筋肉料理人の絶品「鶏肉レシピ」
筋肉料理人
筋肉料理人の絶品「鶏肉レシピ」

にんにくと一緒に食べるのがおすすめ♪「せせりのスタミナ焼き鳥」

「鶏肉」を使ったおいしい料理が満載の筋肉料理人さんのフーディストノート公式連載。今回は、焼き鳥屋さんでも人気の「せせり」を使った焼き鳥レシピを教えていただきます。せせりって何?どうやって食べるのがおいしいの?という疑問も、これを見れば一気に解決♪鶏肉料理のレパートリーが広がるので、ぜひチェックしてみてくださいね。
2022/06/27
2022/06/22
view
おいしさのポイントは焼き方にあ...
記事一覧
マヨネーズと鶏ひき肉でコクうま...

せせりのスタミナ焼鳥

こんにちは、筋肉料理人です。

今日は自宅で手軽に作れ、おいしくて珍味感もある、「せせりのスタミナ焼き鳥」の作り方を紹介させていただきます。

せせりは鶏の首の肉で、焼き鳥屋さんではメジャーな部位です。

鶏は常に首を動かしているので運動量が多く、身がしまっていて適度に脂もあっておいしいです。首の肉なので身が薄いのが難点ですが、旨味は鶏肉随一と言っても良いでしょう。

今回、旨味が詰まったせせりをにんにくと一緒に竹串で刺し、オーブントースターで焼いて焼き鳥にしています。

にんにく焼きも焼き鳥屋さんではメジャーなので、この2つの組み合わせは間違いなし。焼き鳥大好きの方、必見のレシピです。

「せせりのスタミナ焼き鳥」レシピ

材料(2人分)

せせり…220g

にんにく…8かけ

キャベツ…160g

日本酒…小さじ2

塩…小さじ2/5

旨味調味料…小さじ1/5

一味唐辛子…適宜

(キャベツのたれ)

A ポン酢しょうゆ…大さじ1

A 3倍濃縮麺つゆ…小さじ1

A 水…小さじ2

作り方

1. キャベツをザクザクと一口大に切り、水にさらしてシャキッとさせたら、水気をしっかり切っておきます。

2. 皮をむいたにんにくを耐熱ボウルに入れ、水大さじ1を加えてラップをかけ、電子レンジ600Wで1分加熱します。加熱後、水気を切って冷ましておきます。

せせりのスタミナ焼鳥

3. せせりの下処理をします。せせりの身には軟骨がついていることが多いです。指先で触るとわかるので、これを薄く剥ぎ取るように切り取り、4~5cmの長さに切ります。切ったらボウルに入れ、塩と日本酒を加えてもみます。

せせりのスタミナ焼鳥

せせりのスタミナ焼鳥

せせりのスタミナ焼鳥

4. せせりとにんにくを串4本分に分け、下の画像のように「せせり→にんにく→せせり、せせり→にんにく→せせり」という感じに刺します。

※せせりは幅が2~3cmくらいになるように折り曲げて刺してください

※竹串は15cmの物を使っています。100円ショップ、スーパーなどで売ってます

せせりのスタミナ焼鳥

せせりのスタミナ焼鳥

せせりのスタミナ焼鳥

5. オーブントースターのトレイにアルミホイルを敷き、その上に4を並べ、竹串の持ち手部分にアルミホイルをかぶせます。オーブントースターを1000Wまたは250℃で1分ほど予熱してからトレイを入れ、15分焼きます。

せせりのスタミナ焼鳥

6. キャベツを皿に小高く盛ります。Aのキャベツのたれの材料を混ぜ、上からかけます。焼きあがった「せせりのスタミナ焼き鳥」を皿に盛り付けます。一味唐辛子を皿の端に添えてできあがりです。

※画像では彩りに大葉(分量外)を敷いています

せせりのスタミナ焼鳥

せせりのスタミナ焼鳥

せせりのスタミナ焼鳥

「せせりのスタミナ焼き鳥」の完成です!

オーブントースターで焼いたせせりは身に弾力があり、あふれるほどの旨味があっておいしいです。間にはさんだにんにくは電子レンジで加熱してから焼いているので、やわらかくとろとろの食感で、せせりと一緒に食べると激ウマ!

せせりに脂があって食べ応えがあるので、口直しに時々キャベツをかじると本当に居酒屋気分が味わえます。自宅で「せせりのスタミナ焼き鳥」はおすすめです。ぜひ作ってみてください!

おいしさのポイントは焼き方にあ...
記事一覧
マヨネーズと鶏ひき肉でコクうま...
関連記事
筋肉料理人さんのこれまでの記事
この記事のキーワード
この記事を書いた人
筋肉料理人
筋肉料理人

佐賀県在住の料理研究家。「どこでも手に入る材料で作れるおいしい料理」をモットーに、ブログ・YouTube等で写真や動画を使ったわかりやすいレシピを公開中。著書に『筋肉料理人の男子ゴハンレシピ』『最高の晩酌つまみ』(ともに宝島社)などがある。趣味はニックネームの由来でもある筋トレの他、バイクや熱帯魚など多岐に渡る。

 

<ブログ>
魚料理と簡単レシピ

<Twitter>
筋肉料理人 藤吉和男(@kinniku)

<YouTube>
筋肉料理人の簡単レシピ、魚料理

 

※筋肉料理人さんへの取材・仕事依頼はこちら