筋肉料理人の家呑みレシピと時々、アウトドア
筋肉料理人
筋肉料理人の家呑みレシピと時々、アウトドア

鶏むね肉の酒塩焼き、キャベツの玉ねぎソースかけ

筋肉料理人さんの公式連載です。おうち飲みにぴったりな、ビールや日本酒にあう簡単おつまみレシピをご紹介します。今回は「鶏むね肉の酒塩焼き、キャベツの玉ねぎソースかけ」です。
2015/05/25
2015/05/25
view
サガテレビカチカチプレス旬菜お...
記事一覧
【Special Event】筋肉料理人に...

鶏むね肉の酒塩焼き、キャベ16.jpg


∩・∀・)こんにちは~筋肉料理人です!
皆様、お元気ですか~

まだ5月末、梅雨前だというのに暑い日が続きますね~こういう時は焼き鳥屋さんで生ビールをきゅ~っと一杯やりたいとこですが、ちょっと財布が寂しいので、家で鶏むね肉を焼き鳥屋さん並に美味しく料理してみました~


鶏むね肉の酒塩焼き


鶏むね肉の全体をフォークで刺して筋切し、塩、日本酒、おろし生姜、黒こしょうで味付けして焼きます。ポイントは鶏むね肉をポリ袋に入れ、室温で30分馴染ませるところです。日本酒の効果で生の状態ですが、驚くほど鶏むね肉が柔らかくなります。触ってわかるくらい変わりますよ。そして日本酒は旨味も入れてくれますからね。これをオーブントースターで焼けば、焼き鳥屋さん気分で鶏むね肉を味わえるというものです。

材料 2~3人分

鶏むね肉          1枚(300g)

A

日本酒  大さじ2

塩 小さじ1/2

おろし生姜 小さじ1/4

黒こしょう  適宜

作り方

1)鶏むね肉はフォークで全体を刺して筋切します。

鶏むね肉の酒塩焼き、キャベ21.jpg


2)ポリ袋に鶏むね肉とAをいれて口を閉じて揉みます。

鶏むね肉の酒塩焼き、キャベ24.jpg


このまま30分馴染ませます。

30分経つと、はっきりわかるくらい柔らかくなってます。

3)オーブントースターのトレイにアルミホイルを巻き、サラダ油を薄く塗りつけます。ここに2)の皮目を上にしてのせましょう。水気は切ってのせますよ。これをオーブントースターで15分焼き、その後、10分、そのままオーブントースターに入れて余熱で熱を通します。

鶏むね肉の酒塩焼き、キャベ26.jpg


4)鶏むね肉のあら熱が取れたら、お好みの厚みに切って皿に盛り付けます。

鶏むね肉の酒塩焼き、キャベ30.jpg

鶏むね肉の酒塩焼き、キャベ32.jpg


オーブントレイには鶏むね肉の肉汁が出ているので、肉汁を鶏むね肉にかけると、一層美味しく食べられます。

鶏むね肉の酒塩焼き、キャベ19.jpg


鶏むね肉の酒塩焼きの完成です~

オーブントースターで焼いた鶏むね肉は香ばしく、しかも、しっとりしていて美味しく食べられます。シンプルな味付けなので肉の美味しさがよくわかりますね。

上の写真、鶏むね肉と一緒にキャベツの角切りを添えています。九州の焼き鳥屋さんではキャベツの角切りが定番なんです。それにキャベツの旨だれをかけるのが普通ですが、ここでは玉ねぎソースをかけています。この玉ねぎソースはハンバーグ、焼肉にかけて美味しく、キャベツやサラダ野菜にかけても美味しいんです。


玉ねぎソース 


材料 4人分

玉ねぎ       1/2個

サラダ油(オリーブ油でも) 大さじ3


A

おろし生姜、おろしにんにく 各小さじ1/2

さしみ醤油     大さじ2

みりん        小さじ2

日本酒        小さじ2

酢           大さじ1

砂糖          小さじ1/2

練りからし      小さじ1/2

黒こしょう       適宜

作り方

1)玉ねぎをすりおろしてAと混ぜます。※玉ねぎすりおろしの重量が正味100g位になるようにしてください。

鶏むね肉の酒塩焼き、キャベ27.jpg


これを電子レンジ500wで3分位加熱します。過熱するのは玉ねぎの辛味を抜くためです。


2)1)にオリーブ油を3回に分けて加え、混ぜあわせたらできあがりです。これをハンバーグやサラダにかけると美味しいですよ~

鶏むね肉の酒塩焼き、キャベ11.jpg


とっても美味しい玉ねぎソースの完成です!

これ、本当はハンバーグにかけるソースなんですが、野菜との相性も抜群にいいんです。私は野菜炒めやチャーハンの味付けに使ったり、卵チャーハンに後からかけて食べたりもします。冷蔵庫に入れておけば日持ちもするので、多めに作っておくと便利なソースです!





サガテレビカチカチプレス旬菜お...
記事一覧
【Special Event】筋肉料理人に...
筋肉料理人さんのこれまでの記事
この記事のキーワード
この記事を書いた人
筋肉料理人
筋肉料理人

佐賀県在住の料理研究家。「どこでも手に入る材料で作れるおいしい料理」をモットーに、ブログ・YouTube等で写真や動画を使ったわかりやすいレシピを公開中。著書に『筋肉料理人の男子ゴハンレシピ』『最高の晩酌つまみ』(ともに宝島社)などがある。趣味はニックネームの由来でもある筋トレの他、バイクや熱帯魚など多岐に渡る。

 

<ブログ>
魚料理と簡単レシピ

<Twitter>
筋肉料理人 藤吉和男(@kinniku)

<YouTube>
筋肉料理人の簡単レシピ、魚料理

 

※筋肉料理人さんへの取材・仕事依頼はこちら