あいりおーの“毎日作りたくなる”おうちパン
あいりおー
あいりおーの“毎日作りたくなる”おうちパン

新年は『ほっこり黒豆食パン』

あいりおーさんのフーディストノート公式連載です。主にホームベーカリーを使った、初心者でも簡単に作れるおうちパンをご紹介します。今回は「新年は『ほっこり黒豆食パン』」です。
2020/01/03
2020/01/03
view
香るハーブブレッド
記事一覧
サクサクがおいしい「バターフレ...

103レシピブログ.jpg

みなさま 明けましておめでとうございます*^^*

今年も「はじめてでも簡単♪あいりおーの毎日つくりたくなるおうちパン」をよろしくお願いします。

新年はやっぱりこれではないでしょうか?おせちのリメイク。

私もおせちを作ったのでこれが余っているんです。

1袋の黒豆を煮るとまぁまぁな量が出来ちゃうんですよね。

これをパンに入れると美味しいし、黒豆の消費になるのでおすすめです。

ワンローフという1斤型よりも少し長さが短い型を使って

背の高いボリュームあるパンに仕上げています。

それでは早速レシピをご紹介します。

材料 ワンローフ食パン型 内寸約184(174)X95(88)XH90mm

・強力粉・・230g
・砂糖・・・23g
・塩・・・4g
・インスタントドライイースト・・・4g
・スキムミルク・・・8g
・水・・・・156g
・無塩バター・・・28g
★黒豆・・・130g
★仕上げの有塩バター・・・適量

下準備
・黒豆はキッチンペーパーで汁気を切っておく
・無塩バターは常温に戻しておく
・オーブンは焼成開始15分前に210度に予熱を開始する。
※実温は200度で焼成

作り方
103レシピブログ4.jpg
①捏ね~1次発酵

無塩バター以外の・印の材料をホームベーカリーや捏ね機にセットしスイッチオン。

10分後無塩バターを投入してさらに10分ほど捏ねて

なめらかになるまで生地を捏ね上げる。

生地が捏ねあがったら丸め直してボウルに入れてシャワーキャップをかぶせて

30度設定のオーブンの発酵機能を使って生地が

2倍~2.5倍になるまで1次発酵します。

103レシピブログ5.jpg

②ベンチタイム~成形

1、1次発酵が終わった生地を一度ガス抜きし、表面を張らせるように気持ち四角気味に丸める。
  生地が乾かないようにビニールシートをかぶせて15分ほど生地を休ませる。

2、1をめん棒で24㎝×24㎝程度に伸ばす。

3、2に黒豆の2/3を散らし、手で黒豆を生地に埋め込むように軽く押さえてから左側を中心に向かって折る。

4、同様に右側から中心に向かって生地を折り軽く手で押さえる。

5、4をめん棒で幅15㎝程度に伸ばす。※型より左右1㎝ずつ短いくらいの長さ

6、5の上に残りの黒豆を散らす。

7、手前、または奥から巻いていき、綴じ目をつまんで閉じる。

8、型より少し短い幅くらいになればOK

103レシピブログ6.jpg

③2次発酵~仕上げ

オイルスプレー、またはショートニングを塗った型に生地を入れ、

35度に設定したオーブンの発酵機能を利用して

一回り大きくなるまで2次発酵します。

冬場は2次発酵に時間がかかるので焼成15分前に

オーブンの予熱を開始するといいと思います。

オーブン予熱中はできるだけ温かいところで続きを発酵させます。

焼成直前にナイフで真ん中にクープ(切込み)を入れ、
★印の仕上げ用の有塩バターを乗せ200度のオーブンで25分程度焼成する。

※ご家庭のオーブンに合わせて時間、温度は調整してくださいね。


103レシピブログ7.jpg

焼きあがったら型ごと軽く台に落とし、中の熱い空気を抜いて腰折れを防ぐ。

型から出してケーキクーラーの上で粗熱を取る。

カットするとこんな感じで黒豆がまんべんなく広がっています。

103レシピブログ3.jpg

このまま食べても十分美味しいですが、トーストしてバターを乗せて食べるととても美味しいです。

甘い黒豆とバターの塩気がとってもよく合います。

よかったらお正月の残りでお試しくださいね。






最後まで読んでくださってありがとうございます。
。” ゚☆,。・:*:・゚★o(´▽`*)/♪Thanks♪\(*´▽`)o゚★,。・:*:・☆゚”

よろしかったらブログにも遊びに来てくださいね。
Happy Delicious Bakery パン

Happy Delicious Bakery スイーツ

香るハーブブレッド
記事一覧
サクサクがおいしい「バターフレ...
あいりおーさんのこれまでの記事
この記事のキーワード
この記事を書いた人
あいりおー
あいりおー

福岡県在住。子どもたちの為に始めたキャラ弁作りをきっかけに2006年からブログを開始。その後、パンやお菓子も作れるお母さんになりたいという思いから全く縁のなかったパンやお菓子作りを開始。写真の美しさや世界観にも定評があり、今では企業へのレシピ提供やCM撮影用のパン制作など、多方面で活躍の幅を広げている。著書『あいりおーのお店みたいなパンレシピ』(宝島社)も好評発売中。

 

<ブログ>
Happy Delicious Bakery
Happy Delicious Bakery Sweets

 

<Instagram>
あいりおー(@airio830)

 

※あいりおーさんへの取材・仕事依頼はこちら