筋肉料理人の家呑みレシピと時々、アウトドア
筋肉料理人
筋肉料理人の家呑みレシピと時々、アウトドア

サーモン刺身のチーズたたき、クリスマスにおすすめ!

筋肉料理人さんの公式連載です。おうち飲みにぴったりな、ビールや日本酒にあう簡単おつまみレシピをご紹介します。今回は「サーモン刺身のチーズたたき、クリスマスにおすすめ!」です。
2019/12/22
2019/12/22
82 view

サーモンチーズたたき012.jpg

∩・∀・)こんにちは~筋肉料理人です!
皆様、お元気ですか~きょうの料理はサーモン刺身のチーズたたきです。サーモンの刺身用ブロックに粉チーズと黒こしょうをまぶし、ガーリックオイルとフライパンで焼き目をつけ、刺身に切って大皿盛りにします。サーモンに張り付いた粉チーズに焼き目をつけ、ガーリックオイルの風味を入れることで、サーモン刺身が洋風のたたきになって美味しいです。盛り付けはクリスマスを意識して、クリスマスリース型にしました。まずは作り方動画をご覧ください。

サーモン刺身のチーズたたき、クリスマスにおすすめ!

材料3~4人分


サーモン刺身用ブロック 200g
にんにく        2かけ
玉ねぎ         1/2個
ミニトマト       3~4個
ベビーリーフ      適宜
粉チーズ        大さじ2
黒こしょう       適宜
バルサミコ       大さじ1
しょう油        大さじ1
オリーブオイル     大さじ2

作り方

1)サーモン刺身ブロックに粉チーズと黒こしょうをふりかけ、全体にまぶします。金属製のバットにのせ、冷凍庫に入れて、凍る寸前まで冷やします。※後で表面を焼くので、焼いた時に、表面だけに熱を入れるため、凍る寸前まで冷やしておきます。

CC200027.jpg

2)玉ねぎは薄切りにして水に晒します。ザルに上げ、しっかり水気を切っておきます。にんにくは薄切りにし、中心の芽を爪楊枝や菜箸で押し出して外します。

CC200033.jpg

3)バルサミコ酢としょう油を混ぜておきます。

CC200041.jpg

4)フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れて弱火にかけます。時間をかけて、にんにくをフライドガーリックにします。にんにくがきつね色になったら取り出しておきます。※にんにくはきつね色で取り出します。焦げ茶色になると、焦げ臭さが強くなるので注意してください。

CC200048.jpg

5)ポリ袋に氷水を入れておきます。同じフライパンを強めの中火にかけます。フライパンが熱くなったら、1)のサーモンを入れ、表面に軽く焼き目をつけます。4面に焼き目をつけたら取り出します。氷水を入れたポリ袋をかぶせて冷やします。

CC200049.jpg

CC200049_4.jpg

6)盛り付けます。大皿の外周に玉ねぎを敷き、上にベビーリーフをちらします。

CC200052_1.jpg

7)冷ましたサーモンブロックを刺身に切ります。サーモンブロックの左端から、削ぎ切りの刺身に切り、ベービーリーフの上に盛り付けます。反時計回りに、刺身同士が少し重なるように盛り付けましょう。

CC200058.jpg

縦十字に切ったミニトマト、フライドガーリックをちらしてできあがり。

サーモンチーズたたき001.jpg

お好みで、バルサミコしょう油をかけて頂きます。

サーモンチーズたたき008.jpg

サーモンチーズたたき020.jpg

サーモンチーズたたき025.jpg

サーモン刺身のチーズたたきの完成です!焼き目をつけた粉チーズ、ガーリックオイルの風味でサーモン刺身が食べやすく、美味しくなりました。サーモンは玉ねぎと相性がいいので、玉ねぎとベビーリーフを一緒につまみ、フライドガーリックをのせて食べるのがおすすめ。パーティが盛り上がる料理です。

鶏もも肉のコーンクリーム煮
ぶり大根、フライパンレシピ
この記事を書いた人
筋肉料理人
筋肉料理人

佐賀県在住の料理研究家。「どこでも手に入る材料で作れるおいしい料理」をモットーに、ブログ・YouTube等で写真や動画を使ったわかりやすいレシピを公開中。著書に『筋肉料理人の男子ゴハンレシピ』『最高の晩酌つまみ』(ともに宝島社)などがある。趣味はニックネームの由来でもある筋トレの他、バイクや熱帯魚など多岐に渡る。

 

<ブログ>
魚料理と簡単レシピ

<Twitter>
筋肉料理人 藤吉和男(@kinniku)

<YouTube>
筋肉料理人の簡単レシピ、魚料理

 

※筋肉料理人さんへの取材・仕事依頼はこちら

この記事のキーワード
筋肉料理人さんのこれまでの記事