節約アドバイザー・真由美さんの神ワザ★ストックおかず
武田真由美
節約アドバイザー・真由美さんの神ワザ★ストックおかず

にんじん嫌いさんも大満足!「にんじんと豚こまのこくウマ炒め」

ストックおかずの達人・武田真由美さんのフーディストノート公式連載。今回は、にんじん嫌いだったダンナさんがモリモリ食べたというという「にんじんと豚こまのこくウマ炒め」をご紹介いただきます。身近ににんじん嫌いの方がいたら、ぜひトライしてみてくださいね!
2021/07/09
2021/07/30
5,180 view

にんじんと豚こまのこくウマ炒めこんにちは!「神ワザ★ストックおかず」の連載をしている節約アドバイザーの武田真由美です。いつも読んでいただき、ありがとうございます。

今回ご紹介するストックおかずは、「にんじんと豚こまのこくウマ炒め」です。

みなさん、にんじんは得意ですか?

お子さんから「にんじん、あまり好きじゃない」なんて言われたという声を聞くことが良くありますが、実は、わが家も同じで、ダンナさんはあまり野菜が得意ではありませんでした。

中でも、にんじんは特に苦手だったようで、少量使い・小さく細く切ることで、少しずつ食べられるようになっていきました。

そんなダンナさんが、「これは好き!」とバクバク食べたにんじんおかずがあるんです!

使う食材はにんじんと豚こま切れ肉と、いたってシンプル。調理時間も10分程度と短く、材料費は1人あたり50円(底値計算)なので、忙しい時や節約したいときにも大助かりですよ。

10分50円の、ダンナさんもモリモリ食べたにんじんの節約おかず、ぜひ作ってみてくださいね♪

「にんじんと豚こまのこくウマ炒め」レシピ

材料:2人分

・にんじん…1本
・豚こま切れ肉…50g
・青ねぎ(または万能ねぎ)…1本

A
・しょうゆ・酒・砂糖…各大さじ1
・ごま油…小さじ1

作り方

1. ねぎは5mm幅程度に小さく切る。にんじんは千切りにする。豚肉は包丁でたたいて、細かく切る。
にんじんと豚こまのこくウマ炒め※パックに入った刻みねぎを使っても大丈夫です
にんじんと豚こまのこくウマ炒め※にんじんの千切りは、スライサーを使うことで時短できます
にんじんと豚こまのこくウマ炒め

2. フライパンにごま油を熱し、にんじんを炒める。しんなりし始めたら、豚肉を加えて炒める。
にんじんと豚こまのこくウマ炒め3. 豚肉に火が通ってきたら、Aとねぎを加え、しっかりと汁気を飛ばしながら炒める。
にんじんと豚こまのこくウマ炒め

にんじんと豚こまのこくウマ炒め

ごはんの上にのせて、丼にしてもおいしくいただけますし、お弁当の隙間を埋めるおかずとしてもぴったりです。
にんじんと豚こまのこくウマ炒め
仕上げに、刻みねぎを追加でトッピングしてもおいしいです。

「にんじんと豚こまのこくウマ炒め」の保存ポイント

・汁気をしっかりと飛ばしながら、火を通します
・日持ちするように、味付けは濃いめに仕上げています

「にんじんと豚こまのこくウマ炒め」の保存期間の目安

・冷蔵保存:3日程度(熱を取り、保存容器に入れましょう)
・冷凍保存:2週間程度(熱を取り、ラップで1回分ずつ小分けに包みましょう)

にんじんと豚こまのこくウマ炒め

にんじんの保存ポイント

にんじんと豚こまのこくウマ炒め
・千切りにして、しっかりと水気をペーパーで拭き取ります。ジッパー付きの保存袋に、薄く平らになるように広げて入れ、冷凍します。使うときは、袋の上から手でほぐして、必要な分を取り出します

・調理するときは、凍ったまま加熱調理します

このとき使うキッチンペーパーは、できれば吸水性の良いものを使いましょう。

「吸水性はイマイチだけど、お値段がステキなの」って思うかもしれませんが、吸水性がイマイチだとキッチンペーパーを何枚も使ってしまいます(破れやすいことも…)。吸水性が良いものだと1枚で済む場合もあるので、お得ですよ。

にんじんの保存期間の目安

・冷凍保存:2週間程度にんじんと豚こまのこくウマ炒め

にんじんは、使い切らずに余っちゃった…というときがありますが、そんなときは、早めに冷凍保存するのが食費節約のコツです。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

次回は来週の金曜日更新予定です。
楽しみにしていただけると嬉しいです♪

フライパンひとつで楽ちん!甘辛...
フライパンひとつで手軽に作る!...
この記事を書いた人
武田真由美
武田真由美

徳島県在住。夫と2人暮らし。数々の節約術が多くの主婦から絶大な支持を受け、節約アドバイザーとして、家計の見直し・節約料理などの講師、節約記事の執筆、節約料理のレシピ開発、テレビ出演等で活躍中。『節約女王の10分100円で作れるおかずとお弁当』、『節約女王のお金が貯まる冷蔵庫 』(ともに「主婦と生活社」)など著書多数。

 

<ブログ>
真由美さんの1週間2500円節約レシピ

<Instagram>
武田真由美/節約料理(@mayumi.takeda_kitchen)

 

※武田真由美さんへの取材・仕事依頼はこちら

この記事のキーワード
武田真由美さんのこれまでの記事
関連記事