長田知恵(つき)の“繰り返し作りたくなる簡単おやつ”
長田知恵(つき)
長田知恵(つき)の“繰り返し作りたくなる簡単おやつ”

パリパリ香ばしい「アーモンドのパウンドケーキ」/長田知恵(つき)

お子さんが喜ぶ愛情たっぷりのおやつをご紹介いただく長田知恵(つき)さんのフーディストノート公式連載。今回のレシピは、バターの香りとアーモンドのパリパリ食感が楽める「アーモンドのパウンドケーキ」です。生地の食感も当日と翌日で変わってくるので、違いを感じながら味わうのもおすすめです♪
2021/12/14
2022/09/30
view
市販の焼き芋とホットケーキミッ...
記事一覧
混ぜるだけ♪しっとりふんわり「...

こんにちは、長田知恵(つき)です。

今回ご紹介するレシピは、バターの香りとアーモンドのパリパリ食感が楽めるパウンドケーキです。

しっとりとした食感の生地は、翌日になるとずっしりした食感になり、また違った味わいに。作ってすぐ食べるのも、少し時間を置いてから食べるのも、どちらもおいしいですよ(^^)

良かったらお試しくださいませ。

「アーモンドのパウンドケーキ」レシピ

アーモンドのパウンドケーキの完成形

材料(18㎝パウンド型1台分)

・無塩バター…100g

・上白糖…90g

・溶き卵…2個

・スライスアーモンド…適量

a薄力粉…80g

aアーモンドパウダー…30g

aベーキングパウダー…2g

下準備

・バターと卵は室温にする

・aの材料を合わせてふるっておく

・型に油脂を塗り、オーブン用シートを敷いておく

・オーブンを170℃に余熱する

作り方

1. ボウルにバターを入れ、やわらかくなるまでゴムべラで練る。砂糖を加え、ホイッパーでふんわり白っぽくなるまで混ぜる。

※ハンドミキサーがあれば楽です

アーモンドのパウンドケーキを混ぜる1

アーモンドのパウンドケーキを混ぜる2

2. 溶き卵を少しずつ加え、その都度しっかり混ぜ合わせる。

アーモンドのパウンドケーキを混ぜる3

アーモンドのパウンドケーキを混ぜる4

3. aを一気に加え、ゴムべラで切るようにして滑らかになるまで混ぜ合わせる。

アーモンドのパウンドケーキを混ぜる5

アーモンドのパウンドケーキを混ぜる6

4. 型に流し入れ、数回作業台に打ち付けて空気を抜き、きれいに慣らしたらアーモンドを全体にトッピングする。

5. 天板にのせ、170℃のオーブンで45分ほど焼けば完成。

※10分ほど経ったら中央にナイフで切込みを入れると、きれいに割れ、生焼けの防止にもなります

アーモンドパウンドを焼く

アーモンドパウンドを焼く2

アーモンドパウンドの焼き上がり

ポイント

・バターと卵は冷たいままではなく、室温にします。冷たいと混ざりが悪く分離しやすくなります

・卵はしっかり溶きほぐしておき、初めは少しずつ加えると分離しにくいです

・焦げそうならアルミホイルを被せてください

・焼けたら、20㎝の高さから落とすと焼き縮み防止になります

・焼けたら型から出し、シロップを打ち、すぐにラップでぴったり包んで冷ますとしっとります

アーモンドパウンド完成

最後までご覧くださりありがとうございました。

市販の焼き芋とホットケーキミッ...
記事一覧
混ぜるだけ♪しっとりふんわり「...
関連記事
長田知恵(つき)さんのこれまでの記事
この記事のキーワード
この記事を書いた人
長田知恵(つき)
長田知恵(つき)

アメーバブログの公式トップブロガーとして活躍中。運営するブログ「つきの家族食堂」では、3人のお子さんを持つお母さんならではのコストパフォーマンスの良い料理や、日々の家事を楽にする作り置きおかずを始め、お菓子・パンなど、お子さんが喜ぶレシピを中心に紹介。食器や小物使いなど、お手本にしたいおしゃれな情報も人気を集めている。著書『黄金比率の味つけで、簡単! おいしい! 「つきの家族食堂」 魔法の万能だれ』(扶桑社)も好評発売中。

 

<ブログ>
つきの家族食堂

<Instagram>
長田知恵(つき)(@tsukicook)

<Twitter>
長田知恵(つき)(@tsukicook)

 

※つきさんへの取材・仕事依頼はこちら