筋肉料理人の家呑みレシピと時々、アウトドア
筋肉料理人
筋肉料理人の家呑みレシピと時々、アウトドア

鶏むね肉の酒塩焼き

筋肉料理人さんの公式連載です。おうち飲みにぴったりな、ビールや日本酒にあう簡単おつまみレシピをご紹介します。今回は「鶏むね肉の酒塩焼き」です。
2020/02/24
2020/02/24
view
白身魚のごまダレ漬け
記事一覧
あさりと白菜のうまだし鍋

鶏むね肉の酒塩焼き009.jpg

∩・∀・)こんにちは~筋肉料理人です!
皆様、お元気ですか~きょうの料理は鶏むね肉の酒塩焼きです。鶏むね肉をブロックのまま、塩と鶏ガラスープの素を混ぜた日本酒に漬け込み、塊のままオーブントースターで焼きます。日本酒の効果で鶏むね肉が柔らかくなり、ブロックのまま焼くことで、しっとり柔らかジューシーに仕上がります。

鶏むね肉を柔らかく焼く方法には、幾つかの方法がありますが、鶏むね肉そのものの味を活かして仕上げるには、ブロックのまま焼くのが一番です。水分が中に閉じ込められるので柔らかくなります。ただ、難しいのは焼き加減で、焼きすぎると固くなるし、焼きが足りないと危ないです。その点、オーブントースターを使って焼き、その後に余熱で熱を通すと安全に美味しくできます。

鶏むね肉の酒塩焼き

材料2~3人分

鶏むね肉 1枚(300g)

長ねぎ 1/2本

柚子胡椒 お好みで

A

日本酒 大さじ2

鶏がらスープの素 小さじ1

塩 小さじ1/2

おろしにんにく 小さじ1/5

作り方

1)Aを混ぜ合わせます。

鶏むね肉の酒塩焼き026.jpg

2)鶏むね肉は全体をフォークで刺して穴だらけにしてポリ袋に入れ、混ぜ合わせたAを加えて口を閉じ、軽くもんだら室温で30分なじませます。※室温に30分置くことで鶏むね肉の温度を室温に上げ、熱が通りやすくなるようにします。

鶏むね肉の酒塩焼き022.jpg

鶏むね肉の酒塩焼き027.jpg

鶏むね肉の酒塩焼き028.jpg

3)オーブントースター(食パンを2枚同時に焼けるタイプ)のトレイに魚焼きホイルを巻き、上に2)の鶏むね肉の皮を上にしておきます。オーブントースター(1000w、250℃)を予熱し、熱くなったらトレイを入れて15分焼きます。15分焼いたらすぐに取り出さず、オーブントースターに10分入れたままにし、余熱で熱を通します。

鶏むね肉の酒塩焼き033.jpg

鶏むね肉の酒塩焼き034.jpg

4)長ねぎは薄い小口切りにします。(ねぎの辛味が苦手な方は、水に晒してから使ってください)。

鶏むね肉の酒塩焼き040.jpg

焼き上がった鶏むね肉を5ミリ位の厚みに切ります。

鶏むね肉の酒塩焼き038.jpg

皿に盛り付け、長ねぎをたっぷりのせます。柚子胡椒をそえてできあがり。

鶏むね肉の酒塩焼き006.jpg

鶏むね肉の酒塩焼き011.jpg

鶏むね肉の酒塩焼きの完成です! 日本酒を使った漬け汁で漬け込み、ブロックのままオーブントースターで焼いたので、しっとり柔らか。そのまま食べると柔らかい塩味で、噛むほどに旨味が染み出してきます。そのまま食べても美味しいですが、柚子胡椒をつけ、長ねぎをのせて食べるとパンチが出ます。味に変化をつけたい時はこちらかなって感じです。手間なしで美味しい、鶏むね肉の酒塩焼きをお試しください。

白身魚のごまダレ漬け
記事一覧
あさりと白菜のうまだし鍋
筋肉料理人さんのこれまでの記事
この記事のキーワード
この記事を書いた人
筋肉料理人
筋肉料理人

佐賀県在住の料理研究家。「どこでも手に入る材料で作れるおいしい料理」をモットーに、ブログ・YouTube等で写真や動画を使ったわかりやすいレシピを公開中。著書に『筋肉料理人の男子ゴハンレシピ』『最高の晩酌つまみ』(ともに宝島社)などがある。趣味はニックネームの由来でもある筋トレの他、バイクや熱帯魚など多岐に渡る。

 

<ブログ>
魚料理と簡単レシピ

<Twitter>
筋肉料理人 藤吉和男(@kinniku)

<YouTube>
筋肉料理人の簡単レシピ、魚料理

 

※筋肉料理人さんへの取材・仕事依頼はこちら