発酵食スペシャリスト・のんの、毎日食べたい“発酵ごはん”と季節の仕込みもの
のん(@non_la_non)
発酵食スペシャリスト・のんの、毎日食べたい“発酵ごはん”と季節の仕込みもの

簡単ヘルシー♪豆乳と甘酒で作る「豆花風スイーツ」と「パープルスムージー」

台湾で人気の「豆花(トウファ)」風スイーツは、豆乳と甘酒で作れば簡単ヘルシー♪ベリーたっぷりの「パープルスムージー」も、豆乳と甘酒を入れることで身体にうれしい効果が期待できて、まさに「飲む美容液」ですね!発酵食スペシャリスト・のん(@non_la_non)さんに、梅雨のジメジメと夏の暑さを乗り切る素敵なレシピを教えていただきました!
2022/06/17
2022/06/23
view
ご飯が進む!「さば缶まるごと麻...
記事一覧

みなさん、こんにちは!のんです。
夏の気配が感じられる季節になってきましたね♪

今回はこれからの季節にぴったりな、豆乳と甘酒を使って作る滋養たっぷりの簡単ひんやりおやつと、健康と美容のために毎朝飲みたくなるスムージーのご紹介です。

甘酒で作る「豆花風スイーツ」レシピ

暑くなると恋しくなるのが、甘くて冷たいおやつですね!

台湾旅行に行った時に食べた「豆花」からヒントを得て、豆乳を使った口当たりの良い「豆花風スイーツ」を作りました。お砂糖は使わずに甘酒を使って仕上げるため、体に負担もかかりません。食べごたえがあって栄養もある、身体にやさしいおやつです。子どもから大人まで楽しめるお味なので、ぜひ作ってみてください!

豆花1

材料

・成分無調整豆乳(大豆固形分10%以上のもの)…400ml

・米麹の甘酒 (市販のものでも手作りのものでもOK)… 100ml

・アガー…12g

・きなこ…適量

・黒蜜…適量

豆花2

作り方

1. 鍋にアガーと成分無調整豆乳を入れ、良く混ぜてとかしてから弱火にかけ、沸騰前に火を止めて甘酒を加える。

豆花3

2. 容器に移して冷蔵庫で冷やす。

豆花4

3. スプーンなどですくって器に盛り付け、きなこと黒蜜をかける。

※もしあればクコの実を飾るとかわいいですよ♪

豆花2

 

飲む美容液!「パープルスムージー」レシピ

夏の食欲減退で乱れがちになる栄養バランスを補うのに、朝のスムージーはとても効果的です。今日は私がいつも飲んでいるスムージーの中から、ベリーを使った「パープルスムージー」の作り方をお伝えしますね!

ベリー類にはさまざまなビタミンと食物繊維が豊富に含まれる上、低糖質・低カロリーです。抗酸化力の強いポリフェノールも摂取できるので、積極的に食べたいですね!なお、冷凍処理されたベリーでも、収穫後すぐに冷凍されているため栄養素は最大限に維持されているそうです。

このスムージーでは、栄養バランスに優れ、代謝を促進してくれるバナナと、美容と健康にうれしい効果が盛りだくさんの甘酒を加えます。冷凍ベリーを常備しておけばいつでも作れますので「飲む美容液」感覚でとり入れてみてくださいね♪

豆乳が苦手な方は、牛乳や、その他のプラントベースミルクに置き換えていただいても大丈夫ですよ。

パープルスムージー1

材料(2人分)

・バナナ…1本

・冷凍ベリーミックス…100~150g

・ヨーグルト(無糖)…80g

・米麹の甘酒 (市販のものでも手作りのものでもOK)…40g

・成分無調整豆乳…300ml

・氷…適宜(2~3個)

パープルスムージー1

作り方

すべての材料を合わせて、ミキサーやブレンダーで撹拌すればできあがりです!

氷は入れなくてもかまいません。フルーツのとろみが強い場合に2~3個入れると少しさらりとして飲みやすくなります。

パープルスムジー3

バナナもカットして凍らせておくと便利ですよ♪

小松菜やケールなどの青菜を加えてパワーアップするのもおすすめです。

なお、甘酒は必ず米麹由来のものをご使用ください。

わが家では、以前作り方をご紹介した甘麹を使っています。

パープルスムージー4

本格的に暑くなる前の梅雨の時期も、体調不良を引き起こしやすいと言われています。

腸内環境を良くすると自律神経が整う効果が期待できるので、普段の生活の中でほんのちょっと、腸活も意識してみてくださいね。

ジメジメに負けずに元気に過ごしていきましょう!
今回も最後までお読みいただきありがとうございました!

ご飯が進む!「さば缶まるごと麻...
記事一覧
関連記事
のん(@non_la_non)さんのこれまでの記事
この記事のキーワード
この記事を書いた人
のん(@non_la_non)
のん(@non_la_non)

発酵食スペシャリスト。企業レシピ開発、料理動画クリエイター、料理イベント、テレビ出演、各種アンバサダーなども務める。Instagramでは 「#心はぐくむごはん」のハッシュタグとともに季節の手仕事や、おうちごはん、レシピなど発信。現在は、味噌ソムリエ取得を目指している。

 

<Instagram>
のん (@non_la_non)

 

※のん(@non_la_non)さんへの取材・仕事依頼はこちら