フーディストノートアプリ

チョコレート専門家が選ぶ!バレンタインにぴったりのおしゃれチョコスイーツ5選

チョコレート専門家が選ぶ!バレンタインにぴったりのおしゃれチョコスイーツ5選
ショコラコーディネーターやチョコレートジャーナリストとして活躍する市川歩美さん。ショコラ愛好家歴は25年以上という、チョコレートの専門家です。そんな市川さんが厳選したチョコレートの中から、バレンタインに贈りたいスイーツをご紹介します。
おとりよせネット
おとりよせネット
2023/02/06
2023/01/23
view

ブック型の缶がおしゃれ!伝統的なイタリアのチョコレート「クレミノ」

伝統的なイタリアのチョコレート「クレミノ」1878年にイタリア・トリノで創業した、老舗のチョコレートブランド「ヴェンキ」。日本にも銀座などにお店を構える、チョコ好きには知られたお店です。そのヴェンキが手掛ける、ブック型の缶にはいったチョコレートボックスは、バレンタインにぴったり。

中には、4種類の「クレミノ」が美しく詰められています。クレミノとは、ヘーゼルナッツのペーストなどをチョコで挟んだもので、イタリアの伝統的なチョコレートです。かわいらしいキューブの包装を開けると、3つに分かれたきれいな層がお目見え。味わうだけでなく、目でも楽しめます。

また、イタリアの雰囲気漂うおしゃれな缶もポイント。食べ終わった後も、インテリアとして飾っておけるのがうれしいですね。

「クレミノ 1878」はプレーンなクレミノ。ミルクジャンドゥーヤでアーモンドペースト入りホワイトチョコレートがサンドされています。「抹茶」味はめずらしいですね。「ダーククレミノ」は、ダークジャンドゥーヤ&アーモンドペースト入りです。私は「カプチーノ」がお気に入り。カプチーノの味をクレミノで表現しているのです。
実は、私もプレゼントしていただいてとてもうれしかったんです。手にしたとき「かわいい」と気分がアップすることって、大事ですね。(市川歩美さん/ショコラコーディネーター)

 

ユニークな素材を使った、芸術品のように美しいボンボンショコラ

芸術品のように美しいボンボンショコラ2018年に開業したチョコレートブランド「ジョイス」。2021年には神戸に実店舗もオープンした、人気のショップです。ジョイスのショコラは、厳選した日本の食材と、世界中のカカオを組み合わせているのが大きな特徴。京都丹後の黒にんにくや、愛媛県の焼みかんといったユニークな素材が使われています。

「『selection』-セレクション10PBOX」は、10種類のボンボンショコラを組み合わせたアソートです。1粒のショコラは、醤油×黒糖×生姜など複数の素材から作られているのがおもしろい!それぞれのフレーバーが見事にマッチしており、ふくよかな味わいを楽しめます。

シックでシンプルなグレーのボックスも、とってもおしゃれ!まるで芸術品が収められているかのような雰囲気で、高級感も醸し出しています。特別な人に贈りたい、贅沢なチョコレートです。

ドーム型の「すだち×酒粕」は、丈池さんが生まれ育った、徳島県産のすだちを使用。白鶴酒造の酒粕の風味が、きゅん、と甘酸っぱいすだちとマッチします。赤い「トンカ豆×グリオット」は、グリオットチェリーのコンフィチュールが、トンカ豆のさわやかな風味とベストマッチ。
「フレッシュなチョコレートを届けたい」という思いから、賞味期限は短め。私はいつも、丈池さんのチョコレートが届くと、フレッシュなお野菜や料理のように、早く味わおう、と思います。(市川歩美さん/ショコラコーディネーター)

 

トリュフとチョコレートのマリアージュが秀逸!高級感漂うフィナンシェ

「クラフタル」のフィナンシェ東京・中目黒のフレンチレストラン「クラフタル」のオリジナルスイーツ。トリュフの芳醇な香りとチョコレートを同時に味わえる、贅沢なフィナンシェです。レストランのお客さんから「常温で日持ちのする高級手土産スイーツ」というリクエストを受け、シェフが考案しました。

材料に使うトリュフは、フランスで200年以上続くトリュフ専門店「ラ・メゾン・ド・ラ・トリュフ」のものを使用。最高級のアーモンドパウダーや、リッチなコクを楽しめる発酵バターなど、そのほかの素材も厳選しており、高級感が漂います。

常温で保存でき、シックな落ち着いた箱入りなので、プレゼントにぴったり。個包装なので、会社や相手先にバレンタインギフトを持っていく、というシーンにもおすすめです。

保存方法と食べ方を伺うと「冷蔵庫で保存して、常温に10分ほどもどして味わってください。冷たいままだと、生地とチョコレートの口溶けがそろわないからです。そのままでももちろん、コーヒー、紅茶などのあたたかい飲み物によく合います」とのこと。
私は「トリュフフィナンシェ」ファンなので、このボックスが冷蔵庫に入っているだけで、あー、まだ冷蔵庫にある」と幸せになれます。(市川歩美さん/ショコラコーディネーター)

 

シックな黒猫のパッケージがキュート♪14種類の味が楽しめるチョコレート

CACAOCAT-カカオキャット-東京・白金台にあるチョコレートブランド。北海道で作られたチョコレートは、素材の良さとなめらかな口どけが特徴です。さまざまな商品展開をしていますが、中でもまるいキャンディ型のカカオキャットはお店のアイコン的存在。

人気の「ミックス 28個入り」は、シックにデザインされた黒猫のボックス入りで、30種の中から厳選した14フレーバーが2個ずつ入っています。ダークやミルクなどのスタンダードなものから、ほうじ茶、ゆずなど個性的なものまで勢ぞろい!チョコレートの表面には猫の爪あとがデザインされていて、とってもおしゃれです。

そして特筆すべきは、ブランドの売り上げの一部は保護猫活動に寄付されているということ。猫好きの方に贈れば、きっと喜んでもらえますよ。

ピンクの「ストロベリー」は、多くの方に愛されるやさしいイチゴミルク味。黄みどり色の「ヘーゼルナッツ」は、ヘーゼルナッツ風味のミルクチョコをダークチョココーティング、バランスがよく、ホワイトチョコと柚子をあわせた「ゆず」や、抹茶、ほうじ茶は、ほっとするような和テイスト。
ホワイトチョコにビターなコーヒーをあわせた「カフェラテ」などなど、スタッフの方によるとそれぞれにファンがついていて、甲乙つけがたい14フレーバーです。(市川歩美さん/ショコラコーディネーター)

 

とろ~り溶けだすチョコが幸せ!ダイヤモンド型のフォンダンショコラ

「デルレイ」のフォンダンショコラベルギーのアントワープに本店がある老舗チョコレートブランド「デルレイ」のフォンダンショコラです。アントワープは、ダイヤモンド取引が盛んに行われている地。そのためデルレイのスイーツはダイヤをモチーフにしたものが多く、このフォンダンショコラもダイヤモンドの形をしています。

しっとりしたチョコレート生地の中には、濃厚なガナッシュチョコが閉じ込められています。そのまま食べてもおいしいですが、少し温めるとチョコレートガナッシュがとろり。生チョコ感も感じられ、至福の時間が流れます。

リボンのかかった、白いシンプルな箱もおしゃれ。箱を開けると、黒いダイヤが見えるような包装も素敵で、チョコ好きの方へのバレンタインギフトにおすすめです。

ダイヤモンドの形のフォンダンショコラは、そのまま気軽に味わっても、お皿にのせてティータイムにも。濃厚なガナッシュを中に入れて焼いてあるので、チョコレート好きな方は大満足なはずです。まずは、ガトーショコラ感覚で味わってください。
次に、少しだけレンジで温めてみましょう。中に入った濃厚なチョコレートガナッシュがとろ~り。香り高いフォンダンショコラになります。(市川歩美さん/ショコラコーディネーター)

 

味わいはもちろん、おしゃれな缶や箱に入っていて、ギフトにおすすめ。自分用にもお取り寄せしたい商品ばかりです!おとりよせネットでは、他にもバレンタインにおすすめのスイーツをご紹介中!ぜひチェックしてみてくださいね。

おとりよせネット
おとりよせネット
日本最大級のお取り寄せ情報サイト。日本全国のお取り寄せ品を検索できるほか、料理研究家やフードライターなど「お取り寄せの達人」による推薦コーナー、季節イベントに連動した特集コーナーなどを展開。

<公式サイト>
おとりよせネット

<記事メディア>
おいしいマルシェ

<Instagram>
おとりよせネット(@otoriyose_net)

<YouTube>
至福のお取り寄せチャンネル

この記事のキーワード
関連記事

Campaign キャンペーン

「おとりよせネット」の人気ランキング
新着記事