筋肉料理人の家呑みレシピと時々、アウトドア
筋肉料理人
筋肉料理人の家呑みレシピと時々、アウトドア

鶏とカブの豆乳グラタン

筋肉料理人さんの公式連載です。おうち飲みにぴったりな、ビールや日本酒にあう簡単おつまみレシピをご紹介します。今回は「鶏とカブの豆乳グラタン」です。
2014/12/08
2014/12/08
view
イカのマリネ 、 築城基地航空...
記事一覧
焼きパプリカのマリネ、鳥栖イル...

鶏とカブの豆乳グラタン18.jpg


こんにちは~筋肉料理人です!

12月に入り、忘年会シーズンになりましたね~私は土曜日がバイクのクラブの忘年会で、久々に?楽しいお酒を飲んできました。

このブログでもよく登場するバイクなんですが、私、学生の頃からバイクに乗ってて、モトクロスとか好きでレースにも出ていたんですよ。初めてレースに出たのは18歳の頃だったと思います。それ以来、30歳位まで一生懸命やってたので(成績はイマイチですが)、その頃の友達と酒を飲むと、昔話に花が咲いちゃうんですよね~年寄りの昔話は若い人に嫌われるので、素面の時はしないようにしているんですが、友人が集まって飲んじゃうと、「それ何回目?」ってな感じで同じ話をしています。先日の忘年会は嫁さんと子供も同席したんですが、奥さんたち、子どもたちも「それ何回も聞いた」って言うけど、同じ話をしちゃう。こうやって年取っていくんだなあと、しみじみ思いましたね。ですが、幸いにして私達の仲間内では病気の話は出ないのが、まだ、恵まれてるとこでしょう。同級生で大病したって話も良く聞くので、運がいいんでしょうね。

今週は週半ばに義理の親父さんの七回忌、日曜日に甥っ子の結婚式なんです。調子に乗って飲み過ぎないようにせねば・・・

って事で、今日は酒のツマミにもなる、旬の食材、カブを使ったグラタンレシピです。

鶏とカブの豆乳グラタン

材料2人分

鶏もも肉     100g

カブ        200g

玉ねぎ       1/2個

ショートパスタ   60g

ピザ用チーズ   60g

塩、こしょう    適宜

オリーブ油     小さじ2

刻みパセリ     適宜

A

豆乳         200ml

水           50ml

固形コンソメ     1/2個

米粉          大さじ1

作り方

1)鶏もも肉は小さめの一口大に切って塩、コショウをふっておきます。

2)カブは縦方向に切ってくし切りにします。厚みのある部分を1cm位に切って、皮をむきます。

鶏とカブの豆乳グラタン27.jpg


玉ねぎは薄切りにしておきます。

3)Aを混ぜあわせます。固形コンソメは包丁で刻んでから混ぜて下さい。

4)鍋にたっぷりの湯を沸かし、塩少々を入れてショートパスタを規定時間茹でます。

5)ショートパスタを茹でてる間に具材を焼きます。

フライパンにオリーブ油小さじ1を入れて中火と弱火の中間くらいの火力で、カブを焼きます。塩とコショウを軽くふりかけ、焼き目がついて柔らかくなるまで焼きます。爪楊枝がすっと刺さるようになったら、一旦取り出します。

6)同じフライパンにオリーブ油小さじ1を足し、鶏もも肉を焼きます。表面の色が変わってきたら玉ねぎを加えて炒め、玉ねぎが薄茶色になるまで炒めます。

7))玉ねぎが薄茶色になったら、カブをもどし入れ、茹で上がったショートパスタの湯を切って加えます。ここにA)を混ぜながら加えましょう。混ぜながら加熱し、とろみが付いたら火を消します。味見をして塩とコショウで薄めの味に調えます。

8)グラタン皿にオリーブ油を薄く塗り、7)を入れ、上にピザ用チーズを散らします。オーブントースターで焼き目がつくまで焼いたら取出し、刻みパセリをちらして完成です。

鶏とカブの豆乳グラタン07.jpg


鶏とカブの豆乳グラタン19.jpg


カブは熱が通りやすい野菜なので、塩コショウをして焼くだけで下ごしらえになります。煮ると柔らかくなり過ぎやすいですが、焼けば食感とカブの風味が濃厚に残ります。タバスコをふってピリ辛にすれば、ワイン片手に食べるのにいいですよ~


下の動画は以前作ったタラのマカロニグラタンです。こちらの動画ではホワイトソースを電子レンジで作っています。






イカのマリネ 、 築城基地航空...
記事一覧
焼きパプリカのマリネ、鳥栖イル...
筋肉料理人さんのこれまでの記事
この記事のキーワード
この記事を書いた人
筋肉料理人
筋肉料理人

佐賀県在住の料理研究家。「どこでも手に入る材料で作れるおいしい料理」をモットーに、ブログ・YouTube等で写真や動画を使ったわかりやすいレシピを公開中。著書に『筋肉料理人の男子ゴハンレシピ』『最高の晩酌つまみ』(ともに宝島社)などがある。趣味はニックネームの由来でもある筋トレの他、バイクや熱帯魚など多岐に渡る。

 

<ブログ>
魚料理と簡単レシピ

<Twitter>
筋肉料理人 藤吉和男(@kinniku)

<YouTube>
筋肉料理人の簡単レシピ、魚料理

 

※筋肉料理人さんへの取材・仕事依頼はこちら