筋肉料理人の絶品「鶏肉レシピ」
筋肉料理人
筋肉料理人の絶品「鶏肉レシピ」

お酒がぐいぐいいける!「砂肝と鶏ハツのにんにくポン酢漬け」

「鶏肉」を使ったおいしい料理が満載の筋肉料理人さんのフーディストノート公式連載。今回は、お酒がぐいぐいすすむ「砂肝と鶏ハツのにんにくポン酢漬け」レシピを教えていただきました。どちらの部位も調理しにくいイメージがありますが、下処理の仕方も丁寧に解説してくださっているので初心者の方でも挑戦できますよ。いつもと違うおつまみが食べたくなったらぜひ試してみてください。
2022/07/18
2022/07/12
view
さっぱりつるん!夏におすすめの...
記事一覧
余った鶏皮で作る焼き鳥おつまみ...

砂肝と鶏ハツのにんにくぽん酢漬け

こんにちは、筋肉料理人です。

今日は砂肝と鶏ハツを使った、お酒がぐいぐいいける「砂肝と鶏ハツのにんにくポン酢漬け」のレシピを紹介させていただきます。

砂肝と鶏ハツを塩ゆでし、にんにくと一緒にポン酢漬けにするだけ!30分漬けるだけで珍味感あふれる料理になります。

今回は、レシピ紹介の前に砂肝と鶏ハツにについても解説します。

砂肝と鶏ハツについて

砂肝は鶏の胃の一部で、歯がない鶏が食べ物をすりつぶす器官です。加熱するとシャキシャキ、コリコリとした食感が特徴ので、脂が少なくヘルシーな部位でもあります。

鶏ハツは鶏の心臓の事で、加熱すると弾力と独特の旨味があって、砂肝とともに焼鳥屋さんでおなじみの部位です。

今日は砂肝と鶏ハツを使って作りますが、もし鶏ハツが手に入らない時は砂肝だけで作っても大丈夫です。

「砂肝と鶏ハツのにんにくポン酢漬け」レシピ

材料(4人分)

砂肝…200g

鶏ハツ…200g

にんにく…2かけ

ポン酢しょうゆ…大さじ4

日本酒…大さじ

刻みねぎ、七味唐辛子…適宜

作り方

1. 砂肝の下処理をします。砂肝は2つのこぶ状のかたまりの両サイドに白い膜がついています。白い膜が固いので、これを薄く切り取ります。切り取ったら中央に切り目を入れます。

※切り取った白い膜は冷凍しておき、鶏のから揚げなど作る時、一緒にから揚げにするとおいしく食べられます

砂肝と鶏ハツのにんにくぽん酢漬け

※下の画像は切り目を入れているところです。熱が入りやすくいなるようにします。

砂肝と鶏ハツのにんにくぽん酢漬け

2. 鶏ハツの下処理をします。鶏ハツは縦に切り開きます。脂肪を包丁でしごくようにして取り除き、中に血(黒いゼリー状のもの)があったら取り除きます。

砂肝と鶏ハツのにんにくぽん酢漬け

砂肝と鶏ハツのにんにくぽん酢漬け

砂肝と鶏ハツのにんにくぽん酢漬け

3. 下処理した砂肝、鶏ハツをボウルに入れ、日本酒を入れて軽くもみます。

砂肝と鶏ハツのにんにくぽん酢漬け

4. 鍋に1Lの湯を沸かし、塩小さじ1を溶かします。3の砂肝と鶏ハツを日本酒ごと入れます。再沸騰したら弱火にして10分ゆでます。

砂肝と鶏ハツのにんにくぽん酢漬け

5. にんにくを薄切りにして水にさらします。

砂肝と鶏ハツのにんにくぽん酢漬け

砂肝と鶏ハツのにんにくぽん酢漬け

6. ゆで上がった砂肝と鶏ハツをザルにあげ、湯を切ってポリ袋に入れます。水気を切ったにんにく、ポン酢しょうゆを入れ、中の空気を抜いて口をとじます。粗熱が取れたら冷蔵庫に入れ、30分以上漬けます。

※冷蔵で3日は保存可能です

※ゆでたての熱い状態で漬けることで、味が染みやすくなります

砂肝と鶏ハツのにんにくぽん酢漬け

砂肝と鶏ハツのにんにくぽん酢漬け

7. 漬け込んんだ砂肝と鶏ハツを皿に小高く盛り付け、刻みねぎをちらします。お好みで七味唐辛子をふって頂きます。

砂肝と鶏ハツのにんにくぽん酢漬け

砂肝と鶏ハツのにんにくぽん酢漬け

砂肝と鶏ハツのにんにくぽん酢漬け

「砂肝と鶏ハツのにんにくポン酢漬け」の完成です!

にんにく風味のポン酢しょうゆがしっかり染みた砂肝はあっさり、鶏ハツはしっかりした強い旨味でどちらもおいしいです。食感も、砂肝はシャキシャキ、鶏ハツは弾力があります。

実を言うと、ゆでた砂肝にポン酢しょうゆをかけるのは定番なんですが、このレシピではにんにくと一緒に漬け込むのがポイント。より珍味感があっておいしいです。

このレシピ、作り方は簡単ですが、もしかしたら鶏ハツが手に入りにくいかもしれません。その時は砂肝400gで作ってください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

さっぱりつるん!夏におすすめの...
記事一覧
余った鶏皮で作る焼き鳥おつまみ...
関連記事
筋肉料理人さんのこれまでの記事
この記事のキーワード
この記事を書いた人
筋肉料理人
筋肉料理人

佐賀県在住の料理研究家。「どこでも手に入る材料で作れるおいしい料理」をモットーに、ブログ・YouTube等で写真や動画を使ったわかりやすいレシピを公開中。著書に『筋肉料理人の男子ゴハンレシピ』『最高の晩酌つまみ』(ともに宝島社)などがある。趣味はニックネームの由来でもある筋トレの他、バイクや熱帯魚など多岐に渡る。

 

<ブログ>
魚料理と簡単レシピ

<Twitter>
筋肉料理人 藤吉和男(@kinniku)

<YouTube>
筋肉料理人の簡単レシピ、魚料理

 

※筋肉料理人さんへの取材・仕事依頼はこちら