毎日同じになってない?1度で3回楽しめる作り置き惣菜

毎日同じになってない?1度で3回楽しめる作り置き惣菜
すっかり定番になった作り置きお惣菜。美味しくて日持ちもするレシピがたくさんありますが、実は作ったものの、毎日同じものを食べてマンネリしてしまう…なんて悩みを抱えている人もいるのでは?そこで今回は、作り置きの代表的なレシピのひとつである「チキンソテー」を例に、使い回しのアイデアをご紹介します。
フーディストノート
フーディストノート
2016/03/15
2021/10/07
view

1回目:チキンソテー

鶏もも肉を3枚一度に焼いて、1枚はチキンソテーとしてその日の主菜にし、残りの2枚は冷凍保存しておきます。

【材料(2人分×3食分)】
鶏もも肉…大3枚
酒…大さじ3
塩…大さじ1
あらびき黒こしょう…適量
サラダ油…大さじ1

(2人分)
ベビーリーフ…適量
レモンのくし形切り…2切れ

【作り方】
1. ボウルに氷水を入れて鶏肉の表面の汚れや血を洗い、水けをふく。今夜のおかずになる1枚のみ横半分に切る。先に切り分けることで、2枚とも表面全てがこんがりと焼き上がる。
2. 皮目にフォークで穴をあけ、塩、酒を振り、15分以上おく。出てきた水けをふく。
3. フライパンにサラダ油を熱し、皮目から入れて強めの中火で焼く。途中でフライ返しをおしつけてそり返らないように焼き、こんがりと焼き色がついたら身側にこしょうを振って上下を返す。弱火にして火が通るまで10分ほど焼く。
4. 器に3を盛り、ベビーリーフ、レモンのくし形切りを添える。

2回目:ごちそうサラダ

【材料(2人分)】
チキンソテー…大1枚(約300g)
レタス…2枚
トマト…小2個
じゃがいも…1個
ブロッコリー…1/2個
スナップえんどう…5~6本
ゆで卵…2個
クリームチーズ…60g
ブーフードレッシング…適量

【作り方】

※下準備として、チキンソテーは低温解凍します。

1. チキンソテーは角切りにする。
2. レタスは食べやすい大きさにちぎり、トマトは4つ割りにする。じゃがいもは皮つきのままゆでて2㎝厚さの輪切りにする。ブロッコリーは小房にわけてゆで、スナップえんどうもさっとゆでる。ゆで卵は半分に切り、クリームチーズは1㎝角に切る。
3. 器に2、1を盛り、ブーフードレッシングをかける。

※ブーフードレッシング(作りやすい分量)
トマトスープ缶…1缶(300ml)
玉ねぎ(みじん切り)…150g
にんにく(みじん切り)…1かけ分
サラダ油…1と1/2カップ
酢…3/4カップ
しょう油…大さじ2
ウスターソース…大さじ2
卵黄…1個分
砂糖…大さじ2
顆粒スープ(コンソメ)…大さじ1
パプリカパウダー…大さじ1
塩…小さじ2
ねりがらし…小さじ1
こしょう…少々

すべての材料をミキサーに入れてかくはんし、保存容器に入れる。
冷蔵で3カ月ほど保存可能。

3回目:マヨ和えサラダのオープンサンド

【材料(2人分)】
チキンソテー…大1枚(約300g)
セロリ…1/2本
マヨネーズ…大さじ2
塩、こしょう…各適量
イングリッシュマフィン…2個
バター…適量

【作り方】

※下準備として、チキンソテーは低温解凍します。

1. チキンソテーは手で食べやすく裂く。
2. セロリは4㎝長さの細切りにし、軽く塩を振り、水けをしぼる。
3. ボウルに1、2、マヨネーズを入れてあえ、塩、こしょうで味をととのえる。
4. イングリッシュマフィンを半分に切り、カリッと焼く。バターを薄く塗り、3をのせる。好みであらびき黒こしょうを振る。

しっかり調理をすることなしに、他の料理にのせたり、和えたりして、使いまわすアイデアはとても参考になります!ベースのおかずを活かしながら別レシピに生まれ変わらせる技をもっと知りたい方は、主婦の友社より出ている『足立流 バリエが広がる使いきりレシピ―ムリなく、ムダなく、ラクして作る』をぜひチェックしてみてくださいね!作り置きもマンネリせずに、上手に使い切りましょう♪

『足立流 バリエが広がる使いきりレシピ―ムリなく、ムダなく、ラクして作る』
足立 洋子 (著)

かんたんがおいしい!くり返し食べたくなる!ムダがない!スーパー主婦、足立さんの食事作りのルールとコツが満載の一冊。これを読めば、毎日大変だったごはん作りもきっと楽になりますよ。

詳細はこちら↓
http://amzn.to/1LQMfi2

協力・画像提供:主婦の友社(http://www.shufunotomo.co.jp/

この記事のキーワード
関連記事
新着記事