筋肉料理人の絶品「鶏肉レシピ」
筋肉料理人
筋肉料理人の絶品「鶏肉レシピ」

電子レンジでもふわふわに仕上がる!「にら玉親子丼」

「鶏肉」を使った料理が得意な筋肉料理人さんのフーディストノート公式連載。今回ご紹介いただくレシピは、電子レンジで作る「にら玉親子丼」です。卵は加熱の調整が難しいですが、ふわふわに仕上がるよう工夫してくださっているので、そのあたりもぜひチェックしてくださいね。
2023/02/27
2023/03/02
view
焼き鶏とサラダの味が一皿で味わ...
記事一覧
おからの使い道が広がるアイデア...

にら玉親子丼

こんにちは、筋肉料理人です。

今日は親子丼をアレンジした、「にら玉親子丼」をご紹介させていただきます。

鶏肉を卵でとじた親子丼、みなさん大好きですよね。私も好きなんですが、野菜がちょっと欲しいなぁとか、たまにはアレンジしたいなって思うときがあります。そんな気分のときに作ったのが今日ご紹介するレシピです。

にらを足すことで風味に刺激が入り、鶏肉+卵+にらで元気の出るどんぶりレシピになりますし、鍋を使わず、電子レンジで手軽に作れます。

「にら玉親子丼」レシピ

調理時間

12~13分(漬け込み時間含む)

分量

1人分

材料

  • ご飯…どんぶり1杯分(250g)
  • 鶏もも肉…100g
  • 卵…2個
  • 玉ねぎ…1/4個
  • にら…1/4束
  • しょうゆ、みりん、日本酒…各大さじ1
  • 砂糖…小さじ2
  • かつおだしの素(顆粒)…小さじ1/4
  • 水…60ml

※濃いめの味付けにしたいときは、しょうゆ、みりん、日本酒を各大さじ1と1/3に、砂糖を大さじ1にしてください

作り方

1. 鶏もも肉は2cm弱の角切りにします。

※鶏もも肉は大きすぎると熱が通りにくく、小さすぎると存在感が少なくなります

にら玉親子丼

2. 大きめの耐熱ボウルにしょうゆ、みりん、日本酒、砂糖、かつおだしの素、水を入れて混ぜます。ここに鶏もも肉を入れて混ぜます。

※調味料に鶏もも肉を漬けておくことで下味を入れます。下味を入れると間違いなくおいしくなります

にら玉親子丼

3. 玉ねぎは薄切り、にらは1cmくらいに切ります。

にら玉親子丼

にら玉親子丼

4. 卵は菜箸で卵白を切るように混ぜ、切ったにらを混ぜておきます。

にら玉親子丼

5. 2のボウルに玉ねぎを加えてラップをかけ、電子レンジ600Wで4分~5分くらい加熱して沸騰させます。

※3分加熱したところで取り出し、混ぜてからまた加熱すると加熱ムラ防止になります

にら玉親子丼

6. 卵液の半分を回しかけ、ラップをして1分加熱したら取り出し、残りの卵液の大さじ1くらいを残してかけ、小ねぎをちらしたら電子レンジで30秒加熱して半熟に仕上げます。

にら玉親子丼

にら玉親子丼

7. どんぶりにご飯をよそい、シリコンヘラを使ってすべらせるように6を移入れます。仕上げに残したおいた卵液をかけ、お好みで七味唐辛子(分量外)を振ります。

にら玉親子丼

にら玉親子丼

にら玉親子丼

「にら玉親子丼」の完成です!

卵ににらを混ぜ数回に分けて加えるので、にらは熱が入ったもの、生に近いもの両方の風味が入ります。

いつもの親子丼と違い野菜が摂れ、にらの風味のある味わいになります。鶏肉は下味を入れるので旨味が強く、卵液は3回に分けて電子レンジ加熱するので、料理に慣れてない方でもふわふわの親子丼を作れます。にらは3月から旬を迎えるので、これからおいしくなります。

電子レンジで作る「にら玉親子丼」をぜひお試しください。

焼き鶏とサラダの味が一皿で味わ...
記事一覧
おからの使い道が広がるアイデア...
お知らせ
アンケート回答でプレゼントがもらえる♪アプリダウンロードキャンペーン実施中!
関連記事
筋肉料理人さんのこれまでの記事
この記事のキーワード
筋肉料理人さんのプロフィール
筋肉料理人

佐賀県在住の料理研究家。「どこでも手に入る材料で作れるおいしい料理」をモットーに、ブログ・YouTube等で写真や動画を使ったわかりやすいレシピを公開中。著書に『筋肉料理人の男子ゴハンレシピ』『最高の晩酌つまみ』(ともに宝島社)などがある。趣味はニックネームの由来でもある筋トレの他、バイクや熱帯魚など多岐に渡る。

 

<ブログ>
魚料理と簡単レシピ

 

<YouTube>
筋肉料理人の簡単レシピ、魚料理

 

<Instagram>
Kazuo Fujiyoshi(@kinnikuryourinin)

 

<X(旧Twitter)>
筋肉料理人 藤吉和男(@kinniku)

 

※筋肉料理人さんへの取材・仕事依頼はこちら