火にかけます。2)の鶏むね肉の皮がついておる方を下にして入れ、皮に焼き目がつくまで焼きましょう。

鶏むね肉の柔らか照り焼き037.jpg

焼き目は皮がついている方だけにつけばいいです。焼き目がついたら、フライパンの脂をキッチンペーパーで拭き取ります。

鶏むね肉の柔らか照り焼き041.jpg

脂を拭き取ったら、3)のタレを加えます。強火でタレを鶏むね肉になじませます。

鶏むね肉の柔らか照り焼き042.jpg

鶏むね肉の柔らか照り焼き047.jpg

鶏むね肉を返しながらタレを沸騰させ、完全に沸騰したら鶏むね肉を取り出します。お好みの厚みに切って皿に盛り付けます。トマトと玉ねぎ、パセリも添えておきます。

鶏むね肉の柔らか照り焼き050.jpg

フライパンに残ったタレを強火にかけ、とろみが付くまで加熱し、鶏むね肉にかけます。

鶏むね肉の柔らか照り焼き052.jpg

鶏むね肉の柔らか照り焼き055.jpg

鶏むね肉の柔らか照り焼きの完成です!

鶏むね肉の柔らか照り焼き001.jpg

鶏むね肉の柔らか照り焼き011.jpg

ぽん酢タレに漬け込み、フライパンで焼き目をつけ、照り焼きタレを絡めた鶏むね肉は柔らかジューシーで美味しいです!普通に加熱すると固くなる鶏むね肉が、本当に柔らかジューシーになっています。なぜにこんなに柔らかジューシーなのか?鶏むね肉をブロックのままぽん酢タレに漬け込むので、タレの酸味でタンパク質の結合が柔らかくなるのと、塊のまま加熱するから、肉汁が流れ出にくいからです。画期的に柔らかジューシーにできるので、是非、お試しください。

チキンレッグの甘酢照り焼き
記事一覧
手羽元で簡単タンドリーチキン、...
筋肉料理人さんのこれまでの記事
この記事のキーワード
この記事を書いた人
筋肉料理人
筋肉料理人

佐賀県在住の料理研究家。「どこでも手に入る材料で作れるおいしい料理」をモットーに、ブログ・YouTube等で写真や動画を使ったわかりやすいレシピを公開中。著書に『筋肉料理人の男子ゴハンレシピ』『最高の晩酌つまみ』(ともに宝島社)などがある。趣味はニックネームの由来でもある筋トレの他、バイクや熱帯魚など多岐に渡る。

 

<ブログ>
魚料理と簡単レシピ

<Twitter>
筋肉料理人 藤吉和男(@kinniku)

<YouTube>
筋肉料理人の簡単レシピ、魚料理

 

※筋肉料理人さんへの取材・仕事依頼はこちら