節約アドバイザー・武田真由美の神ワザストックおかず
武田真由美
節約アドバイザー・武田真由美の神ワザストックおかず

年末のプチ贅沢♪牛丼の具にもなる「牛肉と玉ねぎの甘辛煮」

ストックおかずの達人・武田真由美さんのフーディストノート公式連載。今回は、牛丼の具としても使える「牛肉と玉ねぎの甘辛煮」レシピを教えていただきました。節約を意識すると鶏肉や豚肉などを使いがちですが、年末のプチ贅沢として牛肉をチョイスするのもおすすめという節約アドバイザーならではの真由美さんのアイデアは、楽しく節約生活を続けるコツとしても参考になりますよ。このおかずがあれば、なるべくゆっくりと過ごしたい年末年始に手間をかけることなく家族の小腹を満たすことができるので、ぜひ作ってみてくださいね!
2021/12/31
2022/09/01
view
年末に作っておきたいストックお...
記事一覧
地味においしくてお財布にも優し...

牛肉と玉ねぎの甘辛煮

こんにちは!「神ワザ★ストックおかず」の連載をしている節約アドバイザーの武田真由美です。いつも読んでいただき、ありがとうございます。

いよいよ今年も残りわずか。年末は1年がんばったご褒美で、ちょっぴり奮発したいですね☆
そんなご褒美があるのも、節約が長続きする秘訣です。

食べることでご褒美というと、わが家は決まって「牛肉レシピ」です。

というわけで!
今回ご紹介するストックおかずは、「牛肉」を使った「牛肉と玉ねぎの甘辛煮」です。

そのまま晩ごはんやお弁当のおかずにしたり、ごはんの上にのせて牛丼にしたり、うどんにのせて肉うどんにしたり。

アレンジが効くので、作っておくと重宝する作り置きです。

「牛肉と玉ねぎの甘辛煮」レシピ

牛肉と玉ねぎの甘辛煮

材料:2~3人分

牛こまぎれ肉…250g
玉ねぎ…1個
しょうが…薄切り5枚分
砂糖…大さじ1

水…300cc

A
しょうゆ…大さじ3
酒・みりん…各大さじ2

トッピング用 刻みねぎ…お好みで適量

作り方

1. ポリ袋に牛肉を入れ、砂糖を加えてもみこむ。20分ほどおいてなじませる。しょうがは細く切る。

牛肉と玉ねぎの甘辛煮

※お肉に砂糖をもみ込んで、しばらくおくとやわらかな仕上がりになります。しばらくおくと、牛肉につやが出てきます

2. フライパンに玉ねぎ・水を入れてひと煮立ちさせる。玉ねぎがしんなりしてきたら、Aを加える。

牛肉と玉ねぎの甘辛煮

3. 牛肉・しょうがを加えてひと煮立ちさせ、ふたをして弱火で15分煮る。

※時々ふたを開けてかき混ぜてください

牛肉と玉ねぎの甘辛煮

このくらいまで煮詰めます。

牛肉と玉ねぎの甘辛煮

皿に盛り、お好みで刻みねぎをトッピングすれば完成です♪

牛肉と玉ねぎの甘辛煮

お茶碗にご飯を盛り、その上にのせれば、牛丼ができあがります。

牛肉と玉ねぎの甘辛煮

電子レンジで下ごしらえしたじゃがいも・にんじんを加えてサッと煮れば、「肉じゃが」もあっという間に完成♪

白菜や焼き豆腐と煮ると「すき焼き風」もできあがります。

あると便利なストックおかずです♪

「牛肉と玉ねぎの甘辛煮」の保存ポイント

牛肉と玉ねぎの甘辛煮

・殺菌効果が期待できる「しょうが」を加えています
・しっかりと火を通しましょう

「牛肉と玉ねぎの甘辛煮」の保存期間の目安

・冷蔵保存:3日程度
・冷凍保存:2週間程度

粗熱を取り、
冷蔵保存は密閉容器に入れて保存しましょう。
冷凍保存は、汁気が出ないように、ジッパー付きの保存袋に入れて保存しましょう。

玉ねぎの保存ポイント

牛肉と玉ねぎの甘辛煮

・玉ねぎは薄く切って冷凍保存します
・使うときは、凍ったままで加熱調理できます。冷凍することで、玉ねぎの水分が抜けるので、加熱時間が短くて済むのもメリットです

玉ねぎの保存期間の目安

・冷凍保存:2週間程度

牛肉と玉ねぎの甘辛煮

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

次回は来週の金曜日更新予定です。
楽しみにしていただけると嬉しいです♪

年末に作っておきたいストックお...
記事一覧
地味においしくてお財布にも優し...
関連記事
武田真由美さんのこれまでの記事
この記事のキーワード
この記事を書いた人
武田真由美
武田真由美

徳島県在住。夫と2人暮らし。数々の節約術が多くの主婦から絶大な支持を受け、節約アドバイザーとして、家計の見直し・節約料理などの講師、節約記事の執筆、節約料理のレシピ開発、テレビ出演等で活躍中。『節約女王の10分100円で作れるおかずとお弁当』、『節約女王のお金が貯まる冷蔵庫 』(ともに「主婦と生活社」)など著書多数。

 

<ブログ>
真由美さんの1週間2500円節約レシピ

<Instagram>
武田真由美/節約料理(@mayumi.takeda_kitchen)

 

※武田真由美さんへの取材・仕事依頼はこちら