節約アドバイザー・武田真由美の神ワザストックおかず
武田真由美
節約アドバイザー・武田真由美の神ワザストックおかず

おうちで作るバレンタインレシピ「豚こまと玉ねぎのトマト煮込み」

あると便利なストックおかずを節約アドバイザー・武田真由美さんにご紹介いただくフーディストノート公式連載。今回のレシピは、赤ワインを使ってリッチな味わいに仕上げた「豚こまと玉ねぎのトマト煮込み」です。バレンタインのおうちディナーのメニュー候補にしてみてはいかがですか♪
2023/02/10
2023/02/17
view
少量のかつおぶしでおいしさアッ...
記事一覧
ほったらかし調理で簡単なのに美...

豚こまと玉ねぎのトマト煮込み

こんにちは!「神ワザストックおかず」の連載をしている節約アドバイザーの武田真由美です。いつも読んでいただき、ありがとうございます。

毎年「バレンタインどうしよう?」と考えます。

みなさんはいかがですか?なにかプレゼントを用意しますか?それとも、リッチな外食とか?

わが家はですね、結婚24年目の中年夫婦ともなると、至って普通の日常になりつつあります。これでも、若い頃は、ウキウキしたんですけどね。

ですが、「バレンタインっぽく、すてきな夕食で日頃の感謝を伝えたいな」という気持ちはちゃんとあるので、プチリッチな食卓を心がけています。

そんなバレンタインの食卓を彩るメニューに、今回ご紹介するストックおかず「豚こまと玉ねぎのトマト煮込み」はいかがですか。

バレンタインメニューなので、赤ワインを使って、リッチな味わいに仕上げました。

今回は豚肉を使っていますが、牛肉に代えても大丈夫です。

玉ねぎの甘みがあふれるトマト煮込み、ご飯だけでなく、パスタにもよく合います。

では、作り方です。

「豚こまと玉ねぎのトマト煮込み」レシピ

豚こまと玉ねぎのトマト煮込み

調理時間

30分

分量

3~4人分

材料

・豚こまぎれ肉…280g

・玉ねぎ…2個

・にんにく…1かけ

・しいたけ…2枚

・A トマト水煮(あらごしタイプ)…1パック分(388g入りを使用)

・A 顆粒コンソメ…大さじ2

・A きび砂糖…小さじ2

・A 赤ワイン…1カップ

・A 塩こしょう…各少々

・バター…20g程度

・オリーブ油…大さじ1

・トッピング用 乾燥パセリ…お好みで適量

作り方

1. 玉ねぎ・しいたけは薄く切り、にんにくはすりおろす。耐熱皿に玉ねぎを入れ、ラップをかけて電子レンジ(600W)で5分加熱する。

豚こまと玉ねぎのトマト煮込み

2. フライパンにオリーブ油を入れて熱し、1の玉ねぎを中火で3分ほど炒める。豚肉・しいたけ・にんにく・バターを加え、肉に火が通るまで中火で5分程度炒める。

3. Aを加えてひと煮立ちさせ、弱めの中火~弱火で15分ほど煮る。

豚こまと玉ねぎのトマト煮込み

豚こまと玉ねぎのトマト煮込み

完成したらご飯をよそった器に盛り付け、お好みで乾燥パセリをトッピングします。

豚こまと玉ねぎのトマト煮込み

マッシュルームを使うと高くなるので、しいたけで代用しました。

しいたけの旨味がおいしさを引き立ててくれます。

「豚こまと玉ねぎのトマト煮込み」の保存ポイント

豚こまと玉ねぎのトマト煮込み

・しっかり火を通しましょう

・粗熱を取り、冷蔵の場合は密閉容器に、冷凍の場合はジッパー付きの保存袋に入れて保存しましょう

「豚こまと玉ねぎのトマト煮込み」の保存期間の目安

・冷蔵保存:3日程度

・冷凍保存:2週間程度

玉ねぎの保存ポイント

豚こまと玉ねぎのトマト煮込み

・薄く切って、ジッパー付き保存袋に入れて冷凍保存します。使うときは、袋の上から手でほぐし、必要な分を取り出します

豚こまと玉ねぎのトマト煮込み

玉ねぎの保存期間の目安

・冷凍保存:2週間程度

豚こまと玉ねぎのトマト煮込み

赤ワインとトマトの水煮で煮込む、ぜいたくな味わい。バレンタインレシピにいかがですか。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

次回は来週の金曜日更新予定です。

楽しみにしていただけるとうれしいです♪

少量のかつおぶしでおいしさアッ...
記事一覧
ほったらかし調理で簡単なのに美...
お知らせ
アンケート回答でプレゼントがもらえる♪アプリダウンロードキャンペーン実施中!
関連記事
武田真由美さんのこれまでの記事
この記事のキーワード
武田真由美さんのプロフィール
武田真由美

徳島県在住。夫と2人暮らし。数々の節約術が多くの主婦から絶大な支持を受け、節約アドバイザーとして、家計の見直し・節約料理などの講師、節約記事の執筆、節約料理のレシピ開発、テレビ出演等で活躍中。『節約女王の10分100円で作れるおかずとお弁当』、『節約女王のお金が貯まる冷蔵庫 』(ともに「主婦と生活社」)など著書多数。

 

<ブログ>
真由美さんの1週間2500円節約レシピ

<Instagram>
武田真由美/節約料理(@mayumi.takeda_kitchen)

 

※武田真由美さんへの取材・仕事依頼はこちら