あなたはどのタイプ?お料理タイムの気分が上がる♪「bon moment」エプロン3種徹底比較!

あなたはどのタイプ?お料理タイムの気分が上がる♪「bon moment」エプロン3種徹底比較!
「つけるだけで、なんだかおうち時間を気分良く過ごせそう」そんな気持ちにさせてくれるエプロンが、「bon moment」から誕生しました。
今までエプロンをつけない派だった方も、あまりこだわらずつけていた方も、自分好みのエプロン探しの参考に、ぜひチェックしてみてくださいね。
アンジェ web shop
アンジェ web shop
2020/11/01
2021/09/28
view

お料理をするとき、エプロンはつけますか?
実は意外と「つけない」という方が、多いのではないでしょうか。

「毎回毎回つけたり外したりするのが大変…」
「つけてなくても別にそんなに汚れない」
「洗うのがめんどう…」

そんなエプロンつけない派さんが、「ちょっとつけてみようかな」と思えるこだわりのエプロンが、「bon moment」から誕生しました。

「そもそもエプロンって何がいいの?」というところからおさらいし、今秋登場した3種類のエプロンを徹底比較していきます。

あなたのお料理時間はエプロンでかわる!?自分にあったエプロン探しに、ぜひお役立てください。

エプロンのメリットって?

メリットはずばり、「衣類に油やタレなどが飛んで汚れることを防ぐこと」。

でも実はそれだけではなく、メリハリがなくなりがちな「おうち時間」を過ごす自分の背筋をちょっぴり正してくれる効果もあるんです。

メリット1:おうち時間オール部屋着!の”私”から卒業

お気に入りの服を着ているときは、「汚れないように」と自然と着ているものに意識が向くはず。おうちでは、汚れてもあまり気にならない格好でいるから、エプロンをつける必要性を感じづらい方が多いのではないでしょうか。

もちろんかちっとした格好をする必要はないけれど、自分が気に入っている着心地の良い服装で過ごすおうち時間は、汚れても良い服を着ている時よりも、なんだか気分が上がりそうですよね。

つまり!おうちでのちょっと怠けがちな自分を、ほんの少し見直すと、エプロンの必要性がじわじわ感じられてくるのです。

メリット2:料理モードへのスイッチがONに!

部屋着のまま、帰ってきたまま、そこから始まるお料理は疲れの延長線になってしまいがちですが、「エプロンをつける」という1アクションを間に入れるだけで、気持ちが料理モードにぐっと集中!

朝起きてあわただしく朝ごはん作りをスタート。
仕事で疲れて帰ってきて、そのまま夜ご飯作りへ…。
なんて日常にあふれているシーンに、エプロンをつける習慣が加わるだけで、気持ちの切り替えが上手にでき、心地よい暮らしを実現できそうです。

今回ご紹介する3つのエプロンは、3者3様のこだわりがぎゅっとつまっていて、料理の時間をより楽しめるようになることを目指しているもの。

それぞれどんな特徴があるのか早速みていきましょう。

重さ約220g!軽くて疲れにくい「シンプルエプロン」

最初にご紹介するのは、3つの中で最も軽い「シンプル」タイプ。
生地用尺を最小限に抑え、約220gの軽量を実現しました。

【デザインこだわりポイント】

1.110cmと少し長めの着丈は、肩紐の3段階調整ボタンで身長に合わせてフィット
2.脇に入ったタックで広がらず、スリム見え
3.肩紐細めで、カジュアル過ぎない印象に
4.腰から下はぐるっとおしり周りまでカバー!

後ろ姿にまでこだわったデザインは、まるでおしゃれなカフェ店員さんのよう。
シンプルな中にこだわりを詰めて、万人に似合うエプロンです。

▼ご紹介したアイテム
bon moment コットンリネン シンプルエプロン/ボンモマン

まるで洋服!女性らしさNo1「キャミソールエプロン」

2つ目にご紹介するのは、「エプロン感」を極限まで減らした、洋服見えするキャミソール型デザイン。
つけたままご近所へお出かけも問題なし!ワンマイルウェアとしても使える新感覚のデザインです。

【デザインこだわりポイント】

1.そのままご近所へ出かけられる洋服感覚で着られるかたち
2.腰から広がるAラインで、腰回りやおしりをカバー
3.後ろ姿も抜かりなし!ギャザーとタックで甘すぎないデザイン
4.細めの肩紐はアジャスターで長さ調節OK

デザインだけでなく、クロスを付けられるループや、目立たないように…でもしっかりと備えられたポケットなど、機能性もばっちり!
カジュアルすぎず、かわいすぎない、ママたちも取り入れやすいデザインです。

▼ご紹介したアイテム
bon moment コットンリネン キャミソールエプロン/ボンモマン

楽チン&しっかりカバーが嬉しい「Vネックエプロン」

最後にご紹介するのは、すっぽり着られて、肩や脇下あたりもしっかりカバーしてくれる「Vネックタイプ」。
肩紐が、肩をしっかりカバーするほどの太さ。エプロンの重さが1ヶ所に集中するのを防いでくれて、首や肩への負担を軽減してくれます。

【デザインこだわりポイント】

1.太め肩紐で首や肩への負担軽減&ずれ落ちる心配もなし!
2.脇までしっかり守るから、油ハネもこわくない
3.深めVネックで窮屈感なし。厚手ニットもOKです
4.すっぽりかぶるだけだから、着脱ラクラク

2つ目にご紹介したものと同様、クロスを付けられるループ付き。
もちろん前面にはしっかりポケットもついているから、機能性やストレスフリーな着心地を重視する方にぴったりです。

▼ご紹介したアイテム
bon moment コットンリネン Vネックエプロン/ボンモマン

いかがでしたか。
それぞれ異なる個性をもった3つのエプロン、お好みのデザインはありましたでしょうか。

今回ご紹介したエプロンはすべて、コットン×リネンの天然素材。
オールシーズン使いやすく、お洗濯後しわになりにくいのも日常使いに嬉しいポイントです。

「毎回つけるのって正直めんどう…」と思っていた方も、気分をあげてくれるエプロンがあれば、意外とすんなりとエプロン生活は定着しそう。
気持ちを料理モードに切り替えさせてくれて、なんだかおうちでも素敵な自分でいられる気分アップアイテムとして、取り入れてみるのはいかがでしょうか。


選べるエプロンはこちらから>>

■アンジェ web shop
北欧雑貨、うつわ、テーブルウェアから旬のギフトアイテムまで。
日々の暮らしを彩るお手伝い。

↓キッチンツール&レシピ「アンジェbyエブリデイキッチン」はこちら
https://www.angers-web.com/ekitchen

この記事のキーワード
関連記事
新着記事