筋肉料理人の家呑みレシピと時々、アウトドア
筋肉料理人
筋肉料理人の家呑みレシピと時々、アウトドア

あさりと白菜のうまだし鍋

筋肉料理人さんの公式連載です。おうち飲みにぴったりな、ビールや日本酒にあう簡単おつまみレシピをご紹介します。今回は「あさりと白菜のうまだし鍋」です。
2020/03/02
2020/03/02
view
鶏むね肉の酒塩焼き
記事一覧
手羽元のタバスコぽん酢焼き

あさりと白菜のうまだし鍋026.jpg

∩・∀・)こんにちは~筋肉料理人です!

皆様、お元気ですか~きょうの料理は、あさりと白菜のうまだし鍋です。旬の白菜を昆布、手羽先、豚肉と一緒に煮込んで旨味をだし、仕上げにアサリを入れ、殻が開いたところを頂きます。手羽先や豚肉、あさりの出汁が合わさった、美味しい鍋料理です。

3月になりましたが、夜はまだまだ冷えます。寒い夜に食べたくなるのは鍋料理ですが、仕事が終わって作るのなら簡単なのがいいです。簡単だけど美味しいなら、尚更いい。今日のレシピはコスパの高い白菜、手羽先を使い、これから旬にはいるあさりを使って作ります。

あさりと白菜のうまだし鍋 

材料2人分

白菜 1/4カット~お好み

手羽先 4本

豚こま肉 100g

あさり(砂抜き) 200g

しめのうどん 1~2玉

昆布 5×10cm

日本酒 1/4カップ

しょう油 大さじ2~お好みで

七味唐辛子 適宜

作り方

1)白菜はザクザクと大きめに切ります。手羽先は手羽中の骨の間を包丁で刺しておきます(出汁が出やすいように)。あさりはボウルに入れ、流水で洗います。殻をこするように洗ってください。

あさりと白菜のうまだし鍋045.jpg

あさりと白菜のうまだし鍋050.jpg

2)土鍋(2~3人用)に水500mlと日本酒、昆布を入れて火にかけます。煮立ったら手羽先を入れます。再沸騰したら弱火にし、フタをして15分煮ます。

あさりと白菜のうまだし鍋048.jpg

3)昆布を取り出して豚こま肉を入れます。ここで火を強くします。白菜を山盛り入れます。再沸騰したらフタをして10分煮ましょう。

あさりと白菜のうまだし鍋054.jpg

あさりと白菜のうまだし鍋055.jpg

あさりと白菜のうまだし鍋002.jpg

10分煮たら蓋を外します。

あさりと白菜のうまだし鍋003.jpg

ここに、あさりをのせ、フタをして2~3分蒸します。

あさりと白菜のうまだし鍋007.jpg

あさりと白菜のうまだし鍋001.jpg

あさりの殻が開いたら出来上がりです。

あさりと白菜のうまだし鍋009.jpg

あさりと白菜のうまだし鍋033.jpg

くたくたになった白菜と豚肉、あさりをすくって頂きます。

あさりと白菜のうまだし鍋037.jpg

あさりと白菜のうまだし鍋の完成です!最初にあさりの身が固くなる前に食べ、その後に他の具材を頂きます。手羽先、豚肉、あさりの旨味に、煮込んだ白菜の甘味、これからが合わさった鍋のつゆは、それ自体がおいしいです。クタクタに煮込まれた白菜が出汁を吸うので、めちゃくちゃ美味しい。あっという間に完食してしまいました。シメは煮込みうどんです。ちょっと煮込み過ぎかな?ってくらい煮込んで食べると激ウマです。

鶏むね肉の酒塩焼き
記事一覧
手羽元のタバスコぽん酢焼き
筋肉料理人さんのこれまでの記事
この記事のキーワード
この記事を書いた人
筋肉料理人
筋肉料理人

佐賀県在住の料理研究家。「どこでも手に入る材料で作れるおいしい料理」をモットーに、ブログ・YouTube等で写真や動画を使ったわかりやすいレシピを公開中。著書に『筋肉料理人の男子ゴハンレシピ』『最高の晩酌つまみ』(ともに宝島社)などがある。趣味はニックネームの由来でもある筋トレの他、バイクや熱帯魚など多岐に渡る。

 

<ブログ>
魚料理と簡単レシピ

<Twitter>
筋肉料理人 藤吉和男(@kinniku)

<YouTube>
筋肉料理人の簡単レシピ、魚料理

 

※筋肉料理人さんへの取材・仕事依頼はこちら