Yuuの愛情たっぷり♪男子が喜ぶモテレシピ
Yuu
Yuuの愛情たっぷり♪男子が喜ぶモテレシピ

失敗しない煮物の基本テクニック♪「鶏肉と大根のコッテリ甘辛煮」

彼や旦那さまの胃袋を満たす、愛情たっぷりのモテレシピをご紹介。livedoor公式ブロガーとして活躍するYuuさんのフーディストノート公式連載です。今回は、失敗しない煮物の基本テクニック♪「鶏肉と大根のコッテリ甘辛煮」です。
2017/02/24
2022/10/06
view
特売のお肉は○○でやわらかく♪「...
記事一覧
胃腸が疲れた時にも♪居酒屋さん...

IMG_7803.JPG

こんにちは♪料理研究家のYuuです♪

本日のレシピは、またまた大根を使ったホッコリ煮物。

今回は、鶏肉と合わせて、甘辛く煮てみました。

これは、もう危険です!!ご飯もお酒もすすむ!すすむ!

大根もトロントロンで味しみ抜群!

ちなみに、今回のレシピでは、煮物の基本的なテクニックもご紹介しておりますので、しっかりチェックしてマスターしてみてくださいね♪

これで、今日からあなたも煮物上手♡


それでは、今回のレシピのポイントを3つご紹介します♪

①大根は、格子状の隠し包丁を入れる!(大根が分厚い場合は、隠し包丁を入れることで、中まで味がよく染みます。)

②鶏肉と大根は焼いてから煮る!(焼くことで香ばしさがプラスされ、鶏肉は表面を焼き固めることで、旨味が流れ出るのを防ぎます。)

③調味料を入れるタイミングは、大根が柔らかくなってから!(大根が煮えてないうちに調味料を入れてしまうと、固くなったり味が染み込まなかったりします。※“醤油は材料を固くする!”と覚えてください♪)

“なぜ”が分かると、お料理は、もっともっと楽しくなりますよ♪

 

IMG_7801.JPG

「鶏肉と大根のコッテリ甘辛煮」レシピ

調理時間

40分

分量

2人分

保存期間

冷蔵保存 3〜4日

 

材料

⚫︎ 鶏もも肉・・・1枚(300g)
⚫︎ 大根・・・1/2本(500g)
⚫︎ 菜種油・・・大さじ2
A だし汁・・・1cup
A 酒・・・大さじ3
A しょうが(薄切り)・・・1/2片
B しょうゆ、みりん・・・各大さじ2
B 砂糖・・・大さじ1

作り方

①鶏もも肉は、3〜4cm四方に切っておく。
IMG_6696.jpg











②大根は、2cm厚さの輪切りにし、両面とも格子状の隠し包丁を入れておく。
IMG_6692.jpg











③フライパンに菜種油を強めの中火で熱し、②を並べ、両面3〜4分ずつ焼いて、一旦取り出す。
IMG_6694.jpg











④同じフライパンに鶏もも肉を皮面から入れ、両面2分ずつ焼く。
IMG_6698.jpg











⑤フライパンに大根を戻し入れ、Aを加える。ひと煮立ちしたら弱火にし、蓋をして15〜18分ほど煮込む。
IMG_6700.jpg











⑥大根に竹串がスーッと通るようになったらBを回し入れ、再度蓋をして10分煮る。
IMG_6702.jpg











⑦蓋をとり、強めの中火にし、汁気がなくまるまで煮絡めたらできあがり。
IMG_6711.jpg











器に盛って、お召し上がりください。

IMG_7802.JPG

 

◼︎使用した器

STUDIO M'(スタジオM’/スタジオエム) プアル

編集後記

いかがでしたか?
今回は
彼のご飯がすすむこと間違いなしの
ガッツリ煮物のご紹介でした。

これなら、大根の大量消費にも役立つし
何より、おいしいっ!!

お肉が入っているので
彼も大喜びで食べてくれるかも♪

ちなみに、これ
調理時間が長めですが
ほとんどが焼いたり煮たりする時間。

難しいことや
手間なことは一切ないので
ぜひぜひ気軽に、チャレンジしてみてくださいね!

最後まで、読んでいただき
ありがとうございますm(_ _)m

では
また更新します♡
特売のお肉は○○でやわらかく♪「...
記事一覧
胃腸が疲れた時にも♪居酒屋さん...
Yuuさんのこれまでの記事
この記事のキーワード
この記事を書いた人
Yuu
Yuu

福岡県在住の料理研究家。彼のために作る日々の料理を紹介するブログが瞬く間に人気となり、WEBサイトでの連載や雑誌、広告、企業のレシピ開発などで幅広く活躍中。「フーディストアワード2020」ではブログ部門のグランプリを受賞。現在、ブログは月間300万アクセス、Instagramは85万人を超えるフォロワー数を持つ。最新刊『Yuuのラクうま野菜まるごとレシピ』(扶桑社)も好評発売中。

 

<ブログ>
作り置き&スピードおかず de おうちバル ~yuu’s stylish bar~

 

<Instagram>
Yuu(@yuuyuu514)

 

<Twitter>
Yuu(@innocence_yuu)

 

※Yuuさんへの取材・仕事依頼はこちら