あいりおーの“毎日作りたくなる”おうちパン
あいりおー
あいりおーの“毎日作りたくなる”おうちパン

ほんのり甘い「はちみつミルクパン」

あいりおーさんのフーディストノート公式連載です。主にホームベーカリーを使った、初心者でも簡単に作れるおうちパンをご紹介します。今回は、ほんのり甘い「はちみつミルクパン」です。
2019/04/05
2021/10/08
view
ヘルシー&簡単!サクサクウィン...
記事一覧
香ばし焦がしマヨポテトパン

405レシピブログ.jpgみなさん こんにちは^^ あいりおーです。

ちょっと間があいてしまいましたが、とってもおいしいパンを作っていました(笑)

世間では春休みも終盤になり、お昼ごはんの準備など大変な時期ですよね。

そんな春休みギリギリにぜひ作っていただけたらと思います。

仕込み水の一部に牛乳を使い、砂糖ではなくはちみつを使ったパン。

はちみつと牛乳の効果で焼き色がきれいでほんのり甘いパンです。

そのまま食べてもとってもおいしいテーブルロールです。

朝食に、ランチに、おやつにといろいろなシーンで食べていただけたらと思います。

では早速レシピをご紹介します。

ほんのり甘い「はちみつミルクパン」レシピ

材料(丸パン6個分)

パン生地材料

強力粉…200g
・はちみつ…30g
・塩…3.6g
インスタントドライイースト…3g
・牛乳…75g
・水…62g
バター…20g

下準備

405レシピブログ7.jpg・はちみつと分量の水を合わせてレンジ600Wで20秒ほど加熱してはちみつを溶かしておきます。このあと牛乳も合わせておきます。この仕込み水が今時期の室温の低い時期なら少し温かいです

・28℃くらいにしておきます。北と南ではだいぶ違うのでここはご家庭の環境に合わせてくださいね。ちなみに我が家の4月の室温は21℃で、仕込み水28℃で20分機械ごねで、こね上げ温度が28℃でした。このこね上げ温度が低いと発酵も遅くなるので仕込み水の温度をコントロールするといつも一定の時間で同じようなパンができます

作り方

 

405レシピブログ2.jpg1. バター以外の・印の材料をホームベーカリーや捏ね機にセットしスイッチオン。

10分後バターを投入してさらに10分ほど捏ねて

なめらかになるまで生地を捏ね上げる。

生地が捏ねあがったら丸め直してボウルに入れてシャワーキャップをかぶせて

30℃設定のオーブンの発酵機能を使って生地が

2倍~2.5倍になるまで1次発酵します。

※国産粉をお使いの方は仕込み水をあらかじめ減らして様子を見ながら水を足して

生地の水分量を調整してくださいね。

405レシピブログ3.jpg

2. 次発酵が終わった生地を6等分にカットして、丸めなおす。

生地が乾かないように私は大きなビニールをふんわりかぶせて

生地を10分ほど休ませます。

405レシピブログ4.jpg

3. 2の生地を丸めなおしてオーブンシートにのせ35℃に設定したオーブンや発酵器で

一回り大きくなるまで2次発酵させます。

405レシピブログ5.jpg

4. 2次発酵が終わった生地に分量外の強力粉をふって

クープナイフでお好みのクープを入れる。

この時左手でパンを軽く押さえて、右手でクープを一気に引くと

ガタガタせずに引けますよ。

200℃のオーブンで11分ほど焼成する。

焼きあがったら型から出してケーキクーラーの上で粗熱を取る。

※ご家庭のオーブンに合わせて温度、時間は調整してくださいね。

405レシピブログ6.jpgパンとスープとサラダがあれば立派な1食に^^

はちみつなので甘すぎず、優しい味わいのパンです。とっても簡単なのでぜひお試しくださいね♪

最後まで読んでくださってありがとうございます。

ヘルシー&簡単!サクサクウィン...
記事一覧
香ばし焦がしマヨポテトパン
関連記事
あいりおーさんのこれまでの記事
この記事のキーワード
この記事を書いた人
あいりおー
あいりおー

福岡県在住。子どもたちの為に始めたキャラ弁作りをきっかけに2006年からブログを開始。その後、パンやお菓子も作れるお母さんになりたいという思いから全く縁のなかったパンやお菓子作りを開始。写真の美しさや世界観にも定評があり、今では企業へのレシピ提供やCM撮影用のパン制作など、多方面で活躍の幅を広げている。著書『あいりおーのお店みたいなパンレシピ』(宝島社)も好評発売中。

 

<ブログ>
Happy Delicious Bakery
Happy Delicious Bakery Sweets

 

<Instagram>
あいりおー(@airio830)

 

※あいりおーさんへの取材・仕事依頼はこちら