あいりおーの“毎日作りたくなる”おうちパン
あいりおー
あいりおーの“毎日作りたくなる”おうちパン

編み込み桜あんぱん

あいりおーさんのフーディストノート公式連載です。主にホームベーカリーを使った、初心者でも簡単に作れるおうちパンをご紹介します。今回は「編み込み桜あんぱん」です。
2018/04/20
2018/04/20
view
みんな大好き「ウインナーボート...
記事一覧
色鮮やかなブルーベリーブレッド

桜5.jpg

みなさん こんにちは あいりおーです。

桜も日本の半分以上の地域で終わってしまったけれど

まだ東北や北海道ではこれからなんじゃないでしょうか?

私の実家北海道はいつもGWのあたりなんでまだ間に合うよね?

4月はまだ桜ぎりぎりOKだよね?ってことでここでの連載が始まって3回目の春。

とにかく今日でたぶん112回目の連載になると思います^^

2018年、まだ桜系のパンを紹介していなかったので

慌てて桜のパンです(笑)

今回のパンはあみあみがとっても可愛い桜あんぱんです。

生地にアーモンドプードルも配合してちょっとリッチな感じにしています。

ふわふわのパン生地とピンクの桜あんがとっても美味しいのでぜひお試しくださいね。

それでは作り方をご紹介します。

材料  桜あんぱん6個分
パン生地材料
強力粉・・・180g
アーモンドプードル・・・20g
・砂糖・・・20g
・塩・・・3.6g
スキムミルク・・・10g
イースト・・・3g
・卵黄・・・18g(1個)
・水・・・105g
・無塩バター・・・20g

フィリング、トッピング
桜あん・・・40g×6個分
桜の花の塩づけ・・・12輪程度

作り方
桜 1.jpg

1、卵黄、水は一緒に合わせておく。

ター以外のパン生地の材料をホームベーカリーや

捏ね機にセットし、スイッチオン。
10分後、バターを投入。

さらに10分ほど生地が滑らかになるまで捏ね上げる。

捏ねあがったらボウルに入れてシャワーキャップをかぶせて

30度くらいのところで生地が2倍~2.5倍になるまで1次発酵します。

桜1-2.jpg

2、1次発酵が終わった生地を6分割して丸め直して15分ほど休ませる。

桜あんは40gを9㎝の長さにまとめておく。

2次発酵が終わる30分前くらいに桜の塩漬けを水につけて15分程度塩抜きをする。

塩抜きが終わったらキッチンペーパーで軽く水気を切る。

ここでしっかり水気を切ってしまうと焼成焦げてしまうので水気が残ってる方がいいです。

特に茎は水分がほぼ残っているくらいがちょうどいいです。



桜 2.jpg

3、成形
①14㎝×8㎝程度の楕円系に綿棒で伸ばし、ピザカッターで5本の切込みを入れる。

②桜あんを真ん中に置く

③左右交互に桜あんを包むようにクロスさせる。

④~⑤一番下までいったら最後の生地を少し引っ張り生地の後ろ側で止める

⑥包み終わりは桜あんが飛び出てOK。
 生地の発酵であんが隠れてしまうので飛び出てる方がよい。

桜3.jpg

3、2の成型した生地を35度に設定したオーブンや発酵器で

一回り大きくなるまで2次発酵させます。発酵終わりがわからない場合は

軽く指で生地を押してみて、軽く指のあとが残るくらいならOK

跳ね返ってくるようでは発酵が足りません。

この時生地が乾燥しないようにお湯を少し入れたトレーなどを

オーブンの天板の下に入れておくと湿度を保って発酵できますよ。

桜4.jpg

4、焼成
発酵が終了したら溶き卵と水を1:1で割った卵液を刷毛で薄く塗って

180度に余熱したオーブンで12分程度焼成します。

 ※ご家庭のオーブンに合わせて温度、時間は調整してくださいね。
 桜が焦げないようにいつもよりも低めで焼いています。

桜7.jpg

春らしいパンの出来上がり。

桜6.jpg

カットするとこんな感じでほわんほわんの生地に包まれた桜あんが顔を出します(笑)

パン生地だけでも十分美味しいのでよかったらぜひ♪

今週末はお天気に恵まれ手作りパンもっておでかけなんていかがでしょう?

私は地域の役員の総会があるのでどこにも行けませんが

これで1年のお仕事終了で心晴れ晴れです♪

みなさん良い週末をお過ごしください♪






最後まで読んでくださってありがとうございます。
。” ゚☆,。・:*:・゚★o(´▽`*)/♪Thanks♪\(*´▽`)o゚★,。・:*:・☆゚”

よろしかったらブログにも遊びに来てくださいね。
Happy Delicious Bakery パン

Happy Delicious Bakery スイーツ

みんな大好き「ウインナーボート...
記事一覧
色鮮やかなブルーベリーブレッド
あいりおーさんのこれまでの記事
この記事のキーワード
この記事を書いた人
あいりおー
あいりおー

福岡県在住。子どもたちの為に始めたキャラ弁作りをきっかけに2006年からブログを開始。その後、パンやお菓子も作れるお母さんになりたいという思いから全く縁のなかったパンやお菓子作りを開始。写真の美しさや世界観にも定評があり、今では企業へのレシピ提供やCM撮影用のパン制作など、多方面で活躍の幅を広げている。著書『あいりおーのお店みたいなパンレシピ』(宝島社)も好評発売中。

 

<ブログ>
Happy Delicious Bakery
Happy Delicious Bakery Sweets

 

<Instagram>
あいりおー(@airio830)

 

※あいりおーさんへの取材・仕事依頼はこちら