筋肉料理人の家呑みレシピと時々、アウトドア
筋肉料理人
筋肉料理人の家呑みレシピと時々、アウトドア

サバ缶と長芋の照り焼き

筋肉料理人さんの公式連載です。おうち飲みにぴったりな、ビールや日本酒にあう簡単おつまみレシピをご紹介します。今回は「サバ缶と長芋の照り焼き」です。
2020/04/05
2020/04/05
view
鯛と新玉ねぎの中華風海鮮サラダ
記事一覧
チキンレッグの甘酢照り焼き

サバ缶と長芋のフライパン焼き007.jpg

∩・∀・)こんにちは~筋肉料理人です!

きょうの料理はサバ缶と長芋の照り焼きです。サバのしょう油煮缶詰と、フライパンで焼き目をつけた長芋を甘辛いタレで照り焼きにします。サバ缶は煮汁ごと使うので長芋に旨味が入り、香り付けの入れたにんにく、長ねぎの香りで美味しい酒のつまみになります。

サバ缶と長芋のフライパン焼き026.jpg

長芋を使った料理、はすりおろして、とろろにするか、拍子木に切って酢の物にするか?そんな感じなんですが、長芋はそのシャキシャキとした食感、アクの少なさから、焼いても美味しいです。例えば輪切りにした長芋を炭火で焼き、しょう油をかけて食べると、それだけでも美味しいです。家庭で炭火ってのも大変ですので、今日はフライパンで焼いてサバ缶と合わせます。

サバ缶と長芋の照り焼き

材料2人分

サバしょう油煮缶詰 1缶(内容量150g)

長芋 160g

長ねぎ 1/2本

長ねぎの葉 5cm

にんにく 1/2かけ

タカノツメ 1/2本

ごま油 大さじ1/2

A

しょう油、ミリン、日本酒 各小さじ2

作り方

1)長芋はピーラーで皮をむき、縦半分に切ってから、1cmちょっとの厚みの半月切りにします。

サバ缶と長芋のフライパン焼き034.jpg

サバ缶と長芋のフライパン焼き035.jpg

サバ缶と長芋のフライパン焼き036.jpg

長ねぎは斜めに5ミリ位の厚みに切り、にんにくはみじん切りにしておきます。長ねぎの葉も刻みます。

2)Aを混ぜ合わせ、タカノツメをキッチンハサミで細かい小口切りにして混ぜておきます。

サバ缶と長芋のフライパン焼き028.jpg

3)フライパンにごま油を入れて中火にかけ、長芋を入れて焼きます。片面に焼き色を付け、反対側にも焼き色を付けます。

サバ缶と長芋のフライパン焼き041.jpg

両面に焼き色がついたら、にんにく、長ねぎをフライパンの空いた部分に入れて焼きます。

サバ缶と長芋のフライパン焼き046.jpg

にんにくの香りがしてきたら、サバ缶を煮汁ごと加え、2)のタレを入れます。

サバ缶と長芋のフライパン焼き048.jpg

サバ缶と長芋のフライパン焼き050.jpg

長ねぎの葉を加えて炒めます。

サバ缶と長芋のフライパン焼き052.jpg

タレが長芋に絡んだら出来上がりです。

サバ缶と長芋のフライパン焼き001.jpg

サバ缶と長芋のフライパン焼き007.jpg

サバ缶と長芋の照り焼きの完成です!長芋は焼き目が付き、にんにく風味の照り焼きタレが絡んで美味しいです。焼き目をつけた長芋は、芯の方にシャキッとした食感を残しているので歯ごたえがよく、美味いなあと思わせます。サバ缶は煮汁ごと入れてるので、サバの出汁が染みてるのも旨さのキモです。サバ缶と長芋、かなり美味しいのでお試しください。

鯛と新玉ねぎの中華風海鮮サラダ
記事一覧
チキンレッグの甘酢照り焼き
筋肉料理人さんのこれまでの記事
この記事のキーワード
この記事を書いた人
筋肉料理人
筋肉料理人

佐賀県在住の料理研究家。「どこでも手に入る材料で作れるおいしい料理」をモットーに、ブログ・YouTube等で写真や動画を使ったわかりやすいレシピを公開中。著書に『筋肉料理人の男子ゴハンレシピ』『最高の晩酌つまみ』(ともに宝島社)などがある。趣味はニックネームの由来でもある筋トレの他、バイクや熱帯魚など多岐に渡る。

 

<ブログ>
魚料理と簡単レシピ

<Twitter>
筋肉料理人 藤吉和男(@kinniku)

<YouTube>
筋肉料理人の簡単レシピ、魚料理

 

※筋肉料理人さんへの取材・仕事依頼はこちら