筋肉料理人の家呑みレシピと時々、アウトドア
筋肉料理人
筋肉料理人の家呑みレシピと時々、アウトドア

ぶり大根、フライパンレシピ

筋肉料理人さんの公式連載です。おうち飲みにぴったりな、ビールや日本酒にあう簡単おつまみレシピをご紹介します。今回は「ぶり大根、フライパンレシピ」です。
2019/12/31
2019/12/31
view
サーモン刺身のチーズたたき、ク...
記事一覧
ふわふわオムナポリタン

フライパンでぶり大根012.jpg

∩・∀・)こんにちは~筋肉料理人です!
皆様、お元気ですか~今年もあと僅かになりましたが、本年、最後の料理を紹介させて頂きます。きょうの料理はぶり大根です。ぶり、大根、どちらも冬が旬の食材。ぶりは脂が乗って美味しく、大根は柔らかく、甘くなります。そして、ぶりは年末には高値が付きますが、年を越すと、ぐっとお安くなって買いやすくなります。今日のレシピはブリカマ、大根は皮付きのまま使い、フライパンで作ります。まずは作り方動画をご覧ください。

ぶり大根、フライパンレシピ

材料 3~4人分
ブリの切り身、あら※ 400g
大根      600g
生姜      20g
タカノツメ   1本
長ねぎ     1/2本
かいわれ大根  1/2パック
塩       適宜

煮汁材料

しょう油 大さじ5
みりん  大さじ5
砂糖   大さじ5
日本酒  200ml
水    300~400ml

※ここではブリカマを切り分けて使っています。切り身でも頭でも、お好みの部位でいいです。もしくはぶり大根用、あら煮用に切り分けてあるものでもいいです。

作り方

1)大根を切ります。大根は葉がついている方が甘く、先の方は辛味があるので、葉がついている方を使いましょう。2~3cmの厚みの輪切りにし、それを半月に切ります。

2)生姜は薄切りにします。長ねぎは茎を5cmくらいに切り、縦に切り開いて細く刻み、水に晒してヌメリを取ったら、水気を絞っておきます。

3)ぶりは、ここではブリカマを使っています。食べやすく切り分け、塩を少しふっておきます。※ふりの鮮度が良ければ塩を振る必要は、殆どありません。もしも、鮮度が落ちている時は強めに塩をふって15分おき、水が出たら、洗っておきます。

4)ぶりの霜ふりをします。フライパンにたっぷりの湯を沸かし、ボウルに氷水を用意します。湯にぶりの身をつけ、切り口が白くなったら、氷水に落として冷まします。※ブリは皮に細かいウロコが付いているので、少々、長め、5秒位湯につけてください。ウロコが取れやすくなります。

霜ふりしたら、流水で流しながら、表面のヌメリ、血、ウロコを擦り落とします。※皮の細かいウロコが剥がしにくいので、スプーンを使ってもいいです。

5)フライパン(直径26cm)に大根と、霜ふりしたブリを入れます。砂糖、みりん、日本酒、水、タネをとったタカノツメを入れて火にかけます。ペーパータオルとアルミホイルで2重に落し蓋をし、吹きこぼれないくらいの火加減で20分煮ます。※ここは、甘みを入れながら下茹でする工程です。

6)20分煮た所でしょう油大さじ4を加え、もう一度、落し蓋をして20分煮ます。※しょうゆ味を入れて煮込みます。※途中、煮汁が少なくなって、焦げそうになったら、湯を足してください。

7)20分煮たら、残りのしょう油大さじ1、生姜、長ねぎの葉(15cmくらい)を入れ、落し蓋をして5分煮ます。※ここで生姜、長ねぎの香り、後入れしたしょう油の香りを入れます。

5分煮たらできあがりです。皿に盛り付け、フライパンに残った煮汁をかけます。白髪ねぎ、かいわれ大根を添えてできあがりです。

フライパンでぶり大根009.jpg

フライパンでぶり大根032.jpg

フライパンでぶり大根025.jpg

フライパンでぶり大根の完成です!大根は皮付きのまま煮ますが、旬の大根は柔らかで甘く、ぶりの旨味が入った煮汁がしみて美味しい。皮付きだからこそ、大根の甘みがしっかり味わえます。ぶりはブリカマを使ったので、身がふっくらしていて美味しいです。ブリカマは脂の乗った部位なので、煮込んでもふっくらしていて、食べごたえもあるのがいいですね。今回、直径26cmの一般的な大きさのフライパンで作りました。今日のレシピの分量なら無理なく作れます。ぶりは切り身、あら煮用に切ってあるもの、お好みの部位をお使いください。ぶりは、ちょうど400gで買えないかもしれないので、その時はぶり+大根の重量を1kgに合わせるといいです。

今年も1年、私の連載にお付き合い頂きまして、ありがとうございました。また来年も宜しくお願いします。来年はキャンプ料理をちゃんと入れたいなあと思っております。実は先日、DDハンモックを仕入れました!キャンプで使うのが楽しみです。それでは皆様、良いお年をお迎えください!

サーモン刺身のチーズたたき、ク...
記事一覧
ふわふわオムナポリタン
筋肉料理人さんのこれまでの記事
この記事のキーワード
この記事を書いた人
筋肉料理人
筋肉料理人

佐賀県在住の料理研究家。「どこでも手に入る材料で作れるおいしい料理」をモットーに、ブログ・YouTube等で写真や動画を使ったわかりやすいレシピを公開中。著書に『筋肉料理人の男子ゴハンレシピ』『最高の晩酌つまみ』(ともに宝島社)などがある。趣味はニックネームの由来でもある筋トレの他、バイクや熱帯魚など多岐に渡る。

 

<ブログ>
魚料理と簡単レシピ

<Twitter>
筋肉料理人 藤吉和男(@kinniku)

<YouTube>
筋肉料理人の簡単レシピ、魚料理

 

※筋肉料理人さんへの取材・仕事依頼はこちら