葉物野菜が高い冬の救世主!「#ねぎ好き」のアイデアで冬を乗り切ろう♪

葉物野菜が高い冬の救世主!「#ねぎ好き」のアイデアで冬を乗り切ろう♪
葉物野菜がお高いですね!お値段にびっくりして手を出せずにいると野菜不足になってしまいそう…そんな時は比較的価格が安定していて青い部分から根本までたっぷり楽しめる「ねぎ」に注目!特に泥付きのものなら日持ちがしやすいのもうれしいところですよね♪今回はハッシュタグ「#ねぎ好き」で、ステキなアイデアをチェックしてみました!
フーディストノート
フーディストノート
2018/01/21
2021/10/07
view

スキレットでアツアツを…「ねぎのチーズ焼き」

和食のイメージが強いねぎですが、チーズやコンソメとも好相性!スキレットを使ってチーズ焼きにすればアツアツのまま食卓で楽しめます。生のままだと辛みや香りの刺激が少し強く感じることもありますが、焼くことで辛みや香りの刺激は和らぎ、甘みも増すのでたっぷりといただけそうですね♪

香りと歯ざわりを楽しみたい「ねぎの甘酢漬け」

牛久、龍ヶ崎中心にねぎを作っている「しかくいやさい」さんのインスタでは、ねぎを甘酢漬けにするというステキなアイデアが紹介されていました!ねぎ独特の辛みと香りに、甘酢の風味がぴったり合いそうですね!お漬物用に市販されている甘酢を使えばきっとカンタンですね。漬けて2日後がおすすめだそうですよ。ぜひ試してみたいです♪

おつまみにもぴったり♪「ねぎの辛味噌炒め」

ねぎの青い部分、固いので捨ててしまうという方もいらっしゃるようですが、キチンと土を洗い流してから火を通すと彩りのよい一品になりますよね♪ねぎの青い部分をたっぷり使った辛味噌炒めはおつまみにもぴったり!ビールや焼酎が止まらなくなりそうです♪

お出汁がじゅわっと…おでんの中のお楽しみ「ねぎ袋」

Kayoko Matsumuraさん(@kyyn824)がシェアした投稿

おでんの中の巾着といえば、中に何が入っているのかちょっと楽しみですよね。こちらの巾着の中身は開けてびっくり、全部ねぎ!お揚げとねぎがおでんの出汁をたっぷり吸い込んで、ツウもうなる一品に。体もポカポカになりそうですね♪

お米とねぎのハーモニー♪「ねぎおにぎり」

こちらも、甘酢漬けのところで参考にさせていただいた「しかくいやさい」さんのインスタから。刻んだ生のねぎ、ごま油、お好みのだしの素、醤油を混ぜ合わせたものをごはんに混ぜてさっと握るだけ!材料の組み合わせを聞いただけで、そのおいしさが想像できてしまいます。ちょっと炙って、焼きおにぎりにしてもおいしそうですね。

* * *

いかがでしたか?
どれも、ねぎをたっぷり食べられそうなうれしいアイデアですよね。

ねぎにはビタミンA、C、カルシウム、βカロチンなどが含まれ、冷えた体を温め、疲労回復に効果があるいわれています。ねぎは冬の野菜!旬のパワーで元気に冬を乗り切りたいですね!

お料理ブログのポータルサイト「レシピブログ」がスタートした新しいフォト&動画プロジェクト。

あなたが作ったお料理やスタイリングしたお料理をステキに撮って、ハッシュタグ「#クッキングラム」でアップしてくださいね♪

インスタ公式アカウントはコチラ。Follow us please!
↓↓↓
https://www.instagram.com/cookingram.jp/

豪華プレゼントがあたる今月のテーマは…
http://www.recipe-blog.jp/cookingram/

この記事のキーワード
関連記事
新着記事